宿泊費ゼロで行く北海道バイクツーリング2017-21日目

2017年北海道バイクツーリングの記録
21日目 晴れ 日曜日

広尾郡大樹町 晩成温泉キャンプ場 泊

もくじ

  • 本別は交通の要衝になった模様
  • まつりや札内店へ
  • 幕別(北部)から幕別(南部)へ
  • ナウマン公園キャンプ場も満員
  • 晩成温泉キャンプ場へ
  • 湧洞沼へ
  • 晩成温泉サイコー

本別は交通の要衝になった模様

本別に連泊しようと思ってたけど・・・ヤメ。演奏会が意味不明・・・。

去年は、ものすごく静かだったんだけど・・・利用者ほぼ皆無だったはず・・・。去年居た連泊じーちゃん曰く、シーズンを外れたら第1にはほとんど人が来ないと言っていたし・・・あの人がウソ言ってたとは思えないんだよな・・・。

やっぱり道東道の開通によって微妙だった本別が一気に交通の要衝になってしまった。と考えるのが妥当か・・・。開通前は帯広-釧路間の移動に本別なんて通るはずが無いからなぁ・・・本別の国道経由は浦幌経由より30㎞も遠回りだし。

2年前の国道38は浦幌手前まで激混みだったが・・・今回、浦幌周辺の交通量が激減してたことや、キャンプ場に釧路ナンバーが目立っていたことからも、交通の流れが一気に変わったのは間違い無さそうだ。

・・・ということで、このキャンプ場は、もはや旅人ユースには向かない。来年からルートを外すことにしよう。

まつりや札内店へ

今日は大樹町手前にあるナウマン公園へ向かってみる。・・・の前にまつりや札内店へ。国道242を使って行けば簡単だけど・・・混む予感しかしない。ルートを検討しよう・・・・・・・・・・・

道道499-道道496-国道242-道道73-十勝川温泉-札内 で決定

道道499へは本別市街地南側の橋を渡って左折すればOK。すぐに出た。ひたすら真っすぐ進む・・・うーむ、道が狭い・・・本州の農道規格。景色もそれなり。交通量もそれなり。北海道感ナシ。やっぱり十勝中央部は来なくて良いかも・・・。

道なりにバンバン進み・・・道道496に出る。左折して池田方面へ。更に進むと国道に出る。国道を池田方面へ・・・激混み(釧路比)・・・全く楽しくない。

利別駅付近にある根室本線の陸橋を越える・・・直後ターン。陸橋下の道路を西へ進み、利別駅前から道道73へ。

道道73も、道幅狭め、交通量多め、でも地元民爆走・・・と、これまた全く楽しくない・・・ダメだ帯広は・・・道北、道東と走ってきたら帯広周辺の道路はイマイチすぎる。

しばらく進むと・・・エコロジーパークという謎の施設に皆さん吸い込まれていった・・・てかさー、俺を追い抜いて前を走ってたデカイSUV、こんなクルマでぶっ飛ばしてるヤツに「エコロジー」とか言ってほしくないのだが・・・何だかなぁ・・・このあたりの全てから残念なオーラが出ている・・・。

十勝川温泉を超えたところを左折。十勝川を渡る。国道38を右折して、しばらく進むと・・・市街地の手前、左手にまつりや発見。

日曜かつイベント開催中の割にはそんなに混んでいない。適当に注文・・・うーんやっぱりネタが明らかに小さい(釧路比)。サーモンなどは、どう贔屓目に見ても全く違う。これじゃダメだ・・・。



幕別(北部)から幕別(南部)へ

近くにあるフクハラで休憩。給油してから出発。幕別町は南北に恐ろしく長い。約45㎞あり、北はほぼ帯広、南はほぼ大樹町。忠類地区がなぜ幕別に留まっているのか謎。

札内から適当に南へ進む・・・根室本線に出た。線路沿いに東へ。フィーリングにて空港方面に右折。台地を登る・・・景色はまぁまぁ。これなら群馬北部の方が景色、道路共に良い。

更にフィーリングにて南へ・・・適宜右左折して進む・・・道道62を超えたあたりから北海道っぽくなってきた・・・更にフィーリングで進む・・・道道238に出る。十勝スピードウェイ方面へ進む・・・直線が長い。北海道っぽい。

ひたすら進む・・・道の駅さらべつに到着。入ってみるも・・・微妙。何だかパッとしない。商売人モードになりすぎ。無料休憩スペースも無いし、ダメだこの道の駅・・・パス。

ガンガン進む・・・国道236に出た。ここを左折して忠類方面へ。並行する高速があるから、交通量は極めて少ない・・・忠類に到着。道の駅裏にあるナウマン公園キャンプ場を目指す・・・

ナウマン公園キャンプ場も満員

ナウマン公園キャンプ場に到着・・・下側の第2はファミキャンでほぼ埋まっていた・・・ココもか・・・帯広でファミキャン流行ってるのか? もう9月10日なんだけど・・・。第1に行ってみるも、キャンパーが結構いる。おまけに食いカスなどが散らかっていて汚い。マナー悪っ・・・。ダメだここ・・・なんだか閉鎖の日が近いような気がする・・・市街地(特に帯広)に近い無料キャンプ場は、ダメっぽい。

晩成温泉キャンプ場へ

・・・ということで、目的地を変更。晩成温泉へ向かう。忠類から25㎞。海沿いで風も強いから、さすがに大量のファミキャンは居ないだろう・・・。

看板に従い進むと・・・遠回りさせられた。看板に従わず、「ナウマン象発掘の地」経由から行った方が速いことを2年ぶりに思い出す・・・。

20分ほど走行して入り口に到着。長い直線の先に大海原・・・さすが晩成温泉。ナイスロケーション。温泉横の草地がキャンプサイト。50m×100m+炊事棟脇に25m×50mとサイトは広大。ただし奥に行き過ぎると温泉が見えてしまうためNGとのこと。キャンパーは1人。

早速、受付に行き入浴券を購入。500円。キャンプ場利用を告げると、当日限定のキャンパー専用入浴券と引き換えてくれる。申請用紙に名前を書いてからサイトへ。利用料は無料。というより温泉と一体化。宿泊費0円ということにしておく。

なんだかキャンパーが増えそうな予感がする・・・適当に設営。増えたら奥に移動しよう・・・。

湧洞沼へ

まだ夜までには時間がある・・・少し周辺散策へ行こう・・・・温泉から出て、道道881を右折。この道路は北海道規格で景色もサイコー。帯広は・・・あんなとこ完全に行かなくてヨシ。十勝中央部は回避推奨。

国道336を右折。しばらく進み・・・道道1051を右折。数キロ進むと砂嘴上の道路になる。景色がイイ。海側には釣り人が多数。先端まで行くと深い砂ダートへ・・・

4駆走行の跡があるから・・・俺も突入・・・うあーダメだ、ブレーキ下までズブリと埋まる。無理。走行不可能。トリッカーは砂に弱い・・・というか俺が重すぎなのか?

バイクを停めて徒歩で海岸へ・・・一面砂浜。景色がイイ。何十人もの釣り人がいる・・・その辺のオッちゃんに適当に話しかける・・・

曰く・・・みんな鮭狙い。しかし、朝から全く釣れない。周りでもほとんど釣れてない。今年はダメっぽい。とのこと。

しかし、ココ・・・地震が来たらどうするんだ・・・。津波到達前に国道まで戻るの無理じゃね? 十勝沖は地震多いからな・・・野良キャンプができそうな雰囲気だけど危ないなココは・・・道道を戻り国道を左折。買い出しのため大樹へ。

晩成温泉サイコー

大樹までは約30㎞。ほとんど交通量なし。国道336の交通量の少なさは日本屈指。景色も良くバイクツーリング向け。

ぼー・・・っと景色を見つつ進む・・・歴舟川の橋梁を渡り、道道501を右折。大樹方面へ・・・フクハラの前に出た。

このフクハラ、品ぞろえはあまり良くない・・・けど他に店は無い(あとは対面の直売所?か中札内までない)から適当に購入。来た道を戻り帰還。

・・・晩成温泉クソ遠い・・・25㎞民家すらほぼない・・・こりゃファミキャンは来ねーな・・・。地元群馬で強引に例えるのならば、高崎駅前に宿泊している状況で、伊香保温泉にあるファミマまで買い物に行く感じだ・・・あぁせめて吉岡にセーブオンでもあればなぁ・・・みたいな距離感・・・。まぁ、とにかく・・・あり得ないくらい何にも無いのである。

温泉に着くと、テントが増えてた。適当に挨拶・・・してたら話し込んでしまった・・・僻地キャンプ場までわざわざ来るヤツとは話が合う・・・。適当に切り上げて風呂へ。タオルを貸してくれる。貴重品入れ+籠。アメニティあり。湯はヨード泉。オンリーワン泉質。匂いはマイルド。太平洋を一望できるテラスも素晴らしい・・・あー・・・いいよこの温泉・・・。

風呂を出て、食堂へ・・・先ほど話した、PCX乗りのオッサンが居た。相席で話しながらメシを食う。2年前食いそこなったチーズサーモン丼を注文。980円・・・10分ほどできた・・・けっこう盛りがデカイ・・・チーズが旨い。サーモンも旨い。味噌汁とアイス付き。コレはイイ。また食べにこよう。

飯食いながらオッサンと色々話していると・・・漁師の店の話になった。「これから行くんだよ」と言って・・・予約電話しだした・・・漁師(の弟子?)に直電・・・いや、仕込み中(酒盛りの)でメーワクだろ・・・と思ったけど、オッサン超常連っぽいから・・・まぁいいか。それより、今から稚内まで行くのって、寒くねーか・・・。

適当に風呂を出てからテントで就寝。・・・トイレのために外へ出ると・・・ほのかな波の音をバックに・・・一面の星空・・・銀河の輪郭が見える・・・

次からココで決定。本別はもう行かない。

 

宿泊費 0円?
ガソリン 500円
メシ 3500円
風呂 500円(宿泊費込み)

合計 4500円
総合計 93500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA