エンジン草刈機のキャブをOHしたが・・・ もはやヤル意味なんか無ぇーよなー、と

ド田舎のこの時期に定期的に開催されるイベント、草刈り。

裏庭(というか近所、厳密な境界などわからぬ)を刈りまくろうと思い、エンジン草刈機を倉庫から出したのだが・・・

エンジンかからん。てかガソリン入れたら漏れとる・・・

てことで治してみた。けど、もはや家庭ユースだと電動のヤツ買ったほうが早えーなと実感。

もくじ

  • わざとぶっ壊れる疑惑しかない昭和設計の機械
  • 草刈り機ごと買っちゃった方が良くね論が出る
  • ワルボロ WYL用 謎消耗品キットを入手
  • 分解して原因調査
  • キャブ内部の燃料フィルター詰まりまくり

 

Walbro-WYL-cab謎の中華キャブOHキット+エアクリ10個セット

わざとぶっ壊れる疑惑しかない昭和設計の機械

草刈り機の何が弱いって、やっぱりプライマリポンプ(キャブに付いてる半球状のヤツ)だろう。

これプライマリーポンプ(amazon)

材質は割と薄い耐油ゴムだかビニールだし、基本外でぶん回して使うアイテムなので・・・経年劣化で破れるのは不可避。

ぶっちゃけ、何でこの構造を採用してるのか良く分からん。まーたぶん「わざと」だと俺は感じてる。

前世紀の機械はそういう思想で作られてるのだ。メカが定期的(割と短期)にぶっ壊れるのは常識であり、

一番速い消耗品が壊れるタイミング=定期メンテ時期

だろ! みたいな思想で昭和時代は動いていたのだ。

まー要するに、保守メンテナンスビジネスである。

んで、このテの仕組みを採用してるメカは例外なく、やたらと細かい部品が壊れる(そして修理費のほぼ全てが工賃になる)。

クルマで言えば、プラグやVベルトやガスケットがこれに当たる(なお既に過去の話、過去記事参照)。

本件のプライマリポンプ。こんなもん明らかに原価10円とかだろう。同様に割と早くグズグズになって終わるエアクリなんて、タダのスポンジだし原価1円切っててもおかしくない。

しかしホムセンでは数百円で売ってる(パケ代やら人件費あるので当たり前だが)。

従ってこのテの商品、やはり頼みは謎中華業者(てかアマゾン)しかない。実際に、10個数百円で買える

ただねぇ・・・前述のとおりコレ、ガッチガチの保守ビジネス風味が出まくっており、作業がメンドクサイ(工賃がクソ高い)タイプなんだよ。

実際に、ガスケットからダイヤフラムまで全部交換する前提みたいな構造になってるし(必要無いのに、そういうネジ止め)。

昭和だったらソレで良いんだけど、もう令和なんだわ。だからもう・・・

草刈り機ごと買っちゃった方が良くね論が出る

わけで・・・

草刈り機の需要ってメッチャあるから、各社から出まくっててアイテムの利便性の割には結構安いんだよね。

おまけに最近、2ストが枯れた技術どころか前世紀の遺物になりかけてて、4ストにシフトし始めてるし。

買い替えの時期感ハンパナイ。

例えば2ストのこれとかあるけど

いつの間にか京セラになったリョービ EKK-2610

4ストでド安定の

本田技研 UMK425H1-UVHT

とかさ・・・まぁ2~4万円(現時点)もあれば新品を買えるわけで・・・

本件のぶっ壊れた草刈機、原因究明~分解清掃組付けなんてしてたら、フツーに半日とか1日無くなるから。

手間を考えたら、25ccエンジンの安マシンをOHする意味など無い。つーか、OHしたところでダメージ蓄積してるから、次から次へと別のところが壊れる(過走行バイクとかと一緒、フォークオイル交換の過去記事の件)。

・・・まぁでも、趣味として修理しとくかぁ、て話である(バイクと一緒なノリ)。



ワルボロ WYL用 謎消耗品キットを入手

付いてるキャブはワルボロ(Walbro)WYL。

部品入手のため、早速ワルボロで検索・・・が、良く分からん謎映画で検索結果が汚染されていた。欲しいのはその情報じゃない。

まじグーグル先生使えねー

アマゾンへ・・・ちゃんとキャブ出るよ? グーグル先生なんなの?

この映画そんなにメジャーなのか? ガチで初めて見たんだが・・・

つーかYoutubeで検索したら、映画の予告編よりド田舎のオッサンがチェーンソーのワルボロキャブOHしてる動画の方が再生回数が遥かに多くて謎。

最近グーグル先生おかしくない? (てかまー、なんつーか、黒SEOの疑い)

などとクッソどうでも良いことを考えながら・・・アマゾンを物色したところ、エアクリ10個+ガスケット一式という謎の中華セットを発見。


amazon

アヤシサ大爆発だが、Amazon倉庫発送で799円だった(現時点、そのうちたぶん消えるだろう)。これならギャンブル上等でオッケーでしょ。

てことで、少額パーツ買うときのために欲しいものリストにぶっこんであった1000円くらいのアイテム(ヘッドホンをチョイス)と合わせ、2000円(送料無料ライン)にしてポチる。

なお、マーケットプレイスの中華直送品の購入には、慎重な検討が必要である。本件のようなAmazon倉庫発送なら個人情報のモレと発送遅延は最低限だけど、直送は全部モレるし来るかすら解らん(てか直送のマケプレは、もはやアマゾンでは無いと思うんだが)。

予想以上のデキ

発送前に謎の詐欺メールが飛んできたが、たまたまタイミングが重なっただけでこの業者とは関係ないと信じたい・・・

てことで、2日後に着。

見た目、予想以上にデキが良い。エアクリ10個とか完全に使い切る前に失くす自信しかないが・・・ホムセンで買ったらプライマリポンプだけで700円超えてしまう(参考コメリ)ので、まぁヨシとしよう。

分解して原因調査

順番違くね? 先に分解してから発注しろよって感じだが、まぁ趣味なので・・・テキトー。

つーことで分解・・・アレ? ホース切れてる・・・燃料フィルターもスラッジで、でろんでろんじゃん。

やってもーたか。ホース3本付きの謎セットの方を買うべきだったか・・・やはり、目視じゃなくて分解してから買えよって話だな。

仕事ならクソ馬鹿野郎だが、これ遊びだからまぁヨシ。

てことでフィルターも分解。なんかダメそうだけど、キャブクリーナー漬けにしとく・・・

数時間後、とりあえずプライマリポンプだけ交換してみた。そして燃料送油・・・なんかキャブまでガソリン行ってなくね?

やはり中を空けなきゃダメかぁ。OHキット買っといて正解だな。

ちゅうことで完全分解開始・・・といってもネジ4本+1で外れる。超簡単すぎ。

動画アップしてる人には申し訳ないが、見る必要ねぇ。てか、見ないとできない人は見てもできないのではないだろーか・・・そのレベルなんだが。

なお、ガスケットを切らないで外すのは完全に不可能なので、テキトーにコジって分解完了。

キャブ内部の燃料フィルター詰まりまくり

分解したら完全に原因が確定。

キャブ側の燃料フィルタがブッ詰まってる(たぶんホースの切れた部分から吸って詰まった)。

ダイヤフラムは何とかイケルんじゃね(外す前なら)程度だったから関係ないと思われる。他の燃料経路も全く問題無し。まぁここまで来たら全部交換するけど。

てことで、ガスケット残を剥がしてから中華の新品組んで完了。ホースは手持ちのテキトーなヤツで代用(耐油)。

イッパツでエンジン始動

・・・したが・・・燃料フィルタの吸い抵抗が高すぎるようで、回転数を下げると燃料不足っぽい挙動でエンジン止まっちゃう。

しょうがないなー・・・燃料フィルターも買うかー・・・

てかホント、こういうのが旧車と全く同じ、キリが無ぇー。ちゅうことで、マキタの電動刈払機を買おうかと本気で考えた・・・

もはや実用品でエンジンとかメンテがメンドクサすぎんだよ。時代は電動。

これとかマキタ MUR190UDRG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA