2016北海道バイクツーリング 2日目 石狩-空知-旭川

2016北海道バイクツーリングの記録
2日目 晴れ
雨竜郡北竜町 金比羅公園 休憩所 泊
 
 
もくじ
鱗有市場へ
オロロンラインで中部ナンバー車捕獲
北竜町へ
雨竜郡北竜町金比羅公園 休憩所
旭川へ 奥芝商店のスープカレー
回転寿司トリトン旭神店へ
妹背牛温泉ぺぺルへ
 


 

鱗有市場へ

フェリーは予定通り早朝4時半に小樽へ到着。下船の順番は先クルマ後バイクだった。俺のテンションはMAXなんだけど、早朝の小樽は静まりかえっていて活気も何もない。台風のせいなのか解らないが、小樽は漁港ではなく貿易寄りの工業都市の雰囲気が漂っていた。これはヤナ予感が・・・・テンション下がってきたぞ・・・。
早朝営業している店は調べた限り、ほとんど無い。表題の市場へ行ってみた。市場は、明らかにフェリーの乗客だった人だらけ。食堂はほぼ満席。空いている席に座り、メニューを見ると、かなり高め。伊豆大島の時と全く同じヤナ予感がした。が、まぁー食ってみないとわからんので、3色丼的な奴を頼んだ(1700円)味噌汁とたくあんが着くようだ。
・・・・10分くらいで出てきた。いくらとホタテが乗っておりウニは別皿。・・・てか、器小っちゃ!ナニこれ? これで「丼」と言い張るのか!?・・・まぁいいや、食ってみよう・・・・マズッ。イクラはベショベショ、ホタテは味が薄い、ウニは臭い。・・・・やってもーた。この店は二度と行かないだろう。札幌のトリトンでお持ち帰りした寿司をバラシて丼ぶりに盛りなおした方が100倍旨いと思う。
まー百歩譲って、台風のせいで食材が揃わなかったとしましょう。したら、特定メニューは提供中止にすべきだよね、プロなら。こんな店が営業している時点で小樽はダメっぽいな。と。少なくとも俺は感じたし、俺の中で小樽のイメージは地に落ちた。
更に、どうでもイイ呆れる事件発生。清算の際、お釣り300円のところ、100円玉と50円玉を混入し、3枚計250円しか返してこなかった。・・・・すぐ気づいて振り返り指摘したら、「アラヤだ、ダレ?50円混ぜたの?}だと。・・・あのさー、いい加減にセイヤー。アンタ何十年生きてるんデスカ? コインの重さって結構違和感あるでしょ・・すぐ気づくって・・・・それともアンタ、今月から雇われた社会人経験ゼロの素人なのかと。前職は女子高生なのかと。ガクラン8年組のメンバーだったのかと。
マジで言いそうになったが、メンドクサイし、俺の被害なんて微々たるものだからやめた。ココで言って発散しておくことにする。
今後、明らかに公共交通機関の到着時刻に合わせて営業している店は疑って掛かることにしよう。てか、現代に未だこの商法が生き残っているとはオドロキだ。特に北海道で生き残っているとは、インバウンド恐るべし。
 
 

オロロンラインで中部ナンバー車捕獲

小樽を少し走ってみたが、街並みがどう見ても商業系観光都市だし、運河もショボかった(赤レンガ倉庫のがマシかも)ため、どうでも良くなった。早速離脱。国道5号(オロロンライン)を札幌方面へ。片側2車線信号ほとんど無し。地元通勤車がブっとばしまくりだが、朝日で脇道が見えにくい。危険だ。この道路、早朝取り締まりやってるタイプ・・・と感じたため抑えて進む。途中で左折し国道337方面(オロロンライン)へ。
突然、地元車のペースが落ちる。これは取り締まりをやっていると確信・・・のところを、中部地方ナンバーのクルマが左車線をぶっこ抜いていった・・・・ら、ハイ、横から飛び出しフラッグ来たー。中部ーアウトー・・・あほや。ナゼここで飛ばす・・・。もー、初日からテンション下がりまくりだよ・・・。
 
 



北竜町へ

気をとりなおして、そのまま進む。凄まじいストレートの道路が現れた。トラックが容赦ない速度で爆走している。待避所で地図を見ていたら。・・・ィィィィイイインシュゴォォォォォ・・・・て、タービン全開のすんげードでかい騒音をまき散らすトラックがバンバン通る。これは沿線に家があったら寝れないだろう。住宅地付近で早朝取り締まりをやるのも無理ないか・・・。
一面農耕地になったあたりで、国道275を左折。当別方面へ。この街はなぜかガソリンスタンドが集中していた。給油しておく。道道28号を当別ダム方面へ進む。
 
道道28号当別-国道451交差点 区間のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    3
道路設計良さ  3
交通量少なさ  5S
展望良さ    4
 
道幅が断続的に変化する、しかし本州主要国道並の水準は全線で確保。従って道路としては並。特筆すべきは交通量の少なさ。ダムから国道451号までにすれ違ったクルマは1台。早朝とはいえ、40㎞ほどで1台というのはおそらく国内最強クラスだろう。基本的に谷筋の道路になっているから、展望はソコソコだが、原生林や廃村があり、変化に富むほう。特にダム湖のあたりは開けていて景色も道路も素晴らしい。
 
しかし国道451号に入ると一転、極限レベルにヒドイ。特に路面が、かつてないほどの最悪レベル。数日前に大地震が起きたのか? と思うほど大幅にうねっているし、崩落個所も多い。モタードのコースかと思うほどの障害物的なうねりも、冗談じゃなく本当に存在した。こんなのクルマで通る奴なんて、ほとんど居ないだろう。だから交通量少なかったのだと思う。
滝川に出る手前で左折。国道275を北竜方面へ進む。北竜市街地で左折し看板に従って右折すると金比羅公園キャンプ場発見。
 
 

雨竜郡北竜町金比羅公園 休憩所

テントサイトは大きく分けて上と下があり、上が駐車場に隣接しているが、下の方がやや広く、水はけは良さそう。サイトの間には公民館風の休憩所がある。トイレは水洗男女共用。
しかし、連日の雨のためか、サイトの状況がよろしくない。明日も暴風の予報になっている。どうしたものかと悩んでいたら、近所のジイちゃんが軽トラで登場。このジイちゃんは公園の清掃をやっているとのこと。天気の話をしていると、休憩所で寝ればいいんじゃね。という流れになった。えっココ泊まれるの?
・・・ナント、この休憩所、事前申請型ライダーハウス的建物だった。中に入るとキャンプ場とは別の利用者申請用帳簿アリ。見るとけっこう泊まってる人いるじゃんココ・・・しかも無料。これはアツい。ということで、気候が安定するまで数日滞在させていただくことにした。
このジイちゃん、日曜まで建物の管理を任されてるらしく、勝手に泊まっちゃってもOKー俺が許すー、なようなことを言っていたが、一応、記載されている連絡先に電話で利用申請を試みる。・・・と、電話に出た人はめっちゃフレンドリー。どうぞ使ってください。と。
スバラシイ。素晴らしいぞ北竜町の方。俺の中で小樽の評価が最悪になった反動かもしれないが、北竜町の評価が北海道中暫定トップに躍り出た。ここは場所も悪くはないし、留萌、旭川、富良野が日帰り圏内に余裕で入る(多少カビ臭いのは無視で)。
しかし、最大の問題点はこの街に商店が全く無い事だろう。セイコマすらない。直近セイコマはキャンプ場から7キロ先。住民は困っているだろう。バイクで北竜に行き、夏場だけでも経済活性化に微力ながら協力したいところだ。ということで、また来年もここに来ることに決定。
 
 

旭川へ 奥芝商店のスープカレー

宿は確保したから、一旦旭川にメシを食いに行くことに。以前、旭川へ単身赴任していたダチ曰く、「ナントカ商店のスープカレーが絶対的に旨い」とのモヤっとした情報をもとに旭川へ向かう。
ルートは大きく分けて2通りあるようだ
 
1 国道12号経由 北竜-道道94-妹背牛-国道12-旭川
2 道道98号経由 北竜-国道275-沼田-道道98-旭川
 
行きは道道98号経由、帰りは国道12号経由で行ってみよう。
 
国道275は、ザ北海道の国道、という感じ。片側1車線だけど極めて走りやすい。ただ沼田町市街地にクランク区間がある。ここにパイパスがあれば、走りやすいんだけどねぇ・・・なにせ交通量ほぼ皆無だし。
道道98号も上湯内ダム周辺までは走りやすく、快適度は高い。しかし、ダムから旭川はハミ禁コーナーが続く峠道のような区間になっている。見通しが悪く交通量もそこそこあるため危険度は高いほう。群馬近辺で例えるなら、国道122号の足尾-日足トンネル区間を県道に格下げして劣化させたような感じだと思えば、ほぼ間違いないだろう。
・・・などと考えている間に旭川に到着。沼田から旭川まで信号1個しかなかった・・・・。イイカンジに飛ばしているトラックの後ろを流れに乗って着いて行けたのが大きい。北竜から45分くらいで着いたと思う。
 
旭町1条13あたりに向かう。相変わらずこの体系の住所表記には慣れない。2本ほど間違え到着。駐車場はやや遠め。店に入ると先客は2人。運良く10分ほどで2階カウンターに座れた。エビスープ+チキン野菜+長芋+2辛を注文 1310円。混んでるため時間がかかると言われたが、20分くらいできた。
さっそく食べると・・・・・ウメェー。マジうめー。世の中にこんなに旨い食い物があったとは、オドロキだ。特に野菜が旨い。スープにマッチしすぎ。ぶっちゃけチキンどうでもイイ。野菜とカレーが旨すぎる。でも正直米は微妙だった。あくまで個人的感想だけど、このままラーメンにしたら、かなりイケるんじゃないかな、と。
 
 

回転寿司トリトン旭神店へ

ラーメンではなくカレーの後にもやはり寿司。ということで、ココは俺的に回る寿司日本最強(暫定)のトリトンに行かねばなるまい。国道40号を駅方面に走り。日本最大のラウンドアバウトへ突入。信号制御式になっているが、青だったのでそのまま突入。半径デカイ。まるで筑波の1コーナーのようだ。なんか楽しいぞ。そのまま半分チョイ回って国道方面を南へ。
旭川の市街地はデカい。中心市街地の規模は大宮よりデカいかもしれない。国道237号を左折し南下。道道90号の立体を東へ進み、橋の手前を左に曲がるとトリトンはあった。交差点からやや奥にあり立地はあまり良くないと思う。が、昼過ぎにも関わらず5人待ち。一人だからか、すぐに入れた。
 
とりあえず、鮭あら汁、いくら、ほたて、などを注文。・・・・・230円のいくら一皿、朝の小樽の店のイクラ総量を超過。味も遥かにウマい。でもシャリは普通。ほたても320円で超デカ&超厚&濃厚。ウニは後で浜中行って買うからスルー。・・・うーむむむ、やはり朝の店、ボリすぎでしょ。小樽のイメージが俺の中で更にダダ下がっていくのであった・・・。
あら汁もこれ以上ないほどのデキ、いや、中標津か根室に行けば花咲ガニあら汁が200円台で出てくるはずだ、それを待って判断したい、しかし素晴らしい出来だ。もはやあらではなく結構な量の身が入っている。やはり回転寿司では、トリトン日本最強説は濃厚。
 
 

妹背牛温泉ぺぺルへ

国道12号で深川方面へ。この区間、交通量が非常に多い。特に大型車。群馬で例えるならば、国道18号碓氷バイパスと傾向が似ていると思う。道路もハミ禁区間と片側2車線区間が混在。信号も多め。深川に用事が無い場合は道道を通った方が快適だろう。
神居古潭の先から、道道57号を深川市街地方面へ。深川駅前にあるDAISOに寄ってから、妹背牛温泉ぺぺルへ行ってみた。
入浴料500円。下駄箱前にペッパー君設置。意味不明、だがイイ。このムダが素晴しいぞ。妹背牛町とか絶対読めないコレをペッパー君が発音してくれるのだ(たぶん)。中はガラガラ。ロッカーは小さい貴重品のみ+籠タイプ。内湯3打たせ湯1サウナ1水風呂1露天1ジェットバスなどもあり設備はいい。温泉の質も弱ヌルスベ系で温まりもイイ。
ポイントは、露天風呂が隣の建物から丸見え。さすが北海道。テキトーを超越した潔さがナイス。こういうアバウトさ。俺好きだなー。
湯上り休憩所は畳とソファがあり最高レベル。地味だが素晴らしい設備だ。ココが横浜だったら1200円は余裕で取られるだろう。
売店でミニトマト一袋30個くらい108円で売ってた。コレを買って北竜の休憩所に帰還。ミニトマトは味が濃くて旨い。なんでコレが108円で、朝のクソ丼ぶりが1700円なのか。何かが間違っている。食べながら明日の予定を考えて就寝。
 
2日目終了。
 
本日の旅費概算
 
メシ 5000円
ガソリン 500円
風呂 500円
 
合計 6000円
累計 24000円くらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA