3台持ちスタイル 低速無制限用のSIMを見直す

近年急激に高まる、モバイル通信回線の重要性。

特に2020年に入ってから爆上げ(主にコロナのせい)。

そろそろ、スマホの通信(通話)契約を見直す時期かなー・・・

・・・てことで、au系SIMを利用した、低速無制限運用について、あらためて考えてみた。

なおこれは、旅属性が強いイチバイク乗りの個人的見解であって、都市部から滅多に出ない生活スタイルの人には、たいして参考にならないだろう。

もくじ

  • 現在の状況
  • 低速モードのau系SIM各社を調査&比較
  • 結論 マイネオ+500Kbpsオプションで様子見

 

antena最近基地局メッチャ増えたような

現在の状況

最初に、契約状況を晒しておくコーナー2020。

  • 通信容量 8GB/月
  • かけ放題(au VoLTE、無制限)
  • 5012円 /月

内訳は

  • auダブル定額Z+カケホ 2750円(現在新規は入れない)
  • DMMモバイル(現楽天) 5GB 1184円@実質(楽天ポイントで147円バック)
  • UQmobile 3GB 1078円

この3枚のSIMを、以下の端末で運用

  • 通話専用 GRATINA 4G(auガラホ)
  • スマホ1 OPPO A5 2020(楽天仕様のSIMフリー)
  • スマホ2 URBANO L03(au仕様、au系の非VoLTESIMだけSIMフリー)

大手キャリアの、全部入りスマホ契約と比べると、以下のようなメリット、デメリットがある。

メリット

  1. 電池の持ちが良い
    通話と通信が完全分離されるため、個々の端末の電源を入れる時間が短い。特にガラホは発着信が少ないと、充電を忘れるほど減らない。
  2. 完全縛り無し
    厳密に言うとガラホは縛りアリだが、機種変する必要性は現状皆無。実質無し(既に自前でSIM入替済)。
  3. 安い
    2020年現在、auにおいて契約できるガラホ通話プランは、ケータイシンプルプラン+通話定額2になり、3300円/月。これに3GBのSIM2枚追加しても、ピタットプランで6GB使うより遥かに安いという謎。
  4. 端末故障時に強い
    複数台持ってれば同時に壊れる確率は低い。特にバイク乗りが使うと、あり得ないレベルの振動や湿度の影響を受ける。電車通勤のオフィスワーカーを基準にすれば、圧倒的に故障しやすいのは明らか(特にパネル関連)。
  5. ドコモ回線とau回線が両方使える
    日本の僻地では、ドコモだけの地域が地味に多い。逆にauだけの地域もある※。(SBだけのとこは滅多に無い)。どっか行きまくるスタイルの人は重要。2社の所有は必須。

※参考、僻地キャンプ場等の電波状況(直近の実績)

ドコモ au 訪問日
歌登健康回復村 2019/8
キトウシ野営場 2019/9
オンネトー野営場 不可 ギリ不可 2019/9
本別公園第二 ギリ可 ギリ可 2019/9
十勝川ダム 不可 2019/9
新潟⇔小樽航路(日本海) 陸or島が見える時のみ可 陸or島が見える時のみ可 2019/8
苫小牧⇔秋田⇔新潟航路(太平洋-日本海) 断続的に可(小樽航路より良好) 断続的に可(小樽航路より良好) 2019/9
大分⇔神戸航路(瀬戸内海) 概ね可(デッキ) 概ね可(デッキ) 2019/5
志布志⇔大阪航路(太平洋) ほぼ不可 ほぼ不可 2019/5

デメリット

  1. 3台もちの管理
    かさばる、重い、充電忘れ・・・などは、マイカー/マイバイク移動が基本のド田舎民にとっては、たいした問題ではない。契約や設定などが大変になる←本記事の件。
  2. au回線向け端末の選択肢が少なかった(過去形)
    2020年現在はあまり関係ない。つい2、3年前まではやたらと厳しかった(そのせいで利用者が少なく爆速だったのではないか)。2020年現在だと、最近購入したOPPO A5 2020も含め、au回線対応のDSDV(2枚差でVoLTE待受可能)機種が増えたため、運用しやすくなった(ただしauガラホSIMは、2018年末くらいにIMEI制限がかかったとの報告が複数ある)。
  3. 容量が足りないとき増やしにくい
    前述のとおり、急激にネット利用の需要が高まってしまい、8GB+200Kbps使い放題では、足りなくなってきた。しかし、UQmobileの契約は3GBしかなく増やせない。低速モードの200Kbpsもイマイチ足りない

・・・など。

参考 これまでの経緯等↓

auガラホ GRATINA 4G KYF31 が機種変実質0だったので、スマホは格安SIM運用へ(2016年)

NTTフレッツ光を格安SIM(テザリング)へ置換するのはアリ(2017年)

UQmobile無制限プランにはあまりお得感が無かった(2017年)

ZenfoneGOのau系⇔docomo系SIM切替運用はイマイチ(2018年)

auの新料金プラン(新ナントカパックN)に加入するメリットがサッパリ解らない(2019年)



低速モードのau系SIM各社を調査&比較

しかしコレ・・・2、3GBくらい増やしても、焼け石に水・・・な気がする。

最近メッチャ容量食う原因は、やたらと埋め込まれる動画のせいだから・・・動画は速度が速ければ、速いだけ自動で高画質に切り替わっちゃうし・・・そんな高画質いらないのに・・・

個人的には240pありゃオッケーなんだよな・・・360pあれば何の問題も無し(適正に圧縮してあれば)。

コレ、200Kbpsでは少ないけど、500kbpsあれば十分見れる。21世紀入ってからの動画圧縮技術の進歩、マジで超スゴイから・・・もう少し進化したら480p(DVD相当)すら見れる勢い。

てことで現状、低速モードの強化が効果的な策(対動画)ではないだろうか。という結論に至る。

この方針に基づき、au系SIMの低速モードのスペックを調査してみた。

※2020年5月末現在、俺調べ。ドコモ系低速モードは総量制限が厳しいものが多いため除外。価格は税込み。

au回線のデータSIM、3GB前後のプラン

高速容量
と月額
低速時
の制限
総量規制
マイネオ 3GB
990円
200Kbps 6GB/3日
UQ mobile 3GB
1078円
200Kbps 6GB/3日
BIGLOBEモバイル 3GB
1122円
200Kbps 6GB/3日
イオンモバイル 4GB
1078円
200Kbps 366MB/日(低速)
LINEモバイル 3GB
1078円
200Kbps 記載見つからず
IIJIMO 3GB
990円
200Kbps 366MB/日(低速)
ロケットモバイル 3GB
924円
200Kbps 500MB/3日(高速)
nuro mobile 2GB
858円
32Kbps? 記載見つからず

高速容量については、各社ほぼ横並びの状況だが、低速モードの扱いはだいぶ異なる。

イオン、IIJIMO、ロケモバ、nuroは制限が厳しい。結局使えそうなのは、マイネオ、UQ、BIGLOBE、LINE、この4社だけ。BIGLOBEは若干高く、エンタメフリーオプションも良く見るとクッソしょぼいから没(この会社は、NEC資本抜けてからイマイチすぎ。てか、現在は実質auのサブブランド)。

残ったのは3社(UQは使ってるから実質2社)だが・・・

LINEモバイルのSNSフリーオプションはハマる人にはハマるかもしれないけど、チョット何か違う・・・というより、通信最適化しまくってるツイッターなどがカウント無しになっても、たいして意味が無いと思うけどな・・・てことで、除外。

結局、マイネオしか選択肢が無かった

マイネオは、低速500kbps化オプション開始(2020/3)したのが最大のポイント(385円月 3GBプランだと総額1375円/月)。というか、コレが本命、一応他のプランも比較してみたけど、一択だったね・・・的な話。

このオプション、完全に、UQ mobileのデータ無制限プランを潰しに来ている・・・さすが、関西電力。やはり、格安SIMは別会社がやらなきゃダメだよねぇ・・・

さておき、UQのデータ無制限プランは、1000Kbps/1500円以下になってくれねーかなー・・・と思うけど・・・auのサブブランド化されちゃった今となっては、もう無いだろうなぁ・・・

楽天UN-LIMITが絶妙にしっくりこない地方民

ここで忘れちゃいけない楽天と、ソレ対抗の各社通話付きプラン。一応調査してみた。

けど・・・、2社だけ突出してる・・・

au回線の通話付きSIMのプラン

高速容量
と月額
低速時
の制限
総量規制
UQ mobile Rプラン 10GB
3278円
1000Kbps 6GB/3日
楽天 U-Lのau部分 5GB
3278円
1000Kbps 10GB/日?

第4のキャリア、楽天。ついにサービス開始・・・したけど、自社回線は大都市のみ。しかも、データ専用プランは無し

また、この楽天の料金には「かけ放題」が含まれているが、UQ mobileは含まれていない(+1870円)。ただし、楽天の無料通話はアプリであり、UQ mobileはVoLTE(なはず)。

一長一短あり、チョット見ただけでは何だか解らない・・・ただ、少なくとも今回のように、au回線のデータ通信部分だけを見れば、UQ mobileの方が明らかに得。

現状、無制限の楽天エリアを地方民が利用するのは不可能だから。

そのせいなのか、ナント楽天は1年間無料という、これまたものすごいキャンペーンを展開してる。

でもコレ、通話付きプランなんだよね・・・本人確認書類が必要になる・・・てことは、無料期間だけで解約しちゃうと、ヒストリーは確実に残るわけで・・・

俺のようなクッソド田舎民の住んでるエリアまで、1年ごときで楽天回線が来るのかと言われたら、疑問しかない。1年後に解約確実な状況で、あえて申し込むのも、何だかなぁ・・・という感じ。

せめて大宮のド郊外在住くらいだったら、即契約してたんだけどなぁ・・・若しくは、データ通信だけの無制限プランが、同じ条件で1980円だったらねぇ・・・

個人的に通話品質は、本家auVoLTEが最強論者なので・・・(特に高層ビル内最強説を支持)。

結論 マイネオ+500Kbpsオプションで様子見

こりゃ、マイネオだな・・・てことで、マイネオに申し込み。

楽天はそのうち、旧MVNO時代からの利用者向け措置があるでしょ・・・多少強引にでもやらないと、DMMモバイルやフリーテル買収した意味無いし。

楽天は、せめて北関東平野部全域カバーするくらいになってくれないとド田舎民には厳しい

更に言えば、本人確認不要なデータSIMだけ契約したいというのが、au品質最強説支持者である俺の本音。

 

マイネオ契約後の記事へ・・・つづく(予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA