2017九州バイクツーリング 4日目 天山から武雄

2017九州バイクツーリングの記録
4日目 日曜日 晴れ
佐賀県友人宅 泊

もくじ

  • ドライブイン一平でカツカレー
  • 天山をツーリング
  • 厳木ダムキャンプ場を調査
  • 多久をツーリング
  • 武雄温泉元湯に浸かる
  • 武雄市図書館へ行ってみた

tenzan天山

・・・午前中はダチの子供と遊ぶ・・・。子供のテンションとエネルギーは、やっぱりスゴイ・・・がすぐ寝た・・・流石子供だ。超自由。

ドライブイン一平でカツカレー

昼食はこれまた地元民推奨の食堂、小城にあるドライブイン一平へ向かう。

カツカレーがアツいらしい。早速注文。900円くらいだったと思う・・・待ちは10分弱くらい。

・・・きた、ドデカ盛り、1キロ以上ありそう。ドデカいカツが大盛ご飯(並を注文)の上に乗っている、更にその上からカレーじゃぶじゃぶ。横には野菜付。

食う・・・旨い。この店はスゴイ。デカ盛り店だと、味が微妙になる傾向があるけど、ココは違う。カレーもウマいし、衣サクサクだし、肉も味がある。米もウマい。

スバラシイ店だ。近所に有ったら間違いなく通う。なんで群馬にこういう店ないんだろうなー・・・ゆで置きパスタの某店とか、ぐにょぐにょ油まみれトンカツの某店とか、無駄にライスおかわり自由の某店とか、たいして旨くないモツ煮とか、ああいうの正直イラナイんだよね・・・



天山をツーリング

バイクにガソリンを入れて、天山方面へ。

小城から県道337を登る・・・麓は1.5車線の昔ながらの旧道っぽい感じ。しかし、山に入ってからは一転、整備された道路が続く。

県道337八丁ダム周辺のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    3
道路設計良さ  3
交通量少なさ  5
展望良さ    5
コーナー大量、一部中央線にキャッツアイが入っているけど減速帯はなし。展望は極めてイイ。集落が近い割に交通量ほぼ皆無。ただし、やや短い。

八丁ダムの上流にある集落付近からは林道になる。路面は悪くないが、落ち葉が多い。県道末端まで走ると登山口と山小屋?のような建物がある。ここから先の林道が凄かった。

天山上宮駐車場から天山リゾート付近までのツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    2
道路設計良さ  3
交通量少なさ  5
展望良さ    5S
景色が最高。有明海まで一望できる。路面も悪くない。道幅はほぼ全線1.5車線以上は確保されている。

天山リゾート手前で左折し、県道37に下りて厳木ダム方面へ進む。

厳木ダムキャンプ場を調査

ダム湖畔に無料キャンプ場があるようなので見に行ってみた。

日曜日のためか、グループが占領しており撤収作業の最中・・・無視して一周・・・

駐車場位置が遠くて微妙(みんな路駐してたが)だけど、ソロツーリング中継用としては十分だと思う。しかし、見た目も実情もまんま総合運動公園。土日はファミリーや団体が占領している可能性が極めて高いだろう。平日限定かな。と、そんな雰囲気だった。

多久をツーリング

ダムから牧瀬IC付近まで山を下り、多久市街地を迂回するように県道322を進むと・・・

県道322のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    2
道路設計良さ  2
交通量少なさ  5
展望良さ    5
断続的に民家があるけど、素晴らしい景色と小型バイク向けコーナーが連続する。交通量も少なくて◎。このあたりの3ケタ県道はみんなこんな感じだから、佐賀西部はバイクツーリングにとても適していると思う。

武雄温泉元湯に浸かる

県道24を走り、武雄温泉へ・・・

県道24はフツーの主要地方道。やや混雑ぎみ。

駅に到着。とりあえず駅横の高架下にある駐輪場へバイクをとめる。駅南側にはガッツリと新幹線用の用地が確保されていた・・・徒歩で駅構内へ・・・観光パンプレットを入手。

位置と入浴料を確認してから、バイクで温泉街へ向かう。

いかにもな温泉街を進むと・・・デカイ門が現れた。武雄温泉楼門と言うらしい。このエリアに公衆浴場が集中しているようだ。楼門右手にある駐車場入り口には満車表示が出ていた。しかし、バイクは別途専用駐輪場があって(楼門裏手)そこに止められる(無料)とのこと。

ド派手な新館、銭湯風の鷲乃湯、昔ながらの建造物の元湯。選んで入るスタイルらしい。

・・・元湯を選択。券売機で入浴券を購入(400円)。受付のオバちゃんに券を渡して入場。

休憩用ベンチが並んだ通路奥に進むと男湯入り口があった。ロッカーは100円返却式。脱衣所から階段を降りると湯船が2つ。じゃばじゃば溢れまくり。数人しかいない。日曜なのにガラガラ。洗い場にはソープとシャンプーも設置。浴槽は「超アツ」と「アツ」しかない。元湯的には「アツ」と「ヌル」らしいが、通常の感覚では「ヌル」でもアツい(アツは45度)。

体を流してから早速、アツい方に入ってみる・・・無色無臭の湯はヌルスベ系でイイ~・・・湯あたり感が素晴らしすぎる。湯船に浸かって上を見ると・・・純和風木造建築の天井空間が広がる。

・・・おあ~ココすごすぎる~・・・計算された淡い採光と格子のコントラストは間違いなく重要文化財レベル・・・いや、国宝でもイイ。

・・・やべぇーよコレ。風情アリスギ・・・俺が入った事のある内湯のみの温泉では、歴代トップ確定。

俺的にコレに張り合えるのは、(毛色が異なり別の意味で)口永良部島寝待温泉か屈斜路湖和琴温泉共同浴場くらいだろう・・・こんなの近所にあったら家に風呂を作らないね・・・この風呂は、日本国の宝。

武雄市図書館へ行ってみた

武雄に来たからには今話題?の、ツタヤがやってるオサレ図書館に行かねばなるまい・・・武雄温泉街から3分くらいで到着。ゆめタウンにバイクをとめて図書館へ。

メチャ綺麗&無料展示スペースもあり。雰囲気は博物館。もはや図書館ではない。蔵書はかなり多く見えた。群馬県立図書館より多いかもしれない。でもぱっと見、実用書より小説が多めな気がする。

ココで休憩しようと思ったけど、静かすぎて逆に落ち着かない・・・ゆめタウンいこ・・・

フードコートで王将(大阪)の餃子食べながら休憩・・・うーん、王将ってこんなにマズかったかなぁ・・・

休憩後、県道36-国道207-国道34経由にて佐賀に帰還・・・江北町からけっこう遠いんだよなぁ・・・佐賀市。

本日の支出
食事 1600円
風呂 400円
ガソリン 500円

合計 約2500円

総合計 約37000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA