2016北海道バイクツーリング 1日目 新潟港

2016北海道バイクツーリングの記録
1日目 新日本海フェリー らいらっくツーリストB 泊
 
もくじ
北海道へ 群馬から新潟港まで
新日本海フェリーらいらっく
 


 



北海道へ 群馬から新潟港まで

道の駅南魚沼まで

新潟港を朝10時30分に出港するフェリーに乗るため、深夜0時ころ群馬を出発。路面はハーフウェット。深夜の国道17号(群馬県内)はトラックの交通量が多くてダルイ・・・・ということで高山村経由にて三国峠へ向かう。
県道36号線はいつも通りガラガラだったものの、三国峠付近はハーフウェット+荷物満載だとキビシイ(マンホールが)。国道17号を延々進む・・・・・2時間半ほど走り、道の駅南魚沼に到着。この道の駅は、深夜も利用できるベンチが多くてナイス・・・てか、バイク置いて寝てる人がいた・・・。
 

道の駅小千谷まで

深夜の国道17号(新潟県内)は超スピードでぶっ飛ばすトラックと、その飛沫が厳しい。県道76号線経由で十日町市へ向かうことに(道なりに進むと十日町側は県道334号線)。この道路は魚沼側だけ峠っぽくなっていて、十日町側はほとんど直線だから国道353より遥かに走りやすい。
十日町市側に下りたら、土市駅付近の国道手前を左折。適当に進んで県道285の橋入り口の信号手前までショートカット。川を渡り県道49号を右折。2㎞ほど走ったところにある案内版、「大地の芸術祭 国道253キナーレ」方面に右折。このあたりで燃料ランプが点灯。ガソリンスタンドなんて有るワケないから、突き進む。
田んぼ道をフィーリングでバンバン進む。このルートはやや狭いけどバイクなら快適だった。しかし、それも下条駅の対岸付近まで。そこから国道の合流地点までは市街地が多い。市街地区間の距離は8キロも無いと思うから夜なら問題ないだろう、昼は不明・・・。
関越手前で国道117号線に合流すると・・・・超スピードのトラック登場。・・・先に行っていただく・・・相変わらずヤケクソだなー・・・路面ハーフウェットですよ・・・。
関越下のトンネルを抜けた直後の農道を右折。農道をフィーリングで進む。この農道にある信濃川の橋を渡り国道17号へ合流する。合流後すぐにある道の駅小千谷で休憩。
魚沼から1時間弱くらい。この道の駅は深夜に使える休憩場所が少なくイマイチ。
 

セブンイレブン加茂新田店まで

小千谷-長岡-見附-三条区間は連続大規模バイパスが有るからすんごい楽。燃料がヤバイけど、深夜営業のガソリンスタンドは希少。グーグル先生に相談。直近の道沿いだと、越後滝谷駅と宮内駅の間にあるコスモしかないようだ。逆側だが仕方なくここで給油。トリッカーは深夜に山間部を走るとスタンドが少なく厳しい・・・。
給油後バイパスを快走。燕三条IC入り口の交差点に到着。この先の国道8号経由だと、新潟市街地まで約20㎞。片側1車線ハミ禁の古い規格の道路が延々続く。従って通りたくない。
三条市街地方面へ右折。信濃川右岸の県道1号を走る。県道1号は、国道より圧倒的に信号が少ない。道幅がやや狭いためか大型トラックがほぼ居ないのも◎。
県道を7キロほど走りセブンイレブンに到着。小千谷から1時間くらい。休憩していると、空が白み始めた・・・。新潟マジ遠いなー・・・。
 

新潟市街地 竹尾ICまで

コンビニから畑の真ん中にある国道403号バイパスへ。ここは交通量皆無。追い越し可。道幅は広い・・・うーむ必要なのか、この道路・・・・快適だからいいけど。途中の田上駅付近が未完成になっているため一旦旧道に戻る。
鎌倉新田交差点から再びバイパスへ。バンバン進み、そのまま国道49号へ合流。ここからは連続立体交差になっていて、ほぼ高速道路状態。・・・フツーに100で流れていた・・・困るんだよねー・・・MAX90しか出ねーんだよこのバイク・・・。
通勤車両にバンバン抜かれ、新潟パイパスとの交点のIC?に到着。新発田方面へ右折し(右折は平面交差信号無しというヤケクソ構造)次の竹尾IC交差点にあるマクドナルドへ。
 

出港時間まで時間調整

朝マックの五輪応援セットだか何だかを頼んでみた・・・うーん、味つけがヒドイなコレ。毎回思うんだけど、こんなのアスリートが食うの? そもそも、朝マックのコンセプトって何なんだろ。だいぶブレてる気がする。まぁ当分マックには行かないからどうでもいいか。いくら何でもマズすぎるよコレ・・・。
休憩後、県道4号を市街地方面に進み原信錦町店へ。ここは24時間営業でスバラシイ・・・けど、品ぞろえ悪いなココ・・・。
適当に買い出ししてフェリー乗り場へ。バイク待機場は知ってるからスムーズに場内移動完了(案内人アリ)。椅子に座って寝た・・・・・・・はっ、と起きたら受付が始まって(ほとんど終わって)いた。予約番号言って受付終了。バイク待機場に行くと一台も居なかったバイクが30台くらいに。大人気というか、意外に暇人多いんだなー、というのが正直な感想。
 
 

新日本海フェリーらいらっく

乗船

定刻30分前くらいに乗船。この便(小樽行き)はバイク先乗船、クルマ後乗船のようだ。バイクの場合は、早めに待機場(スロープ横)へ行った方が良さげ。
 

船内設備

船内は苫小牧便と似ているが、こちらは甲板がかなり狭い。いや狭すぎる。何かあった時に全員避難できるのか不安なほど狭い。一番上の階層に上がれないし、スイートの展望を重視したせいか、各階層から外周にアクセスできず、3階が前方、4階が後方と短く分割されている。
特に感じた点は、新日本海フェリー的に「プロムナード」と呼んでいる部分(外窓に面してソファが置いてある共用スペース)が左舷にしかない。また、最後尾部分へのアクセスルートが少ない。内部通路はレストラン経由一本のみ。そして最後尾にしかまとまった展望フリースペースが無い。しかも、テーブルにジンギスカン用の設備が着いている。ビアガーデンが営業している関係上、持ち込みで居座りづらい。要するにフリースペースは中央とプロムナードのみと考えた方がいい。
風呂は広く、サウナも着いてるし良いかも・・・と思ったが、サウナは床面の温度が低く、高さによる温度差が激しい。コレをサウナと言って良いのか際どいところ。正直微妙。
売店は、苫小牧航路とほぼ同じだと思う。自動販売機は17アイス、首都高とかに有るレンチンのアレ、飲料2+酒2(夜間販売停止)と貧弱。価格は標準(基本130と160設定)。またしてもカップヌードルの自動販売機が無い。これがイタイ。オーシャン東九と東海汽船には着いているのに、なぜ新日本海は導入しないのだろうか。日清と仲悪いのだろうか?
ざっくりまとめると、小樽航路の船舶は苫小牧航路の船舶よりも売店と食堂がやや充実していて、トラック輸送よりクルーズ観光客に寄せているようだ。俺としては、甲板と共用スペースの狭さがキツイと思う。特に共用スペースの狭さはツーリストJ(雑魚寝部屋)だと影響が大きいだろう。なお、らいらっくのツーリストBベッドにもコンセントは無かった。
 
 
この航路は、朝10時半出港というのがイタイ。9時過ぎに新潟港到着だと、通勤ラッシュに巻き込まれるためカナーリ微妙・・・たぶんもう使わない気が・・・。できれば帰りは函館から大間か青森のフェリーに乗りたいたいけど、予定は未定。
風呂入りまくって就寝。
 
1日目終了
概算費用合計 18000円
 
内訳
フェリー 15000円
メシ 2000円
ガソリン 1000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA