2016北海道バイクツーリング 20日目 根室地方西部から釧路地方

2016北海道バイクツーリングの記録
20日目 晴れ 
阿寒郡鶴居村 つるいキャンプ場 泊
 
もくじ
霧多布をツーリング
浜中町から標茶
コッタロ湿原へ
つるいキャンプ場へ
釧路市街地ツーリング
鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO温泉道東最強説
 


 

霧多布をツーリング

キャンパーはなぜ皆早起きなのか

朝、歯磨きするため起きた時には人がいたのだけど・・・二度寝して起きたらほとんど人が居なかったという・・・。まだ朝8時なんだけど、みんな早くないか・・・。特に隣の学生コンビなんて深夜まで起きてたにも関わらず6時には居なかったし。アレが若さなのか・・・。などと考えながら撤収。
 

ウニ工場へ

事前情報によると時化で入荷が少ないから無いかも。とのことだったが、ダメ元でウニ工場へ突撃。・・・市街地を抜けて厚岸方面へ走り到着。相変わらずどこが入り口かもわからん・・・外に歩いてた人に声を掛けると工場の人だった。
工場の人「無いかも・・・、ちょっと待ってて」と、在庫を確認してもらいに中へ・・・・
数分で戻って来た。
工場の人「今、一枚2500円のコレ(最高級品)しか無かった」@ウニモリモリの板を取り出す
・・・うーん、パス・・・寿司屋で5カン食った方がいいよなぁ・・・そもそもそんなに要らないし。ハーフで1300円くらいでいいんだけどなぁ・・・ソレは無理ってもんだろう。
ということで今年はウニ断念。
俺「また来年来ます。あざした」
 
 



浜中町から標茶

ウニは諦め次の野営地、鶴居村へ向かう。しかし間にある釧路市北部区間には東西方向の道路はほとんど無い。従って浜中から鶴居へ向かうルートは標茶経由か釧路経由の2択になる。
釧路経由は交通量多いし、昨日も通ったから標茶から向かうことにしよう。
 

茶内-道道807-813

霧多布市街地郊外のセイコーマートのT字を湿原方面へ進み茶内へ。茶内駅前を国道方面に左折、国道との交差点をそのまま直進して道道807を進む。道道807の右折直角コーナー看板を無視し直進。しばらく進んだ先を左折すると道道813号線に出る。ここは先日通った区間。今日は交通量が少ない。やっぱりココは、アップダウンもあってバイクツーリングにはイイ。
 

道道14-標茶

道道14との交差点に到着したら、ここを右折(先日は左折した)。ここから中茶安別までの区間、ツーリングマップルには「鳥獣保護区内を走る快走ルート」って書いてあるんだけど・・・別にフツー。よくある北海道の道路。昭文社さん、線を引く位置間違ってませんか? 俺的には右下の813号線の方が遥かに快走路なんだけど・・・うーむ、謎。価値観は人それぞれということなのだろうか・・・。
そのままひたすら道道14号線を進むと標茶に到着。標茶は予想以上にデカイ都市(道東の集落比で)だった。
 
 

コッタロ湿原へ

標茶からクチョロ原野

休憩しながら国道を見ると・・・やっぱりこのあたり(釧路-網走-知床の3点を結ぶ地域)の交通量は多い。このまま国道274で鶴居まで行くとつまらなそうだ・・・・ということで、道道243へ向かう。
道道の入り口は狭くて看板も無し。狭いと言っても、関東にある少し狭めの国道並。なぜか狭く感じるという・・・北海道慣れ恐るべし。
道道242号標茶-クチョロ原野区間のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    2
道路設計良さ  3
交通量少なさ  5
展望良さ    5
道が一部狭くなったり、路面が荒れてたりするけど、全体から滲み出る北海道の原野感がハンパナイ。営農してるのかアヤシイ放置気味の牧草地や湿原、原野、熊が出そうな狭い道路など、素の北海道感満載。この道路に限らず、道東は国道なんかを走るより道道を走った方が絶対にイイ。道東の国道はバイクで走っても危なくてツライだけだと思う。
 

コッタロ湿原展望台へ

クチョロ原野のあたりからコッタロ湿原に向かう入り口がある。ココは去年展望台をスルーしてダートに突入してしまったポイント。ただし、今年は展望台付近から先のダート区間は通行止め。
展望台駐車場には数台クルマが停まっていた。けっこうメジャーになったのかな? 去年は誰も居なかったのに・・・。
展望台入り口の施設は土砂流入のため利用禁止。裏手に回ってプチ登山。階段を上る・・・けっこうキツイ・・・2分ほど登った踊り場には、諦めて景色を見ているオッサンがいた。オッサンは「ここまで登れば十分だよ」とかツレに言っていた・・・オイオイ、まだ半分も登ってないし、誰がどう見ても十分なワケねーだろ・・・根性無さ過ぎだよオッサン・・・。などと考えながら更に登り展望台へ到着。景色が全然違ったのは言うまでもない。
眼下に広がる大湿原・・・うーむ、素晴らしい・・・おっ望遠鏡あるじゃん・・・て、1分100円かよ!ここは無料でしょ!!。ケチだなぁ・・・標茶町。別海(北方領土パネル展示場)や遠軽(瞰望岩)は無料なのに。
まぁ、肉眼でも素晴らしすぎる景色が拝めるから十分。
 
 

つるいキャンプ場へ

コッタロ湿原から鶴居市街地へ

展望台から降りると誰も居なかった。この先のダート区間がメチャ良いんだけど、通行止めでは仕方ない。来た道を戻り、入り口のT字を左折、少し進んだところにある「鶴居市街地→」の看板に従い右折。グーグルマップにはこの道路が極めて薄ーく書かれているけど、このあたりのメイン道路でしょコレ・・・とても走りやすいし、適度なコーナーがバイクにはいい感じ。
 

つるいキャンプ場

鶴居市街地直前でT字に突き当たる。ここを左に曲がりAコープ前に出る。そのまま直進して橋の手前を右折するとキャンプ場に到着・・・・アレ? 去年と雰囲気が違う・・・よく見ると看板の文言が変わっていた。
「超長期の放置テント設営は控えてください」みたいな表現だったのが、「超長期の放置テントは撤去します」に変わっている! 
俺が去年、小学生と話した議事録が村役場で議題に上がったのかどうかは定かではないが、場所取り放置難民テントは解消した模様。ナイス鶴居村。これでライダーチャリダーの利用が一層しやすくなったと思う。
でも、相変わらず利用者は多くて、便利な位置にはまんべんなくキャンパーがいる。一周して検討した結果、入り口付近の林、奥の林の2択になった。入り口付近は良いんだけど、トイレ遠いし、出入りが五月蠅そうだったのでパス。最も奥の池と林の間に設営。
 
 

釧路市街地ツーリング

鶴居村から釧路市街地へ

今回2度目の釧路エリア。こんどは駅前周辺に行ってみよう。てことで、道道53号を南へ。
鶴居-釧路間は、ほぼ国道規格で作られているから、とても走りやすい。おまけに市街地手前まで約20㎞、マトモな信号もなく道外ナンバーやバスもほとんど居ない・・・・・ということは、お察しの通りスーパースピードで流れている。何キロで流れているかはグーグルさんのルート検索機能を使うと「渋滞なしで17分 20.0㎞」となっているあたりからお察し・・・。
 

釧路外環道

市街地手前にある最初の信号を左折。少し進むと、釧路新道との立体交差へ。この道路、去年はこの付近で行き止まりだったけど、今年は違う。市街地東部まで外環道が開通。早速走ってみる・・・思った以上に景色がいい。でも交通量は多く流れが悪い。最も大きな問題は釧路東ICランプ部のロスが大きいこと。これでは住民には使いにくそう。通過交通に重点を置く方針のように感じた。
 

釧路和商市場

釧路東ICから橋南幹線通を進み旭橋東側の立体交差を右折し駅方面へ。まっすぐ進むと駅前を通り過ぎて和商市場北側に出る。ここを左折、市場南側から地下駐車場へ入る。ここはバイク専用区画があるため便利。今回も料金は徴収していなかった。しかし、無料にも関わらず地元車は路駐しまくっている、やっぱり釧路はクルマのガラが悪いなぁ。バイク駐車場の横の階段を登って徒歩で丹頂市場へ。中に入り一番奥の魚一へ向かうと・・・一人だけ座っている、随分空いているなーと思いきや、スープ終了。サムッ。
 

釧路市街地駅北側の道路は解りにくい

しょうがない、まつりや新橋店へ行こう・・・としたが、道に迷う。釧路は~条表記ではないから通りの名前を憶えないとダメ・・・なんだけど、全部景色同じだし・・・一見では無理。各通りの角度も微妙にズレてるから真っすぐ進めばどこかに出るというわけでもなく・・・。
・・・しばらく走り回る・・・迷いながらもまつりや新橋店に到着・・・・適当に注文。サバ5点盛りが良かった。しかし、春採店の方がネタがデカイような・・・気のせいか?
 

釧路は街の規模の割にコインランドリーが少ない

洗濯をするため、一番近い愛国地区にあるコインランドリーへ。ここは洗濯機単体無し。値段も高めだったのでパス。
美原地区にあるコインランドリーへ。全て使用中、洗濯機も400円と都市部の割に高め。
・・・走り回ってたらだんだん釧路の雰囲気が読めてきたかも。
俺の偏見による釧路市街地(釧路町を含む)の地域分類はこんな感じ。
公立大周辺は高級住宅地っぽく、物価高め。
駅南側は古い市街地で観光客が多め。
駅北側は昔からの住宅商業混在地で住民密着系店舗が多め。
新釧路川の西は工業地で物価安め。
釧路川の東は漁村ベースの市街地で物価安め。
こんな感じではないかと(間違ってたらスイマセン)。
 
従って、俺の求めるコインランドリーは新釧路川の西にあるに違いない。ということで、鳥取地区にあるコインランドリーへ向かう・・・釧路外環速いな・・・あっという間に到着。中に入ると洗濯機3台、一回300円也。予想的中。
ココのコインランドリーはソファが3つもあって待ちやすいし、駐車場広いし、乾燥機10分100円で安い。鶴居方面からも近くてスバラシイ。
 
 

鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO温泉道東最強説

鶴居-釧路間の道路は通勤バトル

洗濯終わったし鶴居に帰ろうかなー・・・マッタリと。ここからは道道53号をひたすら鶴居方面に走れば着くという超簡単なコース。展望台のあたりまで、釧路市街地方面は激混み・・・というより、激走・・・すごいスピードで連なりながらガンガンコーナーを曲がって来る地元車・・・ホント、釧路運転荒いなぁ・・・。
しかしこんなに上りが混むとは、何故だろうか? 振り向くと夜景がイイカンジ。でも平日夕方に夜景見に来ないよなぁ・・・よく解らないけど釧路では市街地から郊外に通勤するのがトレンドなのだろうか・・・・なお、マッタリ走れるハズもなく、流れに乗って走る・・・
 

ホテルTAITO

流れに乗って走行してたら20分程度で鶴居に到着(早っ)。
去年入れなかったTAITOへ。
入浴料500円。設備は綺麗、さすがホテル。100円ロッカー+籠。ロッカーはやや小さめ。
風呂は内湯1、露天1、壺1、サウナ1、水風呂1
さっそく入る
・・・・
・・・こここここコレはスゴイ!!
 
ヌルスベ系最強の座を更新。某旅行サイトに、「ここの湯は道東でもトップレベルだ」というアヤシイレビューがあって、ホントかよ? と疑っていた。しかし、正にトップレベル。露天の雰囲気もトップレベル。人の少なさもトップレベル。20分くらい貸し切り状態。
あり得ん・・・こんなにスバラシイ温泉にこんなに客が居ないなど、関東では絶対にありえない。もしここが箱根だったら、入浴料2000円くらい取っても客は来る。
マジでスバラシイ。この温泉に入るためだけに鶴居に行く価値がある。
またしても周回ルートが増えてしまったではないか・・・。
 
ホテルからキャンプ場に帰るというのは、とても違和感があるが、慣れた。慣れとは恐ろしいものだ。
 
20日目終了。
 
本日の旅費概算
 
メシ 2600円
ガソリン 500円
風呂 500円
洗濯 400円
 
合計 約4000円
累計 92000円くらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA