初北海道バイクキャンプツーリング 21日目 夕張~千歳~苫小牧

群馬から北海道へバイクキャンプツーリングへ行った記録

21日目 晴れ

平取~苫小牧

新日本海フェリーあざれあ 泊

もくじ

  • 今日から組のテンション高すぎ
  • 新夕張へ
  • セイコーマートの弁当旨い
  • 夕張駅方面へ
  • 千歳へ
  • イオン千歳内回転寿司とっぴービミョー
  • 千歳駅でkitaka購入
  • 苫小牧へ
  • 回転寿司 旬楽(苫小牧系?)旨い
  • イオンモール苫小牧
  • 苫小牧東港へ
  • フェリーあざれあへ乗船

yubari

今日から組のテンション高すぎ

朝6時のライダーハウスユーカラ、ほぼ全員起床していた。今日まで組に比べ、今日から組はテンションが高く、ソッコー走りに行くようだ。

・・・まぁ、俺も初日はテンション高すぎて5時に札幌出たわけだが・・・

最後に残ったのはハーレー氏と俺(今日まで組)俺が先に出発。

新夕張へ

夜までには時間がある。夕張に行ってみよう。

国道237を上流方面へ。道道131を穂別方面へ左折。この区間はダンプが多い。道もせまくあまりツーリング向きではなかった。

道なりに進み・・・穂別市街が見えてくる。右折し道道74へ。市街地を抜け国道274を左折し夕張方面へ。

国道274は道幅も広く走りやすい。交通量もそこまで多くない。けっこうツーリング向きかもしれない(月曜の早朝だからか)。しばらく走ると新夕張に到着。新夕張でメシでも食おうかと思ったけど・・・何にもねぇー・・・

セイコーマートの弁当旨い

ガソリンを入れ、隣のセイコーマートへ・・・あぁそーだ、記念にセイコーマートメンバーズカードを作っておこう。

申し込み。住所を書く・・・が、予想以上に寒かったため、手がうまく動かない。滅茶苦茶な字だったけど、入会完了。

入会特典の無料ドリンク(コーラ)をもらう。飲み物を買い忘れたから丁度良かったかも。

駐車場でメシ。うーむ・・・セイコーマートの弁当はレベル高い。セーブオンとは雲泥の差だ。

食いながら新日本海フェリーへ電話・・・が、札幌支店に全くつながらない。仕方ないので東京支店にかけたところ一発でつながる。

予約したいと言ったら、自動的に新潟発の北行き便を案内される。北海道から掛けていることを告げると南行きを調べてくれて、予約完了。新日本海フェリーの電話対応は親切丁寧。オーシャン東九とは大違い。

マッタリしてたら・・・先ほどライハで一緒だったDRZ乗り氏@静岡が登場。広いようで狭い北海道。

適当に会話して解れ、夕張市街地方面へ向かう。またどこかで会う日まで。



夕張駅方面へ

市街地に向かっているつもり・・・なのだが、どこから市街地かよく解らない。沢沿いの道が延々とゆるい市街地のようになっているからだ。思ってたほど衰退してないな・・・

道北の過疎村に比べればかなりマシ。しかし、市レベルではないことは確か。良くて町。中標津には余裕で負ける規模。十勝の大樹町あたりと同じか、やや小さい規模のように見える。

中心部?へ到達すると市役所があった。その門前には壊滅した元商店街のような街並みが・・・

古い映画の看板があちこちにある。これで町おこしを図っているらしい。しかしラインナップが少々強引ではないかと・・・ゆかりのある映画ならいいけど、「ダイ・ハード」夕張と関係あるの? 絶対無いでしょ。

集落の最奥に石炭の歴史村というのがあったので行ってみたが閉館していた。

夕張は思ったより荒廃していない。個人的には斜里の方が酷いと思う。

千歳へ

道道3で千歳方面へ。看板を頼りに適当に進む。

このあたり、札幌都市圏のせいか交通量が多くて北海道っぽくない。むしろ新潟っぽい。

国道337までたどり着いた。南下して千歳東から道央圏連絡道路へ。

自動車専用道路のため80規制。北海道には70㎞規制以上の道路がけっこうあるので、原付2種は注意が必要。千歳空港ICを経由して国道36を千歳方面へ。

イオン千歳内回転寿司とっぴービミョー

千歳駅前のイオンへバイクをとめて散策することに・・・とりあえず回転寿司のとっぴーへ行ってみた。

・・・フツー。新宿の元祖寿司並。でも値段高いから元祖寿司以下。これが北海道で許容されているとは驚きだ。千歳周辺の飲食店はダメっぽい感じがするな・・・

千歳駅でkitaka購入

千歳駅へ行ってみた。札幌方面への運行本数は特急主体だが多い。両毛線より多いかも。

券売機に2000円投入。記念にkitakaを作る。このカード、中心にムササビっぽいキャラ(エゾモモンガらしい)が書かれていて、とても北海道っぽいデザイン。実に洗練されていてとてもヨイ。

北海道土産は白い恋人でも生キャラメルでもなく、JR北海道のKitaka。コレだ。間違いない。

苫小牧へ

Kitaka作ったし、千歳にもう用は無い。苫小牧へ行こう。

国道36を南へ・・・ずっと片側2車線で信号もほとんど無い。ほぼ高速道路状態。しかし、飛ばす人が少なくマナーがとても良い。道央は取り締まりが多いのだろうか?

十勝あたりで、この道路規格だったら100で流れているところへ、黒のセダンが130から被せつつ抜いていくだろう。

・・・30分くらいで苫小牧に到着。けっこう近いな。

回転寿司 旬楽(苫小牧系?)旨い

イオンモール近くの温泉、なごみの湯の隣にある回転寿司旬楽へ。

クリッパー系列のやや高い店らしい。でも140円~だった。別にそんなに高くないと思う。

色々と注文してみた・・・旨い。さんま黒胡椒握りが絶品。他にもイカの切り込みのきめ細やかさなど回転寿司の割に技術が高い。良い店。

ここで、勝手に北海道回転寿司店ランキング発表
1位 釧路 まつりや
2位 遠軽 トリトン
3位 苫小牧 旬楽
4位 中標津 花まる
5位 稚内 花いちもんめ
次点 (名寄きらら)

※同じ系列でも地域によって方針が大きく違うだろう。例として帯広のまつりやは釧路店とは別物だった。また、地方店舗の食べログ等の評価は地元民の意見が少なく、旬が外れていたり見当違いなコメントも多いため、参考にならない。(群馬も同じ傾向)

イオンモール苫小牧

フェリー出港時間までイオンで時間をつぶす。

ここのイオンにはモンベル直営店あり。テントの在庫は一通りあった。道南でのツーリング途中でテントが破損しても、ここまで来ればなんとかなりそう。

他は至ってフツーのイオンモール。太田店でも高崎店でも船橋店でも苫小牧店でも何も変わらない。

ただしスーパーの鮮魚コーナーだけは充実しているが・・・

苫小牧東港へ

夕方、苫小牧東港へ。まずは日高自動車道にのる。ここは高速道路の無料区間。しかし、ぶっちゃけ一般道路の専用区間と高速道路の無料区間の違いが解らない。

特に北海道だと歩行者が皆無なので、一般道路と専用区間の区別もよく解らない。日本の法律ではカバーできていないのは明らか。さすが北海道。

・・・などと考えながらイオンから30分くらい走行、港に到着。名前を言うだけで受付完了。乗船申し込み書を書かなくて良いのは楽。オーシャン東九とは大違・・・

受付後待合室へ。乗客がかなり多い。出港まで2時間はあると思うけど既に50人は居る。この航路大人気。まー最安部屋なら予約不要かつ新潟まで6500円で行ける訳だから格安だわな。

風呂もあるし、また乗ってみたいと思うくらい設備は快適だし。

フェリーあざれあへ乗船

18時40分くらいにアナウンス。積み込み開始。

新潟行き自動車、新潟行きバイク、秋田行き自動車、秋田行きバイクの順だった。積終わるとバイクは満員。朝予約しないと危なかったかも。マジで大人気。

大洗より大幅に安いから当然なのかもしれない・・・などと考えつつソッコー横になり休憩。

9時くらいに起きてビンゴ大会で空いた隙に、風呂に入る。

売店で買った酒飲んで就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA