角淵キャンプ場を見に行ってみた

ある日、地図を見ていると、玉村町と旧新町を結ぶ烏川の橋(岩倉橋)のあたりにキャンプ場を発見。

玉村町HPによると、無料で予約不要系だったから見に行ってみた。近いし。

もくじ

  • ロケーション
  • 設備は・・・
  • まとめ

ロケーション

24時間スーパー(アバンセ) 約1200m
セブンイレブン 約1100m
ホームセンター(カインズ) 約1000m
ローソン 約800m
デイリーヤマザキ 約1000m
となっており、物資の調達には最高レベルの立地。

※先日行ったらアバンセが23時までの営業になってた。

風呂もおよそ10km圏内に
利休 前橋南店
七福の湯 前橋店
湯都理(高崎IC)
湯楽の里 伊勢崎店
ゆまーる(伊勢崎)
と選び放題。(だだし俺のイチオシは上記より少し遠いが鮎川温泉)

と、ここまではサイコー。しかし、設備が最悪レベルだった。



設備は・・・

場所は烏川の河川敷の公園内・・・なのだと思う。法的には河川敷なのだろうが、キャンプサイト(と思われる場所)と川の間になぜか畑がある。この畑の適法性は不明。従ってサイトから川は全く見えないし水音もしない。畑の方向は公園ではないから荒れた林が広がっている。

車両乗り入れは禁止。巨大砂利駐車場が隣接。しかしサイトには、しっかりと轍の跡があり厳守されているのかは怪しい(鉄柵はあるけど、あんなの簡単に外せるからねぇ)。

管理人、管理棟の類はなし。簡易トイレ、水道、流しがある。

トイレ以外はかなり荒れていた。草が刈られていないため、どこまでがキャンプサイトなのか解らない。地面は土がむき出しになった場所が多く起伏が大きめ。極め付けは、隣の野球場の外野が隣接しており、「球が飛んでくることがあるから注意」って書いてあることだ。なんだソレw。

ぶっちゃけ、その辺の橋の下の方が快適かもしれない。実際に、河川敷のあちこちに車が止まっている。テントを張っている人もフツーにいた。

さすが我が群馬である。テキトーである。先日行った那須烏山の野営場の方が遥かに良い。比べてしまっては那須烏山市の整備担当者に失礼なほど違う。

まとめ

バイクツーリング中継用途として考えると微妙だと思う。俺がここに泊まることは100%あり得ないだろう。ウチの庭の方が遥かに快適だから、というのもある。がしかし、別の観点から俺は宿泊することを避ける。

それは、市街地が近すぎること、砂利駐車場が無駄に大きすぎることだ。この条件は経験上、深夜に爆音のD○Nが出る可能性が極めて高い。最近のD○Nは気合が入ってないから襲われる危険性はほとんど無いが、単にウザいから泊まりたくない。

また、いくら公園だからと言っても河川敷である。しかも鏑川と烏川が5km上流で、神流川と烏川が1km下流で、烏川と利根川が5km下流で合流していることを考えると、安全性が高いとは言い難い。南関東の行政であれば、過剰に過保護だから雨降った時も警告をしてくれるかもしれない。

しかし、群馬はいい意味で自己責任が跋扈するテキトーサイコーな地域である。

従って、雨の日に河原で遊んでいて流された→ダメだんべ。バカだんべ。

で済まされちゃう可能性極めて大。

ツーリングの中継地点として寝るだけに利用するのであれば・・・「日帰り温泉で閉店まで寝る→ネットカフェへ」の方が安眠できるだろう。田舎のネットカフェはブースが広いし、ナイト料金は安いし、難民も少なく快適だから。

また、群馬南部は工場なども多いためビジホが結構ある。伊勢崎前橋あたりは観光客も少ないせいか割と穴場。トリバゴで「北関東」「群馬」「伊勢崎」「大人1人」で検索すると4000円以下がそこそこ出てくる(地図表示にすると地域相場を掴みやすい)。

てことで、ここはデイキャンプ使いがメインなのかな、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA