東北&北海道バイクツーリング2018 6日目 気仙沼と陸前高田

2018年、関東から青森経由、北海道までバイクツーリングした記録。

6日目土曜日 曇り

走行ルート
花泉~本吉~気仙沼~陸前高田~広田半島~笹ノ田峠~室根~千厩~川崎~花泉

岩手県一関市 花泉運動公園キャンプ場 2泊目

もくじ

  • 国道45がオススメの理由がサッパリ解らん
  • 気仙沼 地図が全く役に立たず
  • かもめ食堂とても旨い
  • 陸前高田の防潮堤ヤバイ
  • 広田半島先端にある黒崎仙峡温泉へ
  • 陸前高田 バイクツーリング向き
  • 飛が森キャンプ場 ビミョー
  • 刈生沢の滝清流公園のが良い
  • キャンプ場にプチ輩登場

rikuzentakata防潮堤がこんなにデカいとは・・・

土曜日はあまり移動したくないので連泊申請。要受付で市街地近いから、輩は出ないだろうと判断したが・・・

国道45がオススメの理由がサッパリ解らん

一関から気仙沼は、国道284がセオリーみたいだけど、あえて外し、本吉経由から行ってみた。今日、土曜だから・・・

金流川と並行する農道を通り東磐井広域農道へ・・・交差点部の橋は、なぜか立体交差。広域農道をバシバシ進む・・・超走りやすい。

国道456との交点は、なぜかインターチェンジ風味・・・金を使うところ、おかしくない?・・・この、農道への全力投球スタイル、宮崎県に似てる。けど、未だに宮崎に勝てる県を見たことが無い。なんせ、宮崎の農道には登坂車線が付いてるから。

少し進んで右折。農道を進む・・・県道295へ出たら更に右折。県道を進み・・・国道346に出たら左折。

国道346は走りやすい・・・が、やや交通量あり。土曜だからだろう。

海沿い(の国道)に出た。国道45を左折・・・激混み。気仙沼まで延々混雑してる・・・快適ツーリングとは言い難い・・・で、コレが、何でおススメルートになっているのだ?

どうもツーリングマップル東北担当と俺は価値観が合わない。(中国)四国版なんて弟子入りしたいくらいだったけどな・・・この国道45を「おススメツーリングルート」にするのは、ちょっとどころか、あり得ない

ここがおススメなら、国道134の江ノ島ー逗子や、国道5の余市ー小樽なんて、超おススメなんだろうと思う。

俺なら100%絶対に回避推奨だが。

気仙沼 地図が全く役に立たず

途中から気仙沼市街地方面へ右折。かなり高いところに津波到達看板がある、ヤベーよ津波・・・

市街地は徐々に復興しているものの、盛り土やら付け替え工事やらで全く地図(ナビも)が役に立たない。土地勘も無いため看板もアテにならない。

フィーリングで進むと巨大橋脚と巨大な防潮堤が並ぶ、ふ頭に出た。

凄まじいまでのゼネコンパワー。正にコンクリートへ全力投球。三陸道は気仙沼港入り口の遥か上空を通過するようだ。しかし、これで景観とかオッケーなんだろうか。

ガチで景観もクソも無いコンクリートだらけの街が完成しそう。ソレ、なんかイヤだなー・・・というのが正直な感想。



かもめ食堂とても旨い

魚市場横にオサレな複合施設があったので入ってみたら・・・ザ☆観光地・・・こういう「ジス・イズ・ザ・観光地」みたいなの作って、どーすんのかね?

これに比べたら、南三陸町の市場の方がかなりイイと思う。入ってる店が、どう見ても地元民なんて行かなそうだし、こんなのすぐ飽きられて観光客が来なくなると思うんだけど・・・。

うーむ・・・この、食堂から漂いまくるイヤな予感・・・脱出。適当に走る・・・港の海沿いにある、かもめ食堂に行ってみた。駐車場が狭くて好感度大。経験上、駐車場がデカイ店ほどまずいから。

この店、以前ラ博で食ったことがある。現地行ったら地味に旨いんだろーな・・・と。てことで、来てみた。

潮ワンタンメン注文、900円。10分くらいできた。細ウェーブ麺にダシガッツリ塩。マグロカマ+牛テールっぽい味がした。

とても旨い。うますぎてもう一杯食おうかと思ったくらいだ。ワンタンは海鮮よりキノコ系が強く、フツー。無くても良かった。

ただし、塩ブースト系のため、ラーメンジャンキーではないフツーの人にはキツイかも(しょっぱすぎる)。肉労の後にベストマッチ系。

ラーメン食って満足したけど・・・どうも気仙沼は仙台住民用観光地の香りが強いね・・・

陸前高田の防潮堤ヤバイ

県境を超え岩手の陸前高田へ向かう。トンネルを抜けた先の分岐を超えたら、交通量が一気に少なくなった。やはり仙台の人が来るのは気仙沼までらしい。

少し進むと陸前高田が見えてきた・・・盛り土と防潮堤がすげぇ。城塞みたいになってる。遠くに一本松(の複製?)が見えた。あの位置で良く残ったなぁ・・・

綺麗サッパリ流されてしまった、何にもない元陸前高田市街地を東へ。広田半島に進む・・・地図が全く役にたたない・・・フィーリングで進む・・・登れそうな巨大防潮堤があった。とりあえず登ってみる。

これは・・・防潮堤というよりダム。これより小さいダムは普通にある。この内側を同じ高さまで、かさ上げするのだろうか?

そうなら良いけど、陸側のレベルがこのままだと、圧迫感がありすぎておかしくなりそうなんだが・・・大丈夫なのか? ちょっと心配してしまう。

ツーリングマップルによると、仁田山西側がおススメルートになってた。行ってみたけど・・・ただの集落内の道路。チャリと徒歩にはおススメかもしれんけど、こんなのバイクで行ったらただの迷惑だろ・・・本当によくわからんなぁ、東北版は・・・

広田半島先端にある黒崎仙峡温泉へ

看板に従い進む・・・巨大バイパスが建設中のため地図は全く役に立たず。適当に進むと発見。

岬の先端は漁港になっていて、その上に温泉施設がある。駐車場は狭い。料金は500円。シャンプーソープあるけどロッカーなし。貴重品入れのみ。景色は良いけど内湯のみ。温泉感は薄い。窓枠のピッチが900なのがイタイ。1800ピッチならよかったけど、建築費が跳ね上がるから無理か。

休憩室には水もあり設備的には良い。けど、場所を考えると、ここまで何回も来るかな・・・露天風呂、いやせめてテラスがあったら違うんだろうけど。

陸前高田 バイクツーリング向き

陸前高田市街地方面へ戻る・・・国道340から343へ行きたい・・・のだが、もう完全に地図と違う。フィーリングで進むしかない。

新市街地に出た。・・・割とありがちなダム移転集落のような雰囲気・・・うーん、マジであれでいいのだろうか?

住民が選んだんだから良いんだろうけど・・・どういうポジション狙ってるのだろうか。あれでは南三陸には観光では勝てなそう。かといって漁港規模では気仙沼には絶対勝てない。

三陸自動車道が全開通したら観光客の大半は気仙沼から陸前高田を飛ばして大船渡へ行ってしまう気がする。

かなり心配。一本松ブランドを死守する気持ち、分かったような気がした。ただし、交通量が少ないためツーリングルートとしては、このあたりで最も良かった。

街を後にして西へ向かう・・・

国道343陸前高田から笹ノ田峠のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    4
道路設計良さ  3
交通量少なさ  4
展望良さ    4

かなり良いツーリングルート。途中にループ橋がある。道路設計が一部イマイチなとこだけ残念。気仙沼に用事が無ければこちらを通った方が間違いなく楽しい。

陸前高田は、けっこうバイクツーリング向きなので、防潮堤の上にキャンプ場を作って、チャリとバイクツーリングを呼び込むというのは、どうだろうかと思う →陸前高田の人(こんなとこ見て無いと思うが)

飛が森キャンプ場 ビミョー

陸前高田と一関の間の山中に、無料キャンプ場があるようだ。見に行ってみよう。

案内板とGPSを駆使し、高原を走る・・・けっこう景色はイイ。けど道路がイマイチ。砂っぽいし狭く、見通しが悪い。対向車が来そうで怖い。

しばらく走ると右手に発見。

うーむむむむむ、これは・・・・・・厳しい。まず、けっこう奥地感あり。トイレと水場が別段の別方向にあり、レイアウトはビミョー。サイトも荒れぎみ。市街地から遠くも近くもなく中途半端。

他に無けりゃ使うかもしれないけど、この辺いっぱいあるから・・・使わないだろうな・・・。

刈生沢の滝清流公園のが良い

帰り際に刈生沢キャンプ場を見に行ってみよう。

山を降りて、国道284を進む・・・交通量が多い。だから何でおススメ(抜け道)扱いなんだよ・・・こんな道、できれば通りたくないんだけど・・・もうツーリングマップル見るの辞めようかな。

道の駅川崎で休憩。まぁココはフツー。可もなく不可もなくという感じ。

県道239の北上川方面からキャンプ場へアプローチ・・・この道路、おススメになってるけど・・・狭いダートじゃねぇか・・・どういう基準なのコレ? ちょっと東北版酷いぞ・・・東北版は買わなくていい。今、確信。買って損した。

邪魔なので捨てようかと本気で考える・・・北東北は使えるかもしれない、一時保留で。

ダートを走ると・・・公園入り口到着。ここから一関側は舗装路。

肝心のキャンプ場は、駐車場に隣接した広場がテントサイトだとすれば、まぁまぁ使えそう。しかし、人里から離れまくりなため、輩の出没指数は高いかも。熊は・・・どうでもいい。大事なのは輩が出るかどうかだ。

山なんだから熊が出るのは当たり前。俺的には熊が~とか言ってるヤツは意味不明。ならキャンプなんてしなきゃ良くね? 的な。

まぁでも、さっきの運動公園があるのにココに来るかな? 3人くらいいれば、バンガロー目当てはアリかと思うけど、ソロでここはやや危険な香りがする(ソーシャル的に)。

キャンプ場にプチ輩登場

スーパーで買い物してからキャンプ場に戻ると・・・クルマがいた。うろついてる人に話したら・・・初めてキャンプに来た、この車は俺のじゃない。と津軽弁(たぶん)で言われる。けっこう人数が増えたらしく、乗り入れないでほしいと受付で言われたらしい。

ヤナ予感するなー・・・まぁ輩が出るなら中段テーブル付近かトイレ下だろう(俺ともう一組が上段に張ってる)から、遠いけど下段奥を勧めといた。

夜・・・案の定、輩風味な集団が登場。下品なチューンが施されたワゴン車で。いや、俺も過去あり得ないくらい改造しまくってたけどさ、アレ系は恥ずかしくて乗れない。思想が全く違う

予想通り中段~トイレ前あたりで騒いでた・・・段が違うため比較的騒音はマイルド。土曜だし、まぁ若いヤツみたいだからしゃーない、この程度は想定内。ライブしなきゃオッケー。

・・・ここは結構イイ・・・段差と動線のせいで自動的に距離が保てるのが◎。オフ系バイクなら下段も良いかもしれない。

メシ 2000円
ガソリン 500円
風呂 500円

合計 3000円

総合計 23500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA