関東→西日本方面のフェリー航路とバイク運賃について(西日本バイクツーリング計画)

関東から西日本方面へツーリングへ行きたい。

てことで、フェリーを利用したルートを調べてみた個人的なメモ(前回の続き、一般道路とフェリーを併用するルート)

より新しい記事や運賃は

九州南部へのバイクツーリングルートを考える 2017春

四国から九州へ渡るフェリーを考える(バイクツーリング用)

四国バイクキャンプツーリング計画 -走行ルートを考える-

などで。

もくじ

  • 航路と運賃の一覧
  • 利用しにくいパターン
  • 利用したいパターンはコレ
  • 各パターンの旅費を比較
  • まとめ

 

航路と運賃の一覧

旅客運賃+中型バイク(2015.3.1現在、俺が調査した結果)。

主な長距離航路

発着港 旅客+バイク運賃 旅客ベッド運賃 400cc以下運賃 運行会社(ブランド)
東京-徳島 19330 10640 8690 オーシャン東九フェリー
東京-新門司 25600 16120 9480 オーシャン東九フェリー
大阪-新門司 11870 6880 4990 名門大洋フェリー
大阪-別府 18230 11320 6910 フェリーさんふらわあ
大阪-志布志 19940 13790 6150 フェリーさんふらわあ
神戸-大分 18230 11320 6910 フェリーさんふらわあ
神戸-新門司 11880 6890 4990 阪九フェリー
神戸-宮崎 17500 11920 5580 宮崎カーフェリー
泉大津-新門司 11880 6890 4990 阪九フェリー

発着ふ頭は変わることがあるので注意。2015年時点では

  • 東京港→有明
  • 大阪港→南港
  • 神戸港(宮崎行きを除く)→六甲アイランド
  • 神戸港(宮崎行き)→新港
  • 泉大津→助松
  • 新門司(名門以外)→北側
  • 新門司(名門)→南側

などとなっている。乗船前に要確認。特に東京は竹芝桟橋や晴海と勘違いしている人が居るので注意

主な短距離航路

発着港 旅客+バイク運賃 旅客2等運賃 400cc以下運賃 運行会社(ブランド)
伊良湖~鳥羽 3600 0 3600 伊勢湾フェリー
和歌山~徳島 3900 2000 1900 南海フェリー
三崎~佐賀関 2610 1070 1540 国道九四フェリー
宿毛~佐伯 7800 2850 4950 宿毛フェリー
八幡浜~別府 5980 3100 2880 宇和島運輸フェリー
八幡浜~臼杵 4570 2310 2260 宇和島運輸フェリー

 

全体的に運行本数が少ない。バイク積載台数が限られるため繁忙期は注意。

四国⇔九州は、四国から九州へ渡るフェリーを考える(バイクツーリング用)へ。



利用しにくいパターン

個人的な都合により、出発地は群馬(前橋南IC付近)、到着地は佐賀(県庁付近)に設定している。この場合、利用しにくい航路がある。

※宿泊費用と食事代は1日あたり4000円と仮定。

関西まで自走+長距離フェリー(大阪、神戸経由)

関東から大阪まで、陸路をツーリングしながら行くと、最短でも2、3日はかかるだろう(弾丸はつまらんからナシ)。

宿泊費用を考えると、大阪経由の長距離航路利用は微妙なところだ(神戸と泉大津も同様)。

ということで、大阪湾関連航路は除外したい。

※2018年に神戸まで行ってみた。初回なら2泊3日以上必要。1泊2日が限界。

2019関西&九州バイクツーリング 1日目 群馬~長野

2019関西&九州バイクツーリング 2日目 長野~岐阜

2019関西&九州バイクツーリング 3日目 岐阜~琵琶湖~京阪神

ほぼフル自走+短距離フェリー乗り継ぎ

伊勢湾、紀伊水道、豊後水道を渡る。

伊勢湾フェリーは距離の割に利用料金が高い。

静岡方面からアプローチするならまだしも、北関東から行くと岐阜に出る。わざわざ伊良湖へ向かうメリットは無い。

てことで、これは除外したい。

宿毛フェリーはバイクの運賃がやたら高い。

国道九四フェリーとの差額が1泊できるほどある。中型バイクが利用するメリットは薄い。同じく八幡浜からのフェリーもバイクの場合メリットがほぼない(燃費良いから)。従って四国-九州のフェリーでの移動は国道九四フェリー1択となりそう。

利用しやすいパターン

消去法により、以下のパターンが残った。

  • オーシャン東九フェリー(東京-新門司)
  • オーシャン東九フェリー(東京-徳島)+国道九四フェリー(佐田岬-佐賀関)
  • 南海フェリー(和歌山-徳島)+国道九四フェリー(佐田岬-佐賀関)

各パターンの旅費を比較

ざっくりと計算してみよう。

オーシャン東九フェリー(東京-新門司)

  • 走行距離 120Km+150km
    群馬~国道17~有明~フェリー(2泊)~新門司~国道10~496~500経由
  • フェリー料金 25600円
  • 予想総走行時間 約6時間
  • 予想ガソリン消費量 10L 1500円
  • 予想宿泊数 2泊(フェリー泊)

総額 約30000円程度
所要時間 3日

この案のデメリットは、「西日本」ツーリングじゃないことだ(九州ツーリングならアリ)。

オーシャン東九フェリー(東京-徳島)+国道九四フェリー(佐田岬-佐賀関)

  • 走行距離 120Km+600Km+300Km=1000km
    群馬~国道17~有明~フェリー(1泊)~徳島~国道55~室戸~四万十~佐多岬~フェリー~佐賀関~阿蘇~佐賀
  • フェリー料金 21940円(19330+2610)
  • 予想走行時間 約20時間
  • 予想ガソリン消費量 30L 4500円
  • 予想宿泊数 5泊

総額 約46000円~
所要時間 6日

けっこう金がかかる。けど、四国ツーリングとして考えれば最良かも。

南海フェリー(和歌山-徳島)+国道九四フェリー(佐田岬-佐賀関)

  • 走行距離 800Km+600Km+300Km=1700km
    群馬~国道18~国道142~塩尻~国道19~名古屋~国道23~志摩~国道42~潮岬~和歌山~フェリー~徳島~室戸~四万十~佐多岬~フェリー~佐賀関~阿蘇~佐賀
  • フェリー料金 6510円(3900+2610)
  • 予想走行時間 約40時間
  • 予想ガソリン消費量 50L 7500円
  • 予想宿泊数 10泊

総額 約55000円~
所要時間 11日

このルートのデメリットは、九州に着いた段階で、お腹一杯になってしまって、九州ツーリングどころではなくなる・・・かもしれないこと(紀伊半島+四国ツーリングならアリ)

まとめ

帰りのことも考えると、「東京~徳島」利用パターンが無難かなぁ。宿泊料をどれだけ抑えられるかがポイントだと思う。

後日、実際に行ってみた話→四国バイクキャンプツーリング2015 1日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA