壁紙の自前(DIY)張替え 真に必要なモノが判明

コロナウイルスのせいでイマイチ行くところが無い2020年5月。

ステイホームならぬ、ステイリホームを敢行。自宅の壁紙張りをすることに決定。

まー、お約束のごとく、ネット上にイッパイある「プロが教える貼り方の情報」とか一通り見てからヤルんだけど・・・

実際にやってみると・・・うーん? ナンカチガウなぁ・・・という話。

もくじ

  • はじめに
  • とりあえず 壁紙張りをやってみた
  • 何で自分で(DIY)やるのか?
  • 単に安く仕上げたいから →大間違い
  • まとめ DIYは技術よりメンタル

 

kabegamiDIYはテキトーでオッケー(いつでもやり直せる)

はじめに

ステイホームのせいか、Google先生の方針が変わったせいかは解らないが、最近やたらとDIY界に「プロ」とか「プロ級」を持ち出す人が増えた気がする。

しかしコレ、なーんかズレてるような気がしてならない・・・

特に、とにかく何でもDIY派の俺には、違和感がハンパナイ

・・・中には素晴らしい動画を配信してる人も居るんだけどね・・・根本的に何か違うんだよな・・・強いて一言で言えば・・・

テクを磨きたいんじゃないんだよなー、俺

むしろ、手抜き工事の方法を知りたいんだよ!

だって、DIYなんだから、単に好き勝手やりたいだけなの。

しっぺ返しが来ても良いの。自己責任なんだから、とりあえず精神論(イキオイ)で、ヤっちまえば良くねー?

DIYに大事なのは、匠の技より鉄メンタルじゃね?

・・・など、壁紙貼りを通じて、DIY(Do it yourself)について改めて考えてみた。



とりあえず 壁紙張りをやってみた

今回、やってみた理由は「単にやってみたい」から。

そして、実際にやってみたところ、プロ作業とDIY作業の明確な違い(DIYに必須のメンタル)が判明。

なお、下地の石膏ボードから施工し直しており、個々人の事情によって難易度や仕上がりは大きく異なるため、これはあくまでも経験に基づく個人の感想である・・・と、一応言っておく。

壁紙DIY必須メンタル1 クオリティは気にするな

高品質の確保は必要ない。

過去のあらゆるDIYの経験に基づいてあえて言うけど、コレを重視しすぎると確実に詰む(積んでる人を過去に何人も見た事がある)。

プロ(お金を取る場合)は、手直しが発生すると、その分だけ利益がゴリゴリ削られるけど、DIYにそんなものは無いからだ。

気合と根性はいくら出してもタダなので、低クオリティだったら、やり直せば良いのだ。

でも、その代わりにメンタルがゴリゴリ削られるという流れ・・・

壁紙DIY必須メンタル2 専用工具など要らぬ

最大限、既に持ってるものを工夫して使うべきだ。

まー俺の場合、度重なるDIY歴のせいで、たいていの工具は持ってるんだけど・・・

例えばこんなの↓

アサヒペン 貼り道具セット→amazon


ローラー以外全部持ってるし(ローラーも要らなかったが)。むしろ、欲しいのはこれじゃない。糊付け工程の工具だ。実際に購入した工具は

  • 計量カップ兼糊混ぜ容器→100均のキッチンコーナーの1Lデキャンタ
  • 混ぜる棒→同じく100均のホイッパーを電動ドリルに付ける
  • 塗装ローラー→100均ので十分

合計330円で揃った。

一方で貼付け工程の工具は、ほとんどが流用できる

  • カット用鉄ヘラ→取っ手付きのアルミ定規(amazon)の方が汎用性あって良い気がした、だが長めの鉄定規でイケた
  • 貼付用の刷毛orヘラ→毛が短めの箒でオッケー、だが要らなかった(手動で可)
  • 下敷きテープ→完全に要らない(剥がれたらやり直すか、糊を追加投入すれば良し、何なら下地からやり直せば良し)
  • ローラー→要らない(手でひっぱたく)
  • 作業台→重要、必須(両工程とも)

原則として、仕上げクオリティや耐久性に関わる工具は全部不要だ。何度も言うけど、やり直せば良いだけだから。

そして、実は最も重要な工具(てか設備)は作業台である。これの有無で難易度が大きく異なる。無いなら一枚合板を買ってきた方が良い。

2x3m程度の作業スペースが確保できない場合、プロに頼むべき(糊付けマシン必須)。物理的な問題を、気合と根性でカバーしようとするのは間違いだ。また、世間(販売サイド)でよく言われる、「プロとの技術差を道具でカバー」みたいなメンタルの人は、DIYは辞めたほうが良い。

大きな間違いだと、俺はあえて言っておきたい。工具というのはやってみて、「あ、必要だな」て思った時点で買わなきゃ意味ないから・・・使い方がわからない工具を買っても無駄。そもそも、じゃぁどこまで揃えるの?って話になるし。

極端な話をすれば、今回みたいな作業で糊付けマシン(参考amazon)買うの? 買わないでしょ、絶対に。

壁紙DIYメンタル3 取得済みの技術を応用せよ

今回の壁紙貼りの場合、次のDIYスキルが使える。

  1. クルマのフィルム貼り
  2. 粉モノ料理(タコ焼き、ケーキなど)
  3. クルマの塗装
  4. 外壁塗装

壁紙貼りの工程に当てはめると、ざっと次の通りになる

張付面の下地処理(3、4と全く一緒)
→クロス裁断(1と全く一緒)
→糊の作成(2と全く一緒)
→糊の塗布(4とほぼ一緒)
→貼付(1とほぼ一緒で遥かに楽)
→仕上げ(1と全く一緒)

特にカーフィルムの施工技術が重要。このスキルがあれば、問題はほとんど無い(しかも準プロ級に仕上がるだろう)。

最も違うと感じた点は、貼付作業における継ぎ目の処理。クルマのフィルムは重ね張りだが、クロスは突き合わせ張り(糊が付かない)。

端の処理とかは基本一緒。てか、曲面が無いから難易度は激低い。エアもすぐ抜ける&目立たない。角の処理は若干経験が必要っぽいけど、たいして目立たないから・・・テキトーでオッケー。

なお俺は、ドアガラス以外のカーフィルム貼りは、業者に頼む派である(超高スキルが必要&法的問題による)。

壁紙DIYメンタル4 下地処理など要らぬ

不要と言うのは言い過ぎだけど、全然気合入れてやらなくて良し。

壁紙の場合、クルマ比10%以下で全然オッケー。厚手の無地クロスを使えば、クッソテキトーに貼ってもパっと見で気にならないレベルにはなる(というか無地クロスはそういう商品だと思う)。

むしろ、パテとか一切埋めなくても全然オッケー・・・くらいの勢い。ちょっとした隙間なら糊(アミノール@ヤヨイ化学)をカタメに作って隙間に盛っとけば良し。

つーか多少の、シワやシミ、継ぎ目の剥離を気にするような人が、DIY施工なんかする? しないでしょ?

これが、「メンタル1」の重要さなワケで・・・ソコソコで納得するのが大事だけど、やろうと思えばどこまででもできる。本件、個人的な体感値で言えば、200平方mくらい施工したら、プロ並の仕上がりになるんじゃないかなぁ・・・と。

そこまでのクオリティ、自宅に必要ないけど。

だって、家具とかモールで隠せばオッケーでしょ? てか、誰も気にしない(見ない)よ、そんなとこ・・・

壁紙DIYのまとめ

壁紙張りは、イッパツ勝負でも十分施工可能な範囲だった(必要なのは作業場所だけ)。

技術はどうでも良いレベル。特に、クルマやバイクの外装をイジる属性の人なら余裕で施工できる。

ただし、何が起きても気にしない、鉄のメンタルが必須。

てかやっぱり、DIYは技術より「心構え」が大事なんだよな~・・・てことで、

何で自分で(DIY)やるのか?

施工後に振り返り、DIY全般について、いま一度考えてみた・・・

よく聞くケースは・・・

  1. 単に安くしたい
  2. 単にやってみたい
  3. 自分でやらないとイヤだ
  4. 業者に頼むと超高額になる特殊な事情がある
  5. 自分でできる(現在プロ、過去にプロだった)

こんなところだろうか・・・

今回の俺(のメンタル=心構え)は2番だけど・・・1番の「単に安くしたい」などと、言う人も多い。特にDIY歴が浅い人に多い気がする。

だけどあえて言いたい、これは大きな間違いである

安易な心構えでやると、DIYは100%失敗する(安くならない)からだ。

心構えは最終仕上がりレベルに比例する(安易な心では綺麗になど仕上がらない)。最悪の場合、途中でメンタルが折れて業者にチェンジする事さえあるだろう。

単に安く仕上げたいから →大間違い

この煽り文句、世間に氾濫しているけど、最も危険ではないか。

実際に、「自分でやれば安くなる!!」・・・みたいな事を謳う記事やチラシは、あまり参考にならない事が多い。

解りやすい例はクルマの塗装だろう。一時期のカー用品店などは、やたらとDIYをアピってたけど、アレは99%失敗する。

みんな、メーカーからお金もらってたんだか何だか知らないけど、若い時安易にスプレー缶塗装をしまくっていた、経験者である俺は言いたい。あんなの無理だ もうガチで。

だってフツーの人、やる場所すら無いし(室内施工が最低条件)。

「やってみたい」のなら良いんだけど、「安く」というのは無理筋すぎる。

だけど、今回の壁紙(住宅関連)について言えば、クルマ関係よりはマシ。理由は、「仕上がり&耐久性をそこまで気にしなくても大丈夫」だから。家屋内は基本的に、第三者に見せる事が無いし、自己満足で許容できる範囲が極めて広い。

それでもやはり、安く(て綺麗に)仕上げる事はできない・・・施工技術のノウハウが無い以上に、安く仕上げるノウハウが素人には無いからである。

利益を出せるのがプロ

「プロ」はなぜ「プロ」で居られるのか?

最も、勘違いしがちなポイントがコレだ。俺も若い時は勘違いしてた。でも、人生経験値が積み上がってオッサンになったある日、やっと学習(←遅い)。

しかし、一部のオッサンオバサンには未だに、プロは技術が有るからプロだ、とか言ってる人が居るのも事実。

俺はそういう人を見ると「ウソだろお前・・・」と、思うけど、実際に居るから世の中の闇は深い・・・

話を戻すと・・・基礎技術があるのは当たり前であって、それはプロの要件じゃない(現場では資格なんぞクソの役にも立たないと言われるアレ)。

プロは、どこまでやったらどういう結果が出るのか解っている(決められたコストで結果が出せる)からプロで居られるのだ。

つまり、コスト意識が有るか無いか。それが、プロとアマ(DIY)のライン。

ここに、WEBでいくらプロの技術を見て学んでも、あまり意味が無い大きな理由が潜んでいると、俺は思う。

DIYに着地点(見積もり)は無い

どこまでやれば完成なのか?

素人にはソレが設定できない(解らない)。というより、自分が納得したらオッケーであり、客観的な基準など必要ない。

例えば、「クオリティ100」が各工程の品質確保の為のラインだとすれば、プロは102~105くらいに収めてくるだろう。

しかし素人は、130くらいまでやってしまったり、80でやめたりする。

これが最終工程なら「やりすぎじゃねーの」とか「仕上げ甘いなー」的な話だけど、途中工程の場合は80ではダメなので、やり直しになる。

タチが悪いのは、次の工程に入ってからダメだと気づく事だ・・・つまりリソース投入量を数値化すると・・・

  • 工程1
    プロ=102、素人=130(仕上げすぎ)
  • 工程2
    プロ=105、素人=80(仕上げなさすぎ)
  • 工程3
    プロ=104、素人=210(Bの直し30+慎重になりすぎ180まで投入)

合計 プロ311に対し、素人420

みたいな、リソース投入量になってしまう・・・そしてこれが、全工程でつづく・・・

こんなの、安くなるはずが無い・・・でも、それでオッケーなのだ

別に利益を出すわけじゃないから。

まとめ DIYは技術よりメンタル

プロとDIYは根本的に着地点が違う。

だから、プロの話は参考にはなるものの、決定的に必要な情報では無く、より重要なのは、技術よりメンタル(ヤル気、気合、根性、etc)なのだ。

「直し」が入るたびに・・・ゴリゴリと削られて逝くメンタル・・・これに耐えるのではなく、いかに楽しめるか。それが最も重要。

困難を乗り越えるプロセスをレジャーに転換するのが、DIY。

・・・と、思った、ステイリホーム週間2020。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA