小野上温泉さちのゆへ行ってみた

暑すぎず寒すぎず、温泉ツーリングの季節到来
小野上温泉さちのゆへ行ってみたメモ
・・・本当は根古屋城温泉に行くはずだったけど、現地に行ったらやってない事が判明。仕方なく変更。
 
もくじ
渋川エリアの温泉のまとめ
根古屋城温泉へ
小野上温泉さちのゆへ(まとめ)
 

 

渋川エリアの温泉のまとめ

渋川には温泉が大量にある。このエリアの日帰り温泉施設についてまとめてみよう。他の群馬県自治体と同じく、渋川市も合併しまくっているため、一言に渋川と言っても広い。独断と偏見により勝手に分類すると以下のようなエリアがある(バイクでのアクセスを考慮した)。
 

赤城エリア

旧赤城村と旧北橘村の利根川河岸段丘の上にあるエリア。赤城ICが近い。
知る限りでは2016年現在、日帰り可能な温泉はないと思う。数年前まで天地の湯という、怪しい半会員制の温泉があったのだが潰れた。
ここには一回入ったことがある。入浴料が600円と高かったこと、展望も泉質もイマイチ(ばんどうの湯比)かつ狭かった。なぜか横浜の会社が運営していて、とてつもなくアヤシイ、ブドウ原木オーナー商法のヨイショパンフが置いてあったことを覚えている。何より従業員のやる気が全く感じられなかった。二度とこねーなー、と思っているうちに無くなってしまった。
至近には旧富士見村の温泉がある。
 

渋川エリア

渋川伊香保IC周辺。旧北橘村の利根川沿いと渋川市南部のエリア。
ばんどうの湯、スカイテルメがある。
至近によしおか温泉、湯の道利休、しんとう温泉、群馬温泉がある。
よしおか温泉は露天上部に道路があってリラックスには程遠くコンセプトがよく解らん系。しんとう温泉は行ったはずだが記憶にない。群馬温泉(群馬県ではなく群馬町の温泉の意)は近くにある利休に比べて、かなりショボイ割に料金が高い。スカイテルメは行った事無い・・・と思う。
ばんどうの湯と利休の費用対効果が圧倒的に高すぎて、どちらかに行ってしまう事が多いエリア。特にばんどうの湯は、関東トップレベル(オレ基準)の良施設。展望最強、泉質良好、設備綺麗、湯船は大きく、小さいながらもサウナと水風呂付きなのに300円。こんな値段は他地域で見たことがない。もし、湯楽の里日立店の泉質が温泉かつ利用料半額になったりとか、斜里のウナベツ温泉や、口永良部の寝待温泉がココと同等レベルの設備になって、利用料金300円以下なら越えることができるかもしれない。まーしかし、そんな事はあり得ないだろう。
 

伊香保エリア

旧伊香保町の範囲。メジャーな温泉街。温泉の数は詳しくはわからない。
手軽な日帰り温泉の中で有名どころは、伊香保グランドホテル、石段、伊香保露天あたり。安くて空いていて源泉ガンガン流しまくりなのに濃い、石段に行くことが多い(値上げしてから数年ほど行ってないけど)。
ホテルは金太夫、とどろき、栄泉閣、ひびき野に泊まったことがある。金太夫の屋上露天風呂は狭いけど良かった。ひびき野は近代的で綺麗だが、黄金の湯の浴槽は薄い気がするし展望が良くない。なお、プラチナの湯は、ぶっちゃけ伊香保まで来て入る価値は全く無いと思う、入らなくてよろしい。
あとは、榛名山頂付近にも温泉があるけど、あそこは旧伊香保町(現渋川市)ではなく、旧榛名町(現高崎市)だし、距離もけっこうあるから俺基準では渋川エリアからは除外(渋川駅から榛名湖より、前橋駅の方がかなり近いし)。
 

子持エリア

子持山南麓と利根川と吾妻川が合流するあたり一帯。渋川では最も奥地にあるエリア。
小野上温泉、金島温泉、白井温泉、敷島温泉(ユートピア赤城と赤城の湯)とけっこう多い。
至近に根古屋城温泉センター(住所は東吾妻町だけど、小野上温泉よりだいぶ渋川市街地に近い)がある。
ユートピア赤城(微妙だったと記憶)以外に行ったことはない。なぜなら、手前に良質の温泉がありすぎてとても行きにくいから。展望を求めるときは、ばんどうの湯へ。設備を求めるときは利休へ。泉質を求めるときは石段又は前橋のゆーゆへ。それぞれ行ってしまう。これら誘惑を振り切って渋川市街地を横断するのは前橋以南の住人にとっては容易ではない。
 
 



根古屋城温泉へ向かう

渋川市街地から県道35号線(通称日陰道)を中之条方面へ進み、建設中のバイパスと交差したあたりで右へ。奥に入ったところに根古屋城温泉はあった・・・・が「当分の間土日のみ営業します」・・・という看板。
やっていないものはしょーがない。金島温泉か、小野上温泉だなー。
ということで、小野上温泉に行先変更。少し中之条方面に走ったところにある橋を渡り国道353号へ。相変わらずこの道路は交通量が多い。奥にある採石場のせいなのかダンプが多い。渋川-中之条区間の国道353はバイクでは通らない方が無難だ。
吾妻線と交差する部分にある交差点で左折する。ここを通る時には毎回思うんだけど、この交差点て、信号はあるものの見通し悪いし右折レーン設置できないし、なんでこういう構造にしちゃったのだろうか。デカイ運動公園があって、特に土地が無いというわけでもなさそうだし。謎。
 
 

小野上温泉さちのゆへ

駐車場は巨大。外に足湯あり。中に入ると物品販売だらけ。商売っ気が強すぎてイキナリ萎える。
結論から言うとビミョー。インプレは以下の通り。
利用料は2時間410円。靴箱の鍵と館内クレジット機能付きバンドを交換して後払いするタイプ、僻地では珍しい。ロッカーは100円返却式。脱衣所、休憩室はかなり広い。ここら辺でこれより広いのは利休くらいだろう。しかし肝心の風呂は内湯2露天1サウナ1水風呂1と広さは並。ジェットバスや、打たせ湯など凝った風呂は無い。洗い場は多め。露天は壁が高すぎて展望ゼロ。上空に電柱があり雰囲気もゼロ。泉質は何の特長もなし、ほとんどただの湯、言われなければ温泉とわからないレベル。風呂あがりの温まりも極めて弱い。
という感じで極めてビミョー。
まぁ利用料安いし休憩室は広いから、決して悪くは無い。が、特長がない。同じ条件の施設が東京都心近郊にあったら大混雑必至だと思うけど、都心から高速使って2時間くらいかかる群馬の山中なんだよねココ・・・。東京都心近郊にある、スーパー銭湯湯処葛西とか、大谷田温泉明神の湯とか、おふろの王様大井町店とか、港北の湯とか、上星川の満天の湯とか、そういう所よりは良いかなー・・・と。
けど、埼玉の清河寺温泉とか、見沼温泉あたりの郊外型のスーパー銭湯風温泉と比べちゃうと、対等かやや負けるくらい。もし板橋のさやの湯処の隣に、これと同じ施設があったらどうなのかな、と。値段差に悩んだ挙句、さやの湯に入ってしまうような気がする。
群馬の他地域にある、ゆーゆ、ゆまーる、利休などのスーパー銭湯風温泉なのに泉質が良いところと比べてしまったら完全に勝ち目がないのは明らか。
温泉密集エリアのまっただ中にあって、この施設は正直かなり厳しい。空いているかと言えば決してそうでもないし(あの辺の自治体には地元民専用優待があるからと予想)、2時間制限のせいで休憩目的に利用しづらい点などが特にイタイところだろう。
俺がこの施設で一番謎だと思ったことは、なぜ駐車場を川側に、施設を山側に作ったのか?ということ。逆の川側に施設を建築すれば、露天風呂の塀をあんなに高くする必要もなかったと思うんだけど・・・。建築当初は露天風呂を作る予定が無かったのかもしれない。
ということで、小野上温泉さちのゆは、マジで微妙な施設だった。ここをツーリングの目的にすることは無いかなー、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA