2016北海道バイクツーリング 12日目 オホーツク地方内陸部

2016北海道バイクツーリングの記録
12日目 曇り 日曜日
北見市留辺蘂町 おんねゆ温泉つつじ公園キャンプ場 泊

 

もくじ
サロマ湖から遠軽へ
遠軽をツーリング
留辺蘂をツーリング

 


 

サロマ湖から遠軽へ

北勝水産でホタテバーガー

あと数日、キムアネップ岬に居ようと考えてたけど・・・ココはあまりにも蚊が多い。あと不便すぎ。・・・ということで、キャンプ場変更。遠軽あたりに寄り道しながら、おんねゆ温泉つつじ公園キャンプ場に向かう。
キャンプ場から西に走るとすぐ左手にある北勝水産へ寄ってみた。ここはホタテ関連商品の直売とホタテバーガーを売りにしているみたいだ。朝飯にとビッグホタテバーガー860円を注文・・・3分ほどで来た・・・そんなにビッグじゃないなコレ・・・うーんビミョー・・・ソースと衣の味が前に出すぎ。ホタテの旨みが全てぶっ飛んでいる。ダメだコレ・・・。これじゃホタテ使う意味なくね・・・。別海町タイプ(春巻方式)のホタテバーガーの方が良いと思う。
ホタテヒモ珍味が40g280円だったので買ってみた。こちらは旨い。バーガーは今季不漁のせいで旨くなかったのだろう・・・という事にしておこう。

佐呂間町 シンデレラ夢祭り

道の駅サロマ湖を過ぎた先の信号、「富武士」で左折し佐呂間市街地方面へ。てか、完全に「武富士」だと思いこんでいたけど、よく見たら富武士(とっぷし)じゃんコレ。・・・どうでもイイけど。
佐呂間町は内陸のこちらが中心市街地。そこそこ大きな町でコンビニも数件ある。この市街地が浜の方にあればキムアネップ岬キャンプ場も使い勝手がいいんだろうけど。それは無理な話。
表題の祭りは、北海道のローカル祭りでは通例の、役場駐車場にて絶賛開催中。
・・・バイクを止めるとこが無いくらいの盛況ぶり。子供が多い。まー、タダだし自動的にそうなるわな・・・。それよりこの町に、こんなに子供が住んでいるのが驚き。意外とあまり過疎化していないのだろうか。
しかし、「シンデレラ夢祭り」ってネーミングが謎。南瓜=シンデレラという圧倒的に強引な連想ゲーム的ノリなのだろうか。だとしたら、このテキトー感たまらんね。俺は好きだなーこういう謎のノリ。
中央に鎮座する巨大カボチャ群。この祭りのメインだと思われる。その周りではフリマ的なことが行われていた。炊き出しで農協ブース?からカボチャが振る舞われていたので食べてみた・・・フツーに旨い・・・けど量が多すぎ。残すわけにもいかず、全部食べたら腹いっぱいになってしまい、他のもの買えず。商売っ気が皆無。この自治体にはイイね!ボタンを連打してあげたい。

旭野トンネルは自専

看板通りに国道333を遠軽方面へ進むと途中、突然自動車専用道路になった。なぜかトンネル区間だけ。そのまま進んでみると、他の国道トンネルと何が違うのかよく解らない・・・。ここが自転車通行禁止で増毛-石狩の連続トンネル区間や襟裳の黄金道路などが自転車OKという理屈が俺には理解できない・・・もうね、北海道は独自に道交法作ったほうがイイと思うんだよね・・・無理でしょ本州と基準を合せるのは・・・。

 

遠軽をツーリング

トリトン遠軽店

遠軽はそこそこ大きな都市だからほとんど何でも揃う。ダイソーで消耗品などを買い出し後、回転寿司トリトンへ。適当に注文。生ホタテが北見より安く290円。さんまも大量入荷していた。
しかし、北見店よりさらに握りが甘い。というより、ネタが巨大すぎてほぼ握れないのだと思う。コレさー・・・ネタ半分、価格半分にしてちゃんと握った方が良くね・・・。去年にこの店来たときは、きちんと握って出てきたと思うんだけどなぁ・・・。なんか変な方向に進んでない?トリトンさん?
とっぴー倒産の影響で北海道回転寿司業界に何か起きたのか? でも、旭川店はしっかり握ってたけどな・・・。
ということで、寿司っぽいのは旭川店、刺身っぽいのが遠軽店、中間が北見店という感じ。ただ、今回入ったトリトンの中では、遠軽店のネタがデカ安一番。お得感は最も高いと思う。

コインランドリー洗濯館へ

ついでに遠軽にあるコインランドリーも見に行ってみた。北洋銀行の斜め前あたり。中心街ど真ん中。駐車場完備。洗濯機がやや少ないものの、7.5kg洗剤自動投入型が300円。乾燥機8分100円と標準的。待合所も背もたれ付き椅子設置で好感触。ただ、店員との距離が近すぎて落ち着かない・・・。

 

留辺蘂をツーリング

国道242遠軽から留辺蘂へ

遠軽から留辺蘂へは国道242を走るだけと簡単。ひたすら南下する・・・・長いし・・・無茶苦茶つまんないよ、この区間・・・35㎞ほとんど同じ景色。意外に交通量も多いし。キツイ。道道103を通ればよかったかも。

国道39留辺蘂から温根湯へ

国道39号を大雪山方面へ進む。交通量は多め。10分弱走ると温根湯市街地に到着。市街地入り口にあるセブンイレブンの横を右折。更に右折して橋を渡り看板通りに奥に進む。と一番奥にキャンプサイトはあった(国道から約1.5㎞)。

おんねゆ温泉つつじ公園キャンプ場

半林間サイト。サイトは整備された草地で綺麗。トイレ水洗、コンビニ1.5㎞、温泉1㎞、留辺蘂市街地まで10㎞走ればスーパーやホームセンターもあるから、利便性は高いほう。しかし、駐車場が少なめ。バイクなら関係ないけどクルマは厳しいと思う。また、先日の台風の影響か、隣接するパークゴルフ場に大量の土砂が流れ込んだ形跡アリ。橋には大量の倒木が引っかかっていた。キャンプ場には被害は無さそうだったが、橋が通行不可能になると孤立してしまう危険性が高い(ホテルがあるから何とかなると思うけど)。大雨になったら泊まらない方がいいかもしれない。

塩別つるつる温泉

設営完了後、風呂へ。ツーリングマップルによると、つるつる温泉というのが大雪方面に10キロほど進むとあるようだ。10分くらいで到着。
ホテルの日帰りに入るタイプ。入浴料500円。ロッカーは貴重品のみ小型タイプ+籠。内湯2+αと露天1。ホテルだからアメニティは充実。浴室はそこそこ広いけど混雑。今回北海道で入った温泉の中で最も混んでいた。日曜日だからかもしれない。
湯はヌルスベ系でよく温まるが、つるつる温泉と名乗るほどのものでもない気が。露天は川を渡った通路の先にあり風情がありそうな感じになっている。が、なぜか風情が感じられない・・・なんだか統一感が無いんだよなココ・・・俺は湧別の温泉の方が好きかなー。
浴室に休憩用椅子が全くない点が厳しい。わざわざ来るかと言えば微妙。でも悪くは無いという感じ。

 

キャンプ場に戻り就寝

 

12日目終了。

 

本日の旅費概算
メシ 3000円
ガソリン 500円
風呂 500円
合計 約4000円
累計 64000円くらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA