北海道にバイクで行くルートを考える その2 宿泊編

前回のつづき
フェリーにて小樽到着後の宿泊について検討してみる
 


 

前提条件

テントで野宿が最安だが、天候等によってはライダーハウスやホテルも考える。また、経験上一日の移動距離は100Km±50km以下にした方が良いだろう。情報は2015年8月時点のもの。間違っていたり古い可能性もある。鵜呑みにしてはいけない。
 
 
 



ベストな条件を考える

安全にテントが張れること(キャンプではなく野宿なので調理とかしない)
チェックイン/アウトがフリーであること
標高が低いこと(防寒具の用意が不要になる)
空いていること
無料であること
バイク横付け可能なこと
 
要するに設備の整ったオートキャンプ場はパス。トイレと芝生と水道のみのキャンプ場(野営場)がベストである。ぶっちゃけその辺の草むらでも良いのだが、よほど山奥でない限り安全ではないから大都市近郊での野良キャンプは控える(人間が最も危険)。
 
 
 

条件に合いそうなキャンプ場を小樽から時計まわりにチェックしてみた

※一部ライダーハウスも併用。特に記載が無いものは無料だと思われる
 
小樽港
→約55km
古潭ビーチキャンプ場
→約35km
川下海浜施設
→約60km
黄金岬キャンプ場
神居岩グリーンスポーツキャンプ場
→約55km
朝日公園キャンプ場
→約25km
初山別村みさき公園キャンプ場
→約40km
鏡沼海浜公園 キャンプ場(有料 ライダーハウス併設一泊200円らしい)
→約70km
稚内森林公園キャンプ場
→約120km
ウスタイベ千畳岩キャンプ場
→約10km
はまなす交流広場キャンプ場
→約65km
ルゴーサエクスプレス(ライダーハウス無料らしい)
→約70km
計呂地交通公園(ライダーハウス 300円~)
→約15km
キムアネップ岬キャンプ場
→約50km
呼人浦キャンプ場
→約45km
クリオネキャンプ場(有料 300円 ライダーハウス併設)
→約40km
国設知床野営場(有料 400円)
→約30km
知床国立公園 羅臼温泉国設野営場(有料 300円)
→約25km
ライダーハウスマックス(ライダーハウス 700円~)
→約85km
開陽台キャンプ場(内陸部)
→約90km
インディアンサマーカンパニー(ライダーハウス 1300円(カニ代))
→約70km
霧多布岬キャンプ場
→約50km
ライダーハウスあっけし(ライダーハウス 500円)
→約20km
来止臥野営場
→約150km
ナウマン公園キャンプ場
→約70km
百人浜オートキャンプ場(有料 310円)
→約90km
緑のふるさと 温泉の森キャンプ場(有料 310円)
→約85km
安平町ときわキャンプ場(有料 400円)
→約20km
苫小牧港
 
 
 

旅行日程のシミュレーション

1泊目 川下海浜施設(90km)
2泊目 黄金岬キャンプ場又は神居岩グリーンスポーツキャンプ場(60km)
3泊目 初山別村みさき公園キャンプ場(80km)又は鏡沼海浜公園 キャンプ場(120km)
4泊目 稚内森林公園キャンプ場(110/70km)
5泊目 ウスタイベ千畳岩キャンプ場(120km)又ははまなす交流広場キャンプ場(130km)
6泊目 ルゴーサエクスプレス(65km)
7泊目 計呂地交通公園(70km)
8泊目 呼人浦キャンプ場(65km)又はクリオネキャンプ場(110km)
9泊目 ライダーハウスマックス(140/95km)
10泊目 開陽台キャンプ場(85km)又は尾岱沼ふれあいキャンプ場(有料)(80km)
11泊目 インディアンサマーカンパニー(90/85km)
12泊目 霧多布岬キャンプ場(70km)
13泊目 ライダーハウスあっけし(50km)又は来止臥野営場(70km)
14泊目 ナウマン公園キャンプ場(170/150km)又は野宿
15泊目 百人浜オートキャンプ場(70km~100km)
16泊目 緑のふるさと 温泉の森キャンプ場(90km)
17泊目 安平町ときわキャンプ場(85km)
18泊目 フェリー泊
 
・・・・ということで3週間必要。でもどうせ予定通りにはいかないだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA