東北&北海道バイクツーリング2018 5日目 山形宮城岩手県境付近

2018年、関東から青森経由、北海道までバイクツーリングした記録。

5日目 雨のち曇り

走行ルート
最上町~鳴子温泉~栗駒~金成~花泉~中田~南三陸町~佐沼~若柳~花泉

岩手県一関市 花泉運動公園キャンプ場 泊

もくじ

  • 鳴子温泉は良いけど・・・
  • 宮城県はバイクツーリング向きじゃなかった
  • 県境付近の交通量は少ない
  • 花泉運動公園キャンプ場 狭め
  • とりあえず南三陸町へ
  • 鮨勘佐沼店 旨い
  • 兵粮山キャンプ場&ヴィーナスの湯へ
  • キャンプ場に帰還

narukoonsen-station足湯から漂う、泉質激高の予感

台風が来てしまった。日本海側は雨&強風の予報。テント泊は無理。鳥海山方面行きは中止。太平洋側の岩手県へ向かう。

鳴子温泉は良いけど・・・

朝、小雨降る中、おらだの川公園を撤収。国道47を東へ・・・交通量が多い。トラック街道の雰囲気が漂う。

小雨の中、キツイ・・・温泉が連続していてモロ観光地なのも×。休日はツーリング不可能なほど混みそうな感じがする。今日はトラックと俺しか居ないが・・・雨の日にバイクで走るところじゃねぇなコレ・・・

鳴子温泉駅で休憩。国道を駅方面へ右折。駅前には有料駐車場あり。管理のオッチャンに聞くと、バイクはその辺に停めてオッケーとのこと。

駅舎にある足湯へ・・・この足湯はイイ、温泉感が高い。鳴子温泉は泉質良さげな雰囲気がメッチャ漂っている・・・肩まで浸かりたいところだが、ここで入浴してしまったら、ダルくなって岩手まで行けなくなってしまう。上の駐車場の方にも別の足湯があるみたいだが・・・パス。来年以降にまた来よう。

バイクじゃなくて鉄道で・・・

宮城県はバイクツーリング向きじゃなかった

川渡温泉あたりから、国道47を外れて県道253へ・・・更に国道457へ進む。

・・・実にビミョー、天候のせいもあるだろうけど、道路規格が古くさい。制限もキツめ。のくせにガン無視した地元民が超ぶっとばしてて、すさまじく走りにくい。

宮城はバイクツーリングには向いてないようだ・・・県内で面白そうなのは、この辺(栗駒山麓周辺)だけだろうし。蔵王とか寒くて混んでる予感しかしない・・・

宮城はダメだろーなー・・・とは思ってたけど、栗駒山麓までがここまで酷いとは思わなかった。

まるで秩父の主要県道を走ってるような感じ・・・というのは言い過ぎだけど、それに近い感覚。まぁ仙台は国内屈指の大都市だから・・・石巻と大崎入れたら仙台圏200万人くらい住んでるし、半径100kmくらいは混んでるよな。

宮城県内は全域ダメな気がする(=公共交通機関で行くところ)

県境付近の交通量は少ない

栗駒のウジエで休憩。初めてkyashリアルカードを使えなかった。REXカードは通ったので、ウジエがVISAプリペイド非対応ということだろうか?

少し休憩しようかと思ったけど、なぜかエアコンが効き過ぎてて休憩不可能。どしゃ降りのなか出発。県道181を走り国道4へ。国道の交通量は超少ない。体感では、栃木や埼玉区間の20分の1くらいか。

少し走って、県道48を右折。岩手に入る。突然、道が良くなった・・・交通量も激減。ナンダコレ・・・さっきの宮城区間との違いが露骨すぎる。

やっぱり東日本で交通量が多いのは仙台圏までなんだろうか。

宮城と福島(会津を除く)はバイクツーリングしなくて良い気が。延々トラック街道を走ってもつまらないし。

・・・などと考えながら走る・・・看板通りに進むと花泉運動公園に到着。

花泉運動公園キャンプ場 狭め

管理棟にある受付へ。住所氏名書くだけで、あっさり申請完了。入り口の鍵を受け取り、説明された場所へ向かう。

林道入り口のようなとこ(案内板無し)を入り、ダートを100mほど進んでヘアピンぎみに上がる(ここにゲート、てか鎖)、更に超勾配の坂を登ったとこにキャンプ場発見。

綺麗に整備されてるけど、トイレはボットン。乗り入れ可能だがメインの最上段はかなり狭く、ファミキャン系巨大テントだと5張りでガチ限界。てか、クルマが出られなくなる。オートキャンプスタイルは厳しい(揉めるリスク激高という意味で)。

このサイトの障壁はやはり、入り口の坂だ。これを登れるか否かで使い勝手が大きく変わる。坂は、古い漁村や温泉街にあるようなヤツ。超狭い上に緩和曲線なんてガン無視して作られてるから、最近の低床ロングホイールベースのクルマはもれなく無理だろう。実際、登ったところにスタックした跡があり、掘れてるから余計無理。デカイFRだとデフが当たって亀になる危険性もある。

・・・といった感じで、入れるクルマは限られる。けど、雪国仕様+テク所有者なら全く問題ないレベル。つまり地元車なら全部入れる。ド田舎基準で言えばぶっちゃけ、たいしたことない。特に降雪地域では、これを超えられないようなクルマは論外。

バイクの場合は登り切ったところで、油断からの立ちゴケだけ注意すれば余裕。

市街地も近く、スーパーまで数分と好立地なこと、ボットンを考えると、ファミキャンよりグルキャン向きか。申請必須なので輩が出る確率は低い・・・のかは不明。

適当に設営・・・アチーから、どっか適当に行くことにしよう・・・

とりあえず南三陸町へ

国道342を南へ・・・つまらんなーこの道路・・・

工事中のためなのか、三陸道のインターが解りづらい。看板に騙され、登米ICから乗る・・・道の駅三滝堂に寄ってみた、けどフツー、てかココから乗れるし。あの「三陸方面行けません」みたいな看板なんなんだよ・・・

あと、トイレ横の、米スーツみたいなの謎すぎて怖いんスけど・・・。

志津川インターで降りて給油後、市街地?へ・・・

南三陸町は猛烈な盛り土工事をしており、町全体が工事現場と化してる。もはやどこに町があったのか解らない・・・うーん・・・景観とか超無視してるけど、いいのかコレで・・・

さんさん商店街に入ってみた・・・ものの、モロ観光地。超高い。まぁせっかく来たし、腹へったから勝手丼的なヤツを食べてみよう。2品+ライス味噌汁セットで900円+税。

うーん・・・鮮度フツー。まぁ高くはない、けど安くはない。カニあら汁っぽい味噌汁は旨かったけど、これで972円なら、割とどこででも食えるんじゃないかな・・・先日、酒田で食った、づけ丼セットの650円は素晴らしかった。

観光客向けじゃなくて、地元民向けの食堂に行きたいんだけどな・・・コレが地元民向けとは、到底思えない。

鮨勘佐沼店 旨い

風呂に入りたい・・・登米方面へ。ついでに風呂の前にあるらしいと噂の野営ポイント「兵粮山キャンプ場」、更に地場回転寿司もチェック。

まずは回転寿司へ・・・国道45、国道342、県道36と進む・・・交通量はそれなり。流れは良いほう。

しかし、復興関連ダンプが異常に多く、ツーリングルートとしてはビミョーだ。まぁ移動ならオッケー。三陸海岸は復興が終わるまで、バイクツーリングでは行かなくて良いかも。

迫市街地に到着。イオン近くのパチンコ屋敷地内というすごいロケーションに寿司屋はあった。時間帯がズレているためか、客は少ない。

適当に注文・・・いい・・・この店は良いぞ・・・まず、値段が適正。230円中心の割にはネタが良い。軍艦以外は職人握りなのも◎。軍艦の海苔がパリパリなのも◎。

この店、良いもん使ってるよ・・・気仙沼と石巻の中間という立地が良いのかもしれない。

てか先日の函太郎、マジで何だったんだ? 今回行った店で全く旨くなかったの、未だにあそこだけだ・・・

兵粮山キャンプ場&ヴィーナスの湯へ

県道1を少し走り長沼のあたりで右折。半島のような先端に温泉発見。入り口は駐車場からやや遠い。駐車場からは一面ハスに埋め尽くされた沼がドーンと見える。

・・・駐車場下の斜面にテント発見(チャリダー?)。水道らしきものと木製デッキも見えるから、ココが野営ポイントのようだ。しかし、利用方法などの掲示は一切なし。駐車場からも遠いし、なぜあそこでキャンプなのか。存在自体が謎。デフォで全てが黙認されるチャリならアリかも。

そもそも、斜面の傾斜がキツく、ファミキャン系のデカいテントは物理的に不可能と思われる・・・が彼らの考えは良くわからないので、これでもやるのかもしれない。無料(たぶん)だし。

・・・などと考えながら風呂へ。入浴料は500円。施設は古め。シャンプーソープあり。鍵はフロント支給タイプ。浴室も狭め。12人くらいが限界だろう。だけど、10人くらいいた。けっこう混んでる。湯はにごり系で良好。入りすぎるとダルくなる予感。

もし露天風呂があったら、超高得点をたたき出す可能性を秘めた施設、とても惜しい。ただ、民家多く、場所的に厳しいか・・・

キャンプ場に帰還

田んぼ道を駆使すれば花泉まで戻れそうだけど、土地勘無く案内看板がサッパリわからない(合併しすぎ)。とりあえず国道398へ出る・・・適当に進み・・・若柳?の市街地で右折。

県道186に出た。左折して、ちょっと進んだところを右折。この道路、地図上の表記では激細いけど、とても走りやすい。国道並。岩手は道路が良い。

しばらく走って左折するとキャンプ場に到着。誰も居ない・・・まぁ予想してたけど、何でこのロケーションで誰も居ないんだろうな・・・ホント、キャンプ場って、どこいっても平日はガラガラだ(特に市街地の公園タイプ)。

そのくせ、休日だけ激混みなんだよな(特に市街地の公園タイプ)。しかも、騒ぐ輩が出没しやすい(特に市街地の公園タイプ)。

だからぶっちゃけ、土曜だけホテルに泊まりたい。けど、土曜は部屋が取れない(行先決めてないから事前予約不可能)上に混んでて微妙、そのくせ超割高。てことで無理。

したら、混んでるキャンプ場のはじっこでテキトーに寝れば良くね? どうせ寝るだけなんだから・・・的な理論になっちゃう。

コレ(土曜日の宿泊)がバイクツーリング一番の問題だよな・・・などと考えながら寝た

メシ 4000円
ガソリン 500円
風呂 500円

合計 5000円

総合計 20500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA