2016北海道バイクツーリング 8日目 道北北部

2016年に群馬から北海道へバイクキャンプツーリングした記録

8日目 変な天気

走行ルート
中頓別~知駒~豊富~稚内~宗谷岬~稚内~ノシャップ岬

稚内市 ライダーハウス漁師の店 泊

もくじ

  • みつばち村を出発
  • 豊富経由で稚内方面へ
  • 回転寿司花いちもんめへ
  • ノシャップ岬 ライダーハウス漁師の店へ
  • 稚内駅周辺は観光地価格だった
  • 宗谷丘陵へ
  • 稚内から宗谷は道道889+1077がイイ
  • 稚内温泉童夢に浸かりながら夕日と利尻島を見る
  • 漁師の店で酒盛り

wakkanai-risiri

最北感がたまらん稚内

みつばち村を出発

深夜から早朝にかけて、ものすごい横殴りの雨が降っていた・・・間違いなくテント泊は不可能だったなー・・・ココに来てよかったと実感。

8時くらいに起床。適当に準備して出発しようとすると・・・昨日一緒に飲んだ人たちにお見送りされる。クッソアヤシイ強面のオッサン集団に見送られ出発~なんだかイイな~ココ。また来たいなぁ・・・ボロいけど

豊富経由で稚内方面へ

道道785と84のコンボで豊富へ。台風一過の快晴と思いきや、霧だったり晴れたり・・・変な天気。

豊富からバイパスへ。ここは無料高速道路・・・だと思う。道北のこのあたりまで来ると周りに何も無さ過ぎて高速道路と一般道の区別が良く解らん。

稚内方面へひたすら走行・・・高速を降りた(と思う)先に・・・出た~地上の一般道(たぶん)なのに70㎞制限の、道交法がどうなっているのかよく解らない区間。コレ、日本のここ以外で見たことが無い。

てか、道北北部郊外の制限速度は全線70で良いと思うんだけどねぇ・・・どうにかならないのだろうか、この国の変な法制度は・・・



回転寿司花いちもんめへ

中頓別から100㎞ほど走行し稚内市街地に着。疲れた・・・

休憩がてら市街地入り口付近にある、回転寿司花いちもんめへイン。適当に注文。去年は生タコがウマかったと記憶。しかし今年はフツーだった(生じゃない説)。

台風で水揚げが少ないのかもしれない。この店はネタの質もソコソコで、デカイし、安いし、かなりイイと思うんだが・・・店構えがよろしくない。地元民御用達感満載で俺は好きだけど。

ノシャップ岬 ライダーハウス漁師の店へ

とりあえず、みつばち村住人のオススメライダーハウス、ノシャップ岬にある漁師の店へ向かう・・・

稚内市街地は交通量が多く信号も多い。しかし去年攻略済みだ。裏通りを通ると速い。ということで、西條のあたりで右折。一本裏の通りへ。

なお、西條付近から北防波堤ドームまで国道を進むと信号が約15個あるけど、一本入っただけで約5個に激減。でも、稚内まで来た感がかなり薄くなってしまうという副作用がある。初回は辞めた方が良い。

北防波堤ドーム横を通過。海沿いにひたすら走行。途中から極めて狭くなる。海側はノーガードの岸壁なので、ガチ地元民以外のクルマが通るのは無理。

バイクは関係ないので・・・オホーツク海を超間近に見ながらチンタラ走行・・・そのままノシャップ岬に到着。集落脇道を入ると漁師の店を発見。

ドモー的なノリで突入、感じのいいオバチャンが対応してくれた。この日は客が少ないらしく、飛び込みで全く問題なしだった。2500円払って受付完了。5時30分までに戻って来てね。とのこと。

稚内駅周辺は観光地価格だった

適当に市内を徘徊。

とりあえず稚内駅前にある北市場へ・・・ザ観光地。スペシャル価格。こんなん地元民が買うわけない・・・パス。

副港市場へ。オサレな感じだが・・・ここは更にザ観光地。余りにも高すぎる。メロン1個2800円て・・・なんなのソレ。空知なら1箱2800円で売ってたよね・・・何か違うのかコレ・・・まぁ・・・スルーで。

宗谷丘陵へ

宗谷岬方面へ走行。国道238を空港方面へ走行。平野部は快適なんだが・・・半島部に入ると、相変わらずつまらない。狂った動きのレンタカー多し。おまけに1車線ハミ禁で抜きにくい。

我慢不可能なため途中で宗谷丘陵方面へ右折。

やっぱりここはイイ・・・バイクツーリングスポットとして国内最高レベル。俺的には日本一(暫定)。しばらく走行して岬方面へ左折。宗谷岬に着。

うーん・・・曇っててイマイチ。またしてもロシアは見えなかった。

稚内から宗谷は道道889+1077がイイ

道道889を走行・・・ココは本当に素晴らしいツーリングルートだと思う・・・天気が良ければもっと良いんだけどね・・・今日は微妙。

道道1077交差点に着。稚内方面へ右折。山を下りたとこ、T字交差点を増幌方面(南)へ左折後、市街地手前で右折。道道121を右折するとレッドバロンライハのとこに出る。

これが稚内から宗谷まで行くには最も快適かなぁ・・・国道経由より15㎞ほど長いんだけど、業務じゃないし。ツーリングに来てる訳だから。そのくらいは許容範囲でしょう。

稚内温泉童夢に浸かりながら夕日と利尻島を見る

市街地に戻って給油。その後シティ(大型スーパー)へ。

魚貝類が稚内駅前周辺より大幅に安く売っていた・・・コレ、何が違うのか俺にはサッパリ解らないんだけど・・・観光地って怖いなぁ。今夜の夕食は確保されてるから、飲料以外買うものはナシ。

シティを出て左折、日本海側の道路へ出てみた。北にしばらく走行・・・右手に稚内温泉童夢アリ。右折して入る。駐車場は巨大。施設の中へ。

入浴料600円。スーパー銭湯風施設。2階が風呂になってる。ただし、海岸方面が盛り土になってる関係上、地面からの相対的な高さは低め。内湯はガラス張りで広いけど露天は狭め。

露天に出ると利尻島がドーンと見える。コレは素晴らしい。しかし、男湯露天は道路から丸見え・・・展望を優先するこのアバウトさ、さすが道北。イイね!

って・・・アレ? 湯船に浸かると利尻が見えなくなったぞ・・・ツメが甘いところが田舎っぽいなぁ・・・敷地は広いんだから、もっと道路から離して建築すれば良かったのに・・・惜しい。

などと考えながら湯を堪能・・・泉質はヌルスベ系でイイ。設備も素晴らしく、展望もいいし、これで600円は極めて安い。風呂に浸かりながら見る、夕日が沈む海に浮かぶ利尻、礼文は必見。

漁師の店で酒盛り

風呂から上がり、漁師の店へ戻る。

5分ほどで着。丁度夕食の用意ができていた。時化で数日間海に出れていないらしく、ウニは最小限の海鮮丼となった。本日泊まるみんなで、いただきます的な流れで食う・・・普通に旨い。

俺的にはホタテが旨かった。ウニは旨いけど普通(ここ北海道なので)かな、と、まぁ台風で漁に出れないんだからしょうがない。

それにしても、小樽のクソ丼、アレ何だったんだろうなぁー・・・などと考えながら完食。食べ終わった食器はセルフ洗浄&収納。それがこのライハの掟。

部屋?に入り、適当に雑魚寝してると、テレビから「北海道が大災害になっている」との情報が。

え? は? 別に何ともなってないけど・・・というか、在関東の民放テレビ局さー「北海道」で全部まとめるの、やめろや。ココから札幌までだって、東京と名古屋くらい離れてるし。

完全に無意味だと思うのだが・・・

という感じで、泊まるメンバーでテレビ見たり、色々情報交換したりしてるうちに、オーナーが酒とつまみ持って登場・・・酒盛りが開始。色々と話す。

ちゅうことで俺の感想・・・オーナーはザ海の漢である。それ以上でもそれ以下でもない。アツい海の漢である。そんな感じ。

酒も回っていい気持ちになったところで寝た。うーむ。イイなココは。ただ天井がもう少し高ければなぁ・・・俺にはツライ(デカイから)。稚内に来たらメシ食うために寄るかもなぁ。という程度かな。

この店が良い悪い好き嫌い以前の大前提の話として、好きなもんを好きなだけ食いたいんだよな

それはとにかく、天井低いのがやはり何ともキビシイやね・・・

メシ 2400円
ガソリン 500円
風呂 600円
宿泊費 2500円

合計 約6000円
累計 48500円くらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA