宿泊費ゼロで行く北海道バイクツーリング2017-16日目

2017年北海道バイクツーリングの記録
16日目 晴れ

標津郡中標津町 ウシ空のキャンプ場 2泊目

lake furen end pointガチで何も無い風連湖先端

もくじ

  • 川北温泉へ
  • 標津町市街地は微妙
  • 風連湖先端へ
  • 中標津の花まるへ
  • 開陽台は寝るのに適していない

川北温泉へ

開陽台は遮蔽物が一切無い。安いテント内部は、ガンガン気温が上昇する。朝7時を過ぎると居られない・・・なんとか粘って8時過ぎに出発。開陽台から左折して直線を進む・・・朝の中標津・・・チョーキモチイイ。

直角コーナー右折後、国道244方面へ左折。ひたすら一直線、交通量皆無。スゲー景色だ・・・国道を左折して斜里方面へ・・・しばらく進むと左手に看板がある。ここからダート林道へ。

先日のサロマ湖展望台や、神の子池などのダートとは違い、ガチなダート。ゲロってる場所、陥没、路肩激弱ポイントなどが連続。離合場所や転回場所も少ない。普通のクルマでここを走破するのは厳しい。ダート慣れていて、かつ下回り&バンパーがバキバキになってもオッケーな人以外は無理だ。

まー・・・トリッカーは楽勝だからバンバン進む・・・数キロ走ると突然広くなる・・・なんとキャンピングカーが2台泊まっていた・・・アレで来るとは、カナリの気合いだ・・・話すと、有志で清掃してる人っぽい。適当に挨拶しつつ風呂へ。

男女分離。仕切りも完全にされている。WEBの情報と若干違う・・・。地元のじいちゃんが入ってたので適当に挨拶しつつ、体流してから入浴・・・・あーキク。熊の湯よりここのが良い・・・マジで良い。あそこ傍若無人な外人だらけだから行かなくてヨシ・・・俺の野天風呂ランキングではトップクラス。ここは周回ルートに追加だ。

風呂を出てキャンピングカーの人と話す・・・曰く・・・

地元の有志の人は月一清掃、+俺も勝手に清掃する
熊の湯は行かなくてよろしい。
8月はアブだらけで入れる状態ではない。
7月9月はアブも少なく入りやすい。
清掃直後は無色透明。酸化して白濁する。
今から清掃して俺も入るかぁ。
・・・てな感じ。

うーむ。泊まり込みで清掃するとは・・・なんという情熱&気合いだ。若干ヤリスギ感も漂うけど・・・このオッサンのイイねボタンは連打しておきたい。誰だか知らんけど・・・。

ダートを戻ると、一台オフ車が来た。ココ、本来はオフ車しか行けないと思う。キャンピングカーはヤケクソすぎだ・・・というか、天候次第では最悪帰れなくなるのでは・・・。



標津町市街地は微妙

国道を海まで出てから標津方面へ・・・観光バスが異様に多い。サーモン博物館へ行ってみるも・・・ザ★観光地。軽くヒドイ。ダメだ標津は・・・別海へ行こう・・・

国道244を南下・・・野付半島をスルー、尾岱沼もスルー・・・道の駅おだいとうに到着。ここは、国内お気に入りトップクラスの道の駅。食堂、景観、人の密度、駐車場隣接の休憩用椅子、土産物をあまり売らない姿勢、そして北方領土返せ・・・とにかく地味だが良くできていて◎。

早速食堂へ・・・別海ホタテバーガー牛乳セットを注文。1000円。10分くらいで呼ばれる。組み立てて食う・・・ホタテ汁がグアーときてサイコー、あぁコレだよコレ・・・。牛乳0.5Lも激ウマ。標津スルーは必至。これを食うために、別海まで来ていると言っても言い過ぎではない。それくらい良く出来たご当地バーガー。

更にソフトクリームも追加・・・ウマー。巻きが多くてコーンもデカイ。この品質、この量で300円は超驚安。別海サイコー・・・。

風連湖先端へ

プラっと、風連湖の先端を目指してみた。

尾岱沼から国道244をひたすら南下・・・交通量は皆無。景色がいい。チンタラ景色を見ながら走ってても追いついてくるクルマ、対向車共に皆無・・・すごい国道だ・・・。

本別海市街地先から道道475方面へ左折・・・なんだかすごい道路が現れた。何と言ったらいいのか難しいけど・・・・・・シベリアっぽい。シベリアに行ったこと無いけど・・・シベリアっぽい。

走古丹の集落手前から更に左折・・・すごいところに来てしまった・・・左右は海。海抜ほぼ0メートル。・・・だんだん道路は砂っぽくなっていく・・・数キロ走ると、ついに完全砂道へ。高波が来たら確実に攫われるような砂嘴を走る・・・スゲー道路?だ・・・でも両脇が土手になっていて景色は良くない。

先端100mほど手前で通行止め。バイクを停めて歩く・・・先端へ・・・テトラポッドの上に乗ってみた。潮の流れが速く、波が容赦なく打ち付けられている。荒天の時ココに居たら自殺行為だ。ツーリングマップルの記載通り展望はあまり良くない(海抜0m)。でも達成感はハンパナイから、一度は行ってみた方がいいかな・・・晴れた穏やかな日に。荒天時は危ない。高波にさらわれる。

中標津の花まるへ

本別海から道道364で別海へ。そこから道道8号で中標津へ・・・ここはフツーの道路。マッタリ走る・・・ただし、8号はやや交通量が多く、ダラっとマッタリ走るのは厳しい(煽られる)。国道272を左折してホクレンで給油。そのままサウスヒルズの敷地内にある花まる中標津店へ。

時間帯の割には客が多い。トリトンより2段階くらい安いけど、今年の遠軽店や旭川店並かそれ以上ネタはデカイ。特に生ホタテがヤバい。デカすぎだろコレ・・・320円だったけど・・・こんなの、都内にある「ナントカざんまい」で食ったら2貫900円以上必須。となりのオッサンなんて4皿くらい食ってた・・・食いすぎだろw。気持ちは解るけどさ。・・・サーモン系も激ウマ。やっぱり花まるはイイ・・・トリトンは微妙になってしまったから、相対的に俺の中で順位が入れ替わった・・・。

開陽台は寝るのに適していない

開陽台に戻り寝っ転がっていると・・・爆音の多気筒バイクが2台登って来た・・・見るとビカビカのBMW。方向性の違いを感じつつも適当に挨拶しておく。が・・・うーむ、やっぱり話がかみ合わんな。歌登にいたオフ車の奴らや下川の気動車の奴らとは、どうも系統が違う。・・・ま、メンドクサイし適当で・・・と思ったら・・・張るとこ近くね?・・・まぁ寝るだけだしいっか・・・

・・・と思ったら。9時過ぎまでくっちゃべってる・・・しかもいつの間にか、俺と1台目のテントとの間に2台目のテントが移動している・・・何を考えてるんだ?広いんだからもっと離れようや・・・このおっさんら、ゲ〇なのか?

・・・あのですね・・・もう夜の11時なんですけど・・・いつまでやってんの君ら、しかもハンズフリーで延々電話してるし・・・なぜ近くに張った・・・・・・・・・流石に俺、ガツンと言ってしまいました・・・。

・・・静かになって安眠。

イヤー・・・俺もあーゆー、空気読めないオッサンにならないように気をつけよう・・・と固く誓うのであった・・・

 

宿泊費 0円
ガソリン 500円
メシ 3000円

合計 3500円
総合計 72500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA