今、中古パソコンを買ってはいけない その理由

最近急激に増した、デスクトップPC(パソコン)需要・・・

俺はこのジャンル、割と詳しい方だと勝手に自負してるけど、バイクやクルマ大好き属性のオッサンには疎い人が、かなり多い(ジジババとかも)。

そして、すかさずソコにつけ込むエグい業者も多い(逆に言えば、クルマに疎いヤツに12年落ちの軽を買わせる的な・・・ね)。

・・・ある日、ダチがそういった謎中古PCを買いそうだったので、ストップ。

なぜ今、中古PCを買ってはいけないのか、俺なりにまとめてみた。

もくじ

  • こうなってる背景(予想)
  • 3年以上前のPCは ほぼゴミ
  • 第7世代のi7 ≒ 第10世代のi3
  • PCは安中華でオッケーだから

 

ryomoinpc5年前の中間クラスのデスクトップPCより、去年買った格安ノートの方がスペック高いとゆー・・・

こうなってる背景(予想)

ここ最近(夏あたりから)、アヤシイ中古PC販売のチラシがポストに入っていたり、そのテのWEB広告を見る事が多い。

この理由はいくつかあると思う。

  • 政府が金を配った(持続化給付金と10万)
  • テレワーク需要
  • デジタル化推進(てかデジタル化って変じゃね?)
  • win7以降のライセンス≒win10(無償アップグレード期間?がなぜか永遠に続いている)
  • インテルCPUの牙城が崩れ在庫価値崩壊

たぶんこんな感じ。特に最後のがデカイ。

2017年にインテルのライバルであるAMDがRYZEN(CPU)を発売して、スペックが爆上がりしたせいで、再販を当て込んだ法人リース上がりの(当時)ハイスペックPCが不良在庫化。ちょっとでも詳しい人には全く売れ無いため、山のように余っており・・・ソレを必死になって処分しようとしているのではないか・・・と予想。

この「スペック」、どのくらい爆上がりしたのか?

強引にバイクで例えれば・・・

「GSX-R1000並みの運動性能を持ってる400ccのバイクが、なぜかカワサキから出ちゃった、しかも50万円台で」

みたいなインパクトである・・・

正に革命。性能2倍以上で価格半分以下(まぁ、若干言い過ぎな気もするが、SSDやグラボ等の他部品も激烈にスペックアップしてるため、トータルでみたら旧世代とのインパクトはそのくらいあるのかな、と)。

バイク業界では50~100年かかる話だが、PC業界では1年~数年で達成する。てか何年かに一度、周期的に起きる(前回はSandyBridgeだと記憶)。その更新サイクルが。ここ2、3年にあった。

つまり・・・



3年以上前のPCは ほぼゴミ

原則、買ってはいけない。前述のとおり、割高すぎるから・・・

でも、この前チラ見したチラシ、3年前どころか、8年前の第3世代インテルCPU搭載PCに型落ちグラボと型落ちSSD付けて5万円以上で売りさばこうとしてたからね・・・とにかく「Core i7」「Core i7」を連呼して・・・

オイオイ、そりゃねーだろ・・・この業者マジえぐいなー・・・って思った俺。

第3世代のCore i7なんて今やゴミだよ・・・まぁサブのサブくらいなら、あと半年くらい使えるかもしれないが・・・もう、RYZENの4世代出る(もう出た)べ?

これさー、クルマで例えたら、初代ワゴンRを30万とかで買うようなもんじゃね?・・・いくらなんでも今更、買う? エンジンF6Aのやつだよ?

買わない方が良いと思うなぁ・・・

話を戻すと、インテル Corei7シリーズの世代間の主要スペックを比較すると、こうなる・・・

(俺調べ)

モデル名 Core数/Thred数 通常(Ghz) ターボ(最大値Ghz) 内蔵キャッシュ(MB) 発売年度
Core i7-3770 4C8T 3.4 3.9 8 2012
Core i7-4770 4C8T 3.4 3.9 8 2013
Core i7-6700 4C8T 3.4 4.0 8 2015
Core i7-7700 4C8T 3.6 4.2 8 2016
Core i7-8700 6C12T 3.2 4.6 12 2017
Core i7-9700 8C8T 3.0 4.7 12 2019
参考 第10世代のi3
Core i3-10300 4C8T 3.7 4.4 8 2020
Core i3-10100 4C8T 3.6 4.3 6 2020

※頭の数字が世代を表す。例 3770→3世代、4770→4世代。

クルマやバイクで強引に例えると、Core数/Thred数がシリンダー数、Ghz(動作周波数)が回転数、キャッシュが足回りにどんだけ金かけたか、みたいな関係性がある。

世代間で改良が加えられているため、同じスペックでも処理速度は後発の方が速い。ただし、3~9世代のスペックアップ幅はショボく、基本性能は1.5倍くらいにしかなっていない(2017年にAMDがRYZENの8コアを超安でブッ込んできたためガチバトルに突入、コア数増やして泥沼化)。また、ターボ値はあまり参考にならない(常に全開したら壊れる、クルマとガチ一緒)。

第7世代のi7 ≒ 第10世代のi3

注目すべきは、この2つの世代。たった数年で、エントリーモデルがハイエンドのスペックを追い越してしまった。

実際に、i7-7700 vs i3-10100 の処理性能はやや同じどころか、i3-10100 の方が若干上回っている模様(ネット上に転がってるデータを見た限りでは)。

更に言えば、過去のモデルは Spectre&Meltdown 問題もあるから・・・マジで中古なんて買う意味無いって・・・

PCは安中華でオッケーだから

クルマやバイクの中華パーツの質は微妙だが、PCの中華パーツは「割と」質が高い(てかイマドキ、中華部品を使ってないPCなど、ほぼ無い)。

参考までに、俺が最近お気に入りの中華、Lenovo(てかまぁ中華だけど、旧IBM、旧NEC、旧富士通のPC部門は現在Lenovo傘下なわけで)。

これの Core i3-10100 搭載モデル

さっき見た時点で、5万切ってるから・・・

参考 これ Lenovo IdeaCentre 550i(公式) のi3モデル

型番 90NA0030JPのスペックは・・・

  • CPU Core i3-10100
  • メモリ  DDR4 8GB
  • HDD 1TB
  • DVDスーパーマルチ(フロントの黒い部分がDVDに変わる模様)

これ買って、SSD増設して(スペック表によればM.2 2280スロット付いてる)、ソッコーOS入れ直せばオッケーっしょ。

参考 ↓
Transcend PCIe M.2 SSD (2280) 128GB NVMe(amazon)

液晶ディスプレイはさすがにもう、みんな持ってるだろうし・・・買うにしたって30インチの2Kですらメチャ安くなってるから。

参考 ↓
Acer  31.5インチ(amazon

ただし、他社製品を勝手に組み合わせた場合、動く保証はない(俺は99%可能だと思うが自己責任)。まぁでも、128GBのSSD(NVMe)なんて、もはや中華タイヤ以下の値段だから・・・ダメ元でギャンブル上等レベル(繰り返すが、ほぼ動く。中華産のバイク外装パーツが無加工で付く確率より遥かに高いだろう)。

OSインストールもイマドキ、USBメモリ用意(Win10はマイクロソフト公式からDL可能)すれば、ほぼオートだし・・・操作するとこ10回も無かったはず(verで変わるため、説明不可能)。

・・・まぁしかし、そういうのすらサッパリワカラン人が、謎中古PC業者に狙われるんだろうけどね・・・

かくいう俺も、ダチにはしっかりとアドバイス報酬+α(ラーメン)を請求するわけで・・・

でもこんなの、バイクのハンドル交換するより遥かに簡単だと思うんだけどねぇ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA