初北海道バイクキャンプツーリング 4日目 留萌~稚内

群馬から北海道へバイクキャンプツーリングへ行った記録

4日目 晴れ
留萌~稚内

稚内森林公園キャンプ場 泊

もくじ

  • 神居岩公園キャンプ場を出発
  • オロロンライン留萌から苫前イイ
  • とままえ温泉ふわっと けっこうイイ
  • 羽幌の海鮮丼屋北のにしん屋さん旨い
  • オロロンライン羽幌から天塩は内陸区間多い
  • オロロンライン天塩から抜海サイコー
  • 稚内森林公園キャンプ場へ
  • 回転寿司 花いちもんめへ(稚内系)
  • 稚内市街地 物価やや高め

hokkaido

神居岩公園キャンプ場を出発

早朝、チャリダー君の撤収作業で目が覚める。俺も撤収しながらチャリダー君と話す。

彼曰く

  • トンネル区間はヤバかった
  • 稚内まで2日かけて行く
  • 温泉に近い寝床をチョイスしている
  • 稚内はライハ(ライダーハウス)を考えている

とのこと

そうこうしているうちに彼は出発。砂利道を奥の方へ行ってしまった。アレ?ここ抜けられるのか?

地図を見る・・・抜けられるようだ。俺も撤収完了。出発。同じように奥の方へ。すぐダートは終わり、道道に出た。北側からアクセスする場合はこっちからのほうが圧倒的に速いだろう。

・・・入り口が解れば。

オロロンライン留萌から苫前イイ

小平町を過ぎたあたりでチャリダー君を挨拶しつつ抜かす。チャリンコけっこう速い。

この区間のツーリングルートとしてのオレ的評価は以下のとおり
道幅広さ    4
道路設計良さ  4
交通量少なさ  3
展望良さ    5
延々と左手は海、右手は低木の丘が続く。それ以外は前後なにもない。すごい景色だ。実に北海道っぽい。道幅は十分広いけど歩道が無いため評価4にしとく。交通量はけっこう多く路面が荒れている区間が断続的にあるため道路設計も4。一番の問題点は交通量。けっこう多い、特に大型が多い。フラットで走りやすいためか自転車も多い。景色は一級、ツーリングルートとしては国内最高クラスなのは間違いない。



とままえ温泉ふわっと けっこうイイ

道の駅で休憩ついでに入浴。

券売機制で510円。脱衣所にロッカーが無い。なぜか浴室入り口前に設置。そこそこの大きさで中型のバッグも入る。露天風呂は狭めだが内湯に複数の浴槽あり。サウナもあり清掃状態も良く、設備的には好印象。浴槽が多いためか特に混んでいるという印象はない。

露天風呂は茶色の鉄系? ここは焼尻島と天売島も見えて良い感じだ・・・・露天風呂に浸かっているとおっちゃんが話しかけてきた。

おっちゃん曰く

  • 札幌に住んでて車でキャンプして道内をくるくる回るのが趣味
  • 前日は黄金岬におり、常連と飲みまくり+蛇の目寿司
  • 蛇の目の21貫セットはかなり無理しているらしく単品だと5000円くらいするから超お得
  • 黄金岬には夏の間ずっと泊まっている半地元民がいる
  • 羽幌に海鮮丼屋がある
  • 初山別村の温泉のほうがいいらしい
  • 札幌の回転寿司はトリトン、絶対トリトン
  • ジンギスカンはだるま
  • 生ラムがやばいウマさ(店名忘れた)
  • 最近すすきのは観光客向けの店が多くてつまらなくなったので地元民は札幌駅周辺に行く

など。あとはたわいもない会話

おっちゃん:群馬行ったことあるよ、えっと避暑地の・・・どこだっけ?
俺:軽井沢ですか?
おっちゃん:ああそれそれ。
俺:・・・(そこは長野だょ、おっちゃん)

このおっちゃんなかなかのグルメらしくナイスな情報を他もいろいろ喋っていたが、土地勘がないため覚えきれなかった。

羽幌の海鮮丼屋北のにしん屋さん旨い

温泉を出て北上。早速、先ほどおっちゃんが言っていた(と思われる)羽幌の海鮮丼屋、北のにしん屋さんに行ってみた。

昼前だったので客は少ない。羽幌丼1200円を注文。すぐきた。カニウニイクラホタテ甘海老タコ等が入っている。マグロのづけ焼と海藻の酢の物が小皿で3皿、沢庵、甘海老の吸い物も着く。

タコがウマい。甘海老もウマい。ウニもウマい。吸い物もウマい。これで1200円はかなり安いと思う。大満足。

オロロンライン羽幌から天塩は内陸区間多い

この区間、景色は良いけど、内陸部を通る区間が多いため、やや展望は劣る。同じような道がひたすら続く・・・

天塩手前でバイクが追い付いてきた。先に行かせる・・・相模と土浦ナンバー。しばらく走っていると・・・デカイ虫がヘルメットにヒット。虫をとるため道の駅天塩に入る。

先ほどのバイクが止まっていた。どもーーチース、的な感じで関東つながりでトーク。

彼ら曰く

  • 稚内を目指しており稚内ではライハに泊まる
  • ここで友人と待ち合わせている

俺も稚内の森林公園キャンプ場で2日くらい要る予定。と伝えると、じゃーまたどっかで会うかもしれませんね、的な挨拶かわして出発。

オロロンライン天塩から抜海サイコー

そして本日のメインイベント、真の?オロロンラインへ突入。天塩から国道を逸れて海側へ向かう。

オロロンラインの天塩-抜海間のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    4
道路設計良さ  5
交通量少なさ  5S
展望良さ    5S
右の陸側は広大な原野に巨大な風車が立ち並ぶ。左の海側は延々と続く海岸線と海上に浮かぶ利尻島。そして道はひたすらに一直線。ほぼ30㎞一直線。地平線まで一直線。

すんげー・・・
なんだここ・・・
チョーキモチイー

ほぼ満点である。日本最高クラスのツーリングルートだと自信をもって断言できるだろう。バイク乗りでここを走っていない人は必ず行くべきだ。人生損しているレベルだ。思わず5段階評価なのに更に上を作ってしまった。展望が素晴らしすぎる。ここで取った写真はシベリアだとかアラスカだとか言ってもバレないだろう。本当にすごいところだ。

稚内森林公園キャンプ場へ

ノシャップ岬から稚内市内に入る。途中右折して森林公園キャンプ場へ。

けっこう山を登る・・・途中の道に展望台的なものがあり、そこから稚内を一望できるようだが、さっきの景色に比べたらどうでもイイレベルだろう。夜景なんかどこでも見れるし、本当、どうでもいいや。

キャンプ場は金曜の夜だからか、そこそこ人がいる。シカもいるしかも群れで。経験上市街地近くのキャンプ場は中央付近で深夜まで騒ぐD○Nが出没することが多いため、奥のほうに設営。

回転寿司 花いちもんめへ(稚内系)

寿司を食いに市街地へ。地元民が行きそうな店をチョイス。回転寿司 花いちもんめという店に行ってみた。ファミリーが多く明らかに地元民ご用達店の雰囲気。

ネタの種類はやや少ないが、生タコ足がウマい。とびっこがなぜか関東よりうまい。さんまが無かった。いわしはまあまぁ。もう一軒の、回転寿司 浜のほうが良かったかな? まぁタコがウマかったからいいや。

稚内市街地 物価やや高め

買い出しにホクレンショップへ。品ぞろえは豊富。稚内は日本最北端の都市だけど、物資は何不自由なく揃う感じ。ただし、ペットボトル飲料等は札幌より10%程度高いように見えた。

キャンプ場に戻って寝た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA