田島弥平旧宅に行ってみた

群馬には地味な世界遺産がある、県民としては行っておかねばなるまい。

てことで行ってみた。おそらくは、日本で最も地味かつ、基本無料な世界遺産、田島弥平旧宅へ。

もくじ

  • 地味な世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」
  • 伊勢崎市境島村へ
  • 田島弥平旧宅案内所
  • 田島弥平旧宅
  • まとめ

地味な世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」

群馬には地味(あくまで俺の主観)な表題の世界遺産がある。何が地味かと言えば、価値がヒジョーに解りづらいから。

そもそも文化遺産という時点で解りづらい。おまけに外人を呼んで作った工場というのも、日本建築の寺院などに比べると、一見価値が低いような気がする(あくまで気がするだけ)。

また、場所が離れまくっているから、寄せ集めて強引に申請したっぽさを完全に否定できないところもイタイ。なお、田島弥平旧宅から富岡製糸場までは約32km、荒船風穴までは約54kmも離れている。一般道だと走行距離は最大で70kmにもなる。

富士山基準で考えてみると、富士宮市役所から富士吉田市役所が直線距離で34km、西回り一般道で約50kmにすぎない。70kmは明らかに遠すぎる(しかも市街地)。

上記理由から、俺はこの世界遺産に対し懐疑的であった。

しかし、今回訪問した結果、以下のような見解を得た。

少なくとも現状、田島弥平旧宅の価値は微妙だが、保存することに価値があるんじゃないか。と。

あと、渋沢栄一はスゲー。

※あくまで俺の見解である。文化遺産は不動産などではなく「文化」自体、そこに住む人々が居ることによって価値が継続及びアップするものなのだと思う。

伊勢崎市境島村へ

利根川の橋を渡り、埼玉の中にある群馬へ向かう。

境島村地区は利根川によって北部と南部に分断されており、南部は埼玉からのアクセスのみ可能(ただし無料渡し船有)。従って埼玉の中に飛び地のようになっている(妻沼小島地区と逆のパターン)。

まずは上武大橋へ。この橋は1934年建設の戦前規格の橋であり、大型車離合困難のためか交通量は極めて少ない。というより、この橋自体が既にけっこうな遺産のような気がする(現在新橋建設中)。

橋を渡り群馬から埼玉に入ってすぐ右折すると、地名表示がすぐ群馬県に戻る。このあたりは古い建物が多く、異質な感じ。

世界遺産への案内看板は小さく見づらい。観光地にする気があまりないことを容易に読み取れる。5分くらいバイクで走り、適当にそれっぽいところで右折。

道は狭い。土手が公園のようになっていた。土木工事業者の人と警備っぽいジイサンがいたが他に観光客一切ナシ

看板によると隣の小学校の先に案内所があるもよう。そちらへ向かってみた。

・・・更に道が狭い。観光地として整備する気は全くないらしい。これは高評価だ(規格通りの観光地は超つまんねーから)。

田島弥平旧宅案内所

案内所は小学校の隣というか、同じ敷地にあった。

どう見ても小学校の教員用駐車場にしか見えない駐車場に入ると、これまた、どう見ても公民館にしか見えない建物がある。これが、案内所らしい。

人の気配はない。平日とは言え観光客ゼロの世界遺産はここだけかもしれない。

公民館、ではなく案内所の網戸を開けるとおっちゃん出てきた。人がいたらしい。宿帳みたいなの書いて入って、とおっちゃんは言う。

そして、おっちゃんが手動で紹介ビデオを流し始めた。いや、まぁビデオはどうでもいいんだけど。ビデオは流し聞きしながら館内の展示物を見る。

・・・昔ばーちゃんちのバラックに落ちてた繭が着いた仕切り板みたいなやつが展示されていた。

パネルの説明を読む、説明書きにある木版印刷の原板が下に置いてあったり、100年前の顕微鏡があったりと、無料で規模が極小の割には地味だがまとまっていて、展示クオリティは意外に高い。

しかも、おっちゃんが色々と説明してくれる。誰もいないから好きなように聞き放題である。

いやー、ここすごいな。観光地感ゼロだ。金を取る気もゼロ。田舎の図書館テイスト。近所のおっちゃんとチャーしばきながら話す感じで説明してくれるあたりがナイス。(当たり前だが茶は出ない)

んで、話した結果、解ったことがある。

俺は田島弥平の事を勘違いしていたらしい。彼は絹を取るためにカイコを育てていたのではなかった。

カイコそのものを売っていたのだ。しかも、渋沢栄一と三井財閥がバックについていたもよう。明治初期に個人で金を借りて、イタリアに直売しに行っちゃうとか、スゲー気合だ。

そして直売をやりだした理由が、売価を釣り上げるため在庫調整(廃棄)する横浜の商人にムカついたから、というのもナイス。田島弥平、アツい漢である。

田島弥平旧宅へ

まず、最初に言っておく。田島弥平旧宅に直接行くのは止めた方が良い。

一見ではなく、リアルに単なる民家であり、人が住んでいるから生活感がハンパなく、とても入れる雰囲気ではない。

しかも案内看板がほとんどないため、案内所で話を聞かないと、どこに駐車したらよいか、どこまで人の家(入って良いのか)か、等全くわからない。

ちなみにバイクと自転車は門前に止めてOKとのこと。クルマは駐車以前に集落への進入禁止。土手の公園か公民館案内所に止めること。

今回は、庭にある桑場に入れるらしい。そこに入ってみた。

・・・これは・・・単なる田舎のバラックですな。稲わら積んだ軽トラがとめてありそうな雰囲気の中、古い農機具などが置いてある。実に地味。ここには団体がいたので一周サラっと見て終了。

まとめ

俺は確信した。これが正しい世界遺産だと。地元民の保存に対する姿勢が大事なのである、地元愛である。

やはり、世界遺産は体験(鑑賞)に原則、金を取ってはいかんと思う。絶対に後世に残すべきという確固たる普遍の価値があって、保存活動を実際に行う人が居るのであれば、維持管理は全て税金で賄うべきなんである。

そしていつでも誰にでも無料で見せるべきだ。

異論はあるかもしれないが、税金の投入に異議が出るようなものには、そもそも世界遺産の資格なんて無いのである。

また、観光客が増えた(増やす)からといって、自然の中に大駐車場や巨大木道を作ったりするような、某世界自然遺産に対する地元住民の姿勢はとても疑問である。

そんな事をするなら初めから入場規制をすればいいではないか。

自然遺産を見るために、ごく一部の自然をぶっ壊して大駐車場を作りました!ドヤァー

ってゆーのは、

世界平和のためにごく一部の戦争犯罪者をぶっ殺して民主政権を作りました!ドヤァー

って言ってるのと大差ないと思うのである。

ここは、住んでる人が熱心に保存活動をしていると感じられる。活動には金がかかるはずだが、観光的な手段での金を取る方向にはしていない。これはエライ。

と言いつつも・・・まー、補助金は出てるのだろうけど。

しかしながら、観光客へのサービスは最小限にとどめ、保存活動を行っている彼らには多少の税金を投入してもいいんじゃないかな、と思った今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA