auのスマホの料金体系が変わるらしい

2014年。KDDI(au)がスマホの料金体系を変更することを発表。各社料金体系がほぼ同じになるようだ・・・

てことで、俺なりに納得するまで調査してみた。

ケータイ(スマホ)の料金体系

ざっくり言うと・・・

基本料(利用料+プロバイダ)
+通信料
+通話料
+オプション

になってる。

料金別の各社内訳は

基本料
ソフトバンク(スマ放題+S!ベーシック):4200円+300円
NTTドコモ(カケホーダイプラン+ISP料金):4200円+300円
au仮(電話カケ放題プラン+LTE NET):4200円+300円

通信料
ソフトバンク(データ定額パック):3500円(2G)~22500円(30G)
NTTドコモ(パケットパック):3500円(2G)~22500円(30G)
au仮(データ定額):3500円(2G)~9800円(13G)

通話料
ソフトバンク(スマ放題):0円
NTTドコモ(カケホーダイプラン):0円
au仮(電話カケ放題プラン):0円

オプションなど
ソフトバンク:スマ放題は2年契約で-1500円、3Gケータイは更に-500
NTTドコモ:カケホーダイプランは2年契約で-1500円、ケータイは更に-500、ずっとドコモ割で更に割引アリ
au仮:電話カケ放題プランは2年契約で-1500円、ケータイは更に-500、長期優待でデータ容量増量

こんな感じ(になるらしい)。

・・・・各社まったく同じじゃん。本当に公正な市場なのか?

と思ったけど、少し違うもよう。



新プランに加入できる端末や形態が少し違う

具体的には・・・

ソフトバンク:3G加入可能だが通話のみはガラケーしか入れない(たぶん)
NTTドコモ:FOMA端末でも加入可能でカケホーダイプランだけでも入れる
au:4GLTEしか入れないし、カケ放題とデータ定額はセットでしか入れない※。

※KDDI報道資料より抜粋
注4)「電話カケ放題プラン」および「データ定額」は、合わせてご契約いただくことが必要です。「電話カケ放題プラン (ケータイ・データ付)」の料金は、基本料とデータ定額料との合計により計算されます。3Gスマートフォンをご利用の場合、データ料金は最大5,700円となります。

3Gの場合最大5700円って、LTEフラットと同じじゃないか・・・

結局、新しい夏モデルの4GLTEスマホを買って一緒に入ってね、ってことなんじゃ・・・

とうか、現在4GのLTEフラットで契約している人が、無条件でこのプランに入れるのだろうか?

入れるならかなりいい話だと思う・・・入れるならね・・・なんか制限ありそうな予感。

情弱狙いにきたか・・・

詳しい情報が出ていないので何とも言えないが、通話しまくりだった人でデータ通信あまりしなかった人は安くなる。

そして、通話ほぼナシでデータ通信しまくりの人は安くならない。だが、そういう人はそもそもWimaxとかWifi使ってると思うんだよね・・・

「wifiとかよく解らん、この端末で動画見れるからいーや」みたいな、仕組みがまったく解ってない家電的利用法の客層(情報弱者)からガッツリ取る方針なのか・・・

それとも、仕事でLINEとか使いまくりの人が多くて回線逼迫してるから、そこに負担してもらおう、ということなのか・・・

真意はよく解らんけど、今後要チェックなのだけは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA