初北海道バイクキャンプツーリング 14日目 釧路

群馬から北海道へバイクキャンプツーリングへ行った記録

14日目 晴れ

浜中~鶴居

鶴居村つるいキャンプ場 泊

もくじ

  • ウニ加工場へ
  • 北太平洋シーサイドライン浜中厚岸区間を走行
  • 厚岸の回転寿司かざぐるまフツー
  • 北太平洋シーサイドライン厚岸釧路区間を走行
  • キトウシ野営場はガチ系
  • 釧路湿原道路はイマイチ
  • 釧路湿原に有料展望台って要る?
  • 鶴居村キャンプ場 激混み
  • ラーメン夏堀旨い
  • 回転寿司 なごやか亭(釧路系)けっこうイイ
  • 鶴居グリーンパークの温泉イイ

kitoushi

ウニ加工場へ

朝、管理人さんに教えてもらったウニ加工場へ・・・

見た目、完全に工場。入り口がよく解らん。ウロウロしてたら洗車しているおっちゃんが教えてくれた。中の人も呼んでくれる。

しばらくすると・・・魚河岸のアラフォー職人みたな人がきた。すんごいいい人で、丁寧に対応してくれる。

魚河岸風「今日休みなんで、礼文産のムラサキしかないんだけど、いい?」
俺「それください」(即答)
魚河岸「1枚800円です」

マジか。1000円切っとるがな。
俺「また必ず来ます」
魚河岸「是非どうぞ!」

うーむ。実に爽快な対応だ。バイク用に輪ゴムで止めてくれたし、休みなのになんて親切なんだ。すごいところだ浜中町。

セイコーマートで適当な弁当を購入。その辺にある海岸の防潮堤へ・・・米にウニを乗っけて食べる・・・うめぇーー!なんじゃこりゃ!!

濃厚なうまみと潮加減とろける触感。臭みなど微塵も無い。バイクじゃなかったらあと10枚は買って帰るだろう。そのくらいウマかった。必ずここへはまた来よう・・・と誓い、浜中町を後にするのであった。

北太平洋シーサイドライン浜中厚岸区間を走行

太平洋シーサイドライン霧多布岬~厚岸付近のツーリングルートとしてのオレ的評価は以下のとおり
道幅広さ    4
道路設計良さ  5
交通量少なさ  5S
展望良さ    5
相変わらずの北海道クオリティ。海からやや遠いため林間区間が多いけど、素晴らしいツーリングルート。

厚岸の回転寿司かざぐるまフツー

厚岸に到着。メシ目当てに道の駅へ。行ったけど定休日。仕方がないので適当に国道を走り、沿線にあった回転寿司に入ってみた。

かざぐるまという店。100円系で一段安い設定。が、ネタは普通。サンマもあったけど、普通。ぶっちゃけ東京のグルメ系回転寿司店のが旨い。元祖寿司よりはやや良いけど、活の方がネタは良い。値段が安いから庶民派でやっているのだと思う。関東人が北海道まで来てわざわざ来るほどではない。至ってフツー、悪くはない。そんな感じ。



北太平洋シーサイドライン厚岸釧路区間を走行

釧路方面へ走行・・・尾幌のセブンイレブン前から昆布森方面へ左折。道道142へ。

北太平洋シーサイドライン尾幌~釧路町昆布森付近のツーリングルートとしてのオレ的評価は以下のとおり
道幅広さ    4
道路設計良さ  4
交通量少なさ  5S
展望良さ    5
ここも良いツーリングルート。ややコーナーが多い。コーナリング系バイクは楽しめる。俺は荷物満載の250㏄なのでそれなり。中~大型バイクは楽しいかもしれない。ただし動物に注意。

キトウシ野営場はガチ系

途中にあるキトウシ野営場に寄ってみた。道道から左折。ダートを2分ほど走る・・・海辺の断崖に出た。

この断崖上がキャンプ場らしい。設備はトイレ、炊事場、東屋とそろっていて充実。だが、水が出ない。これは厳しい。あと誰もいない。ちょっと熊が心配。そして風が超強そう。大雨になると危ない気配もする。総合的な理由によりテントを張るのはやめた。

釧路湿原道路はイマイチ

キトウシキャンプ場の取り付け道路から道道へ戻る。釧路方面にすぐにある軽い峠区間を下ると、すぐ集落があった。案外近い。これなら熊の心配は無いのかもしれない。

釧路市街地を避け、北部の釧路湿原道路へ向かってみる。昆布森集落から国道44方面へ右折。すぐに国道に出る。左折。

しばらく釧路方面へ走り・・・オビラスケ方面へ右折。このあたりバイパス工事をしている。ここから市街地逆側に抜けられれば超便利だが・・・いつできるのかは不明。

しばらく走り・・・遠矢駅付近に到着。国道391交差点にあるセイコマで休憩。北海道メロンソフトを購入。200円。ウマい。これでは赤城乳業やオハヨー乳業に勝ち目は無い、ロッテなどはどうでもイイ。これに勝てるのはハーゲンダッツだけではないだろうか。

セイコマの信号を西へ進み釧路湿原道路へ突入・・・釧路湿原の中を埋め立て、直線に貫いている環境破壊度MAXのすごい道路。

地図上では快適な道路っぽい・・・のだが、実態は違った。ダンプだらけだ・・・なぜか? なんと最深部に産業廃棄物処分場があるから。そして道路から見る釧路は明らかに工業都市だ・・・すごいぞ釧路。イメージと全く違う。環境破壊しまくり。大自然感一切無し。

でも・・・湿原に浮かぶ工業地帯がファンタジーっぽく幻想的。若干FFっぽいな・・・てか、FF7は釧路湿原からインスパイアしたんじゃないかな・・・

釧路湿原に有料展望台って要る?

釧路湿原道路を抜け、道道53を右折。ちょっと進んでから鶴居方面へ右折。

右手に釧路湿原展望台がある、寄ってみたけど有料なので即スルー。イマドキ展望台で金取るのはいいかげんやめてほしいよな・・・ドローンや航空写真がネットで見れる時代なんだから。若い奴は金払ってまで入らないと思うよ。良さげなポイント検索して探しに行けば良いだけだし・・・

などと考えながら鶴居へ・・・鶴居から釧路の道道53はよく整備されている。国道並の規格。でも、交通量も国道並み。ビミョー。

鶴居村キャンプ場 激混み

鶴居村に到着。川沿いにあるキャンプ場へ・・・ものすごい混んでいる。

今まで立ち寄ったあらゆるキャンプ場の中でダントツ利用者が多い。テントを張るところが無いくらいだ・・・探す・・・一番奥の池周辺に小型ならなんとか張れる。か?

まだ、時間はある。もう一つの山間部にあるオートキャンプ場へ行ってみよう・・・数分で到着。

しかし、8月31日で営業終了。水が止まっているため利用者0。しかたなく市街地に戻る。

もう一度、よーく見たら・・・鶴居キャンプ場の混んでる理由が発覚。明らかに住んでいる人が居る・・・超長期テントは禁止みたいな張り紙もある。難民キャンプのようになっている一角もあった。

やっぱり良さそうな場所は全部埋まってる。一番奥の池周辺に設営。ここは出入りも少なく静かで結構良いかもしれない。ただし、隣の施設からの音楽がダダ漏れ。まぁ、そこまで音量は大きくない。

ラーメン夏堀旨い

寝床確保後、メシ食いに釧路市街地へ。鶴居から市街地まで30km。45分程度かかる。北海道的には遠くない。

釧路市街地に到着。駅北側にあるラーメン屋、夏堀へ。夜の部開店直後に到着。チャーシューメン注文。950円。

食う・・・ガッツリ醤油で極細麺。分厚いチャーシュー。群馬にあるととやの上位互換ぽい味でうまい。醤油の味がイイ。こいつはレベル高いぞ・・・これが都内にあったら並ぶだろう。釧路のラーメンはウマい店が多そうだ。もう一泊することに決定。

回転寿司 なごやか亭(釧路系)けっこうイイ

ラーメンの後は回転寿司。ということで、なごやか亭へ。釧路には多いようだ。豊富な3貫盛りが特徴。適当に注文・・・いくらの量が多く素晴らしい(他より数十円高いが)サンマもトリトンの次に良かった(霧多布の寿司屋>トリトン遠軽>ここ)。ホタテはイマイチ(花いちもんめ>羽幌丼>トリトン>ホタテバーガー>花まる>ここ)。

この店はけっこう良いと思う。てか、北海道の回転寿司はレベル高すぎ。東京の活(美登利)より遥かにうまくて安くてネタがデカイ。

鶴居グリーンパークの温泉イイ

気温が下がる前に鶴居に戻る・・・温泉へ入りたい。隣接する鶴居グリーンパークへ。日帰り520円。ここはホテル。そのためか脱衣所にロッカーなし。フロント前の返却式コインロッカーに入れるタイプ。

浴室は規模の割に洗い場が少ない。でも利用客も少ないため問題なし。湯はややヌルスベ系で良い。露天風呂の雰囲気も良い。ロビーのソファーも使えるので520円以上の価値あり。

セイコーマートで買い物してからキャンプ場に帰還。寝た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA