宿泊費ゼロで行く北海道バイクツーリング2017-25日目

2017年北海道バイクツーリングの記録
25日目 曇り時々ゲリラ豪雨

伊達市大滝区 徳舜瞥山麓キャンプ場 2泊目

もくじ

  • 伊達市大滝区は道北より寒かった
  • 壮瞥へ
  • 登別温泉銭湯さぎり湯へ
  • 回転寿司ちょいす登別店へ
  • 室蘭周辺イマイチすぎる
  • 壮瞥町蟠渓ふれあいセンターへ

伊達市大滝区は道北より寒かった

朝・・・徳舜瞥山麓キャンプ場は寒すぎた。観測データによると大滝市街地で8度。標高+山中を加味すると6度くらいだろう・・・体感では、先々週の歌登並に寒い・・・。

過去のデータによると8月30日の大滝の最低気温は5.1度・・・ということは、キャンプ場では確実に5度以下になっていたはず。・・・そりゃこのキャンプ場、人来ねーわ・・・おそらく真夏でも秋冬のキャンプ装備が必要になる。

伊達市大滝地区は道北内陸部並みの気候。間違いなく占冠より寒い。伊達の天気予報を見ても全く意味が無いから要注意。



壮瞥へ

国道を通らないルートを探してみる。フィーリングで・・・キャンプ場下の道路を少し進んだところを左折。山麓沿いに南下。この道路は景色も良く走りやすい。ただし、やや砂っぽい。おまけに国道手前500mほどダート。侵入させないためのトラップか。オフ系バイクなら関係ないから国道よりこっちの道路を推奨。

壮瞥に入ると・・・急に気温がアップ。天気も回復。どうやら蟠渓温泉付近に気候の境界があるようだ。

ちなみに、この付近の河原は掘ると温泉が出てくるスポットらしい。しかし、この天候で河原は危険すぎる・・・スルーで・・・鉄砲水に流されたアホなグンマーライダーとしてHTVに出ることは避けたい・・・。

登別温泉銭湯さぎり湯へ

壮瞥市街地手前から道道2を左折。登別方面へ進む。

道道2壮瞥から登別のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    3
道路設計良さ  1
交通量少なさ  2
展望良さ    5S
速度制限が意味不明。30~60区間全部アリ。なぜか60区間より40区間の方がコーナーが緩かったり、変な動きのレンタカーが居たりして走りにくさMAX。事故が多いポイントの速度規制をバンバンした結果、統一性がなくなってしまったような感じ。凍結防止溝もガッツリ入りまくり。バイクツーリングルートとしては論外。クソレベル。行かなくてヨシ。俺がバイクで通ることは二度と無い。ここはオープンカーで景色見ながら走る道路。

山を下りたら看板に従って登別温泉方面へ左折。少し進むと温泉街に到着。巨大旅館が立ち並ぶ・・・温泉街のテンプレのような街並みだ。色々と観光スポットはあるのかもしれないけど、人が多すぎる・・・スルーして温泉だけ入ろう。

温泉銭湯さぎり湯へ向かう・・・。目の前に無料駐車場あり。狭いため、奥の区画はクルマを停めるのが困難。だから空いていた。そこにバイクを停めて徒歩で温泉へ。

入浴料420円。ただし休憩室は有料。ホテル?併設の割には店員の態度がイマイチ。まぁどうでも良い。風呂場は地下。展望どころか窓すら無し。アメニティ一切無し。もちろん内風呂のみ。入浴設備はクソレベル。足立区の銭湯以下。

しかし・・・湯が・・・スンゲー良い・・・さすが登別だ。漂う硫黄臭・・・源泉じゃぶじゃぶ超濃厚。浴槽底には㎝単位で湯花が堆積している。

・・・イイ・・・イイぞ・・・この湯は・・・過去最高にイイんじゃないか・・・。これより濃い温泉ってあるのだろうか・・・それくらい濃い。スゲーよ登別・・・コレに入りに来るためだけに来る価値が、間違いなく有る。

回転寿司ちょいす登別店へ

大満足して温泉から出発。硫黄の匂いを漂わせながらバイクで室蘭方面へ。案内看板を無視して道道782へ向かう。

フィーリングで適当に進むと、市街地を通過して登別室蘭ICに到着。ここから片側2車線になる。室蘭に近づくにつれて交通量増加。苫小牧-室蘭の道路整備状況はあまり良くないから、正直バイクで走りたくない。

・・・などと考えていると左手にわかさいも&回転寿司発見。ドライブインのようになっている。一角に回転寿司屋はあった。店に入る・・・

・・・うーむ、高いなー・・・ヤな予感がしたけど、1400円くらいのランチセットを頼んでみた・・・即来た。え?速くね? 間違いなく握ってないよねコレ・・・。

・・・見た目は超イイーけど・・・味が・・・シャリが変。100円系回転寿司と同じ味がする・・・しかも機械握り&のっけるだけ系。なんなんだココは・・・本当に北海道か?帯広の羽衣亭の方が数段安くて、数倍旨いぞ・・・。

北海道民の言う通り、やっぱり道南はダメなのかなー・・・と思ったけど、一応サンマを頼んでみた。

・・・オイ、ちょっとマテ・・・酢締めサンマ来たよ・・・マジか。群馬じゃねーんだから勘弁してくれ・・・ダメだここ。二度と来ねーわ・・・値段を考えたら、は〇寿司の方がマシ。

室蘭周辺イマイチすぎる

東京の低価格回転寿司以下の店を出て、室蘭方面へ進むと交通量激増・・・。セイコーマートで休憩してコインランドリーを探す・・・室蘭東翔高校のあたりに発見。適当に進む・・・洗濯機400円+乾燥機100円10分。市街地の割にはやや高いけど服をぶっこみ洗濯完了。

室蘭は脱出しよう・・・とにかく混み過ぎ。バイクで来るところじゃない。街並みも、やたら新日鉄系建物が多く、完全に工業都市の様相。工業都市は物価が高くてD〇Nが多いからなー・・・例えば群馬の高崎とか太田とか・・・。

・・・途中、ヒトデ学院というミラクルネームの高校があったりして香ばしさMAX(聖母のことなんだろうけど、日本語読みはヒトデだから・・・)。

室蘭環状線方面へ進み山沿いに進む。この道路は比較的空いている。それでも道東の市街地より混んでるけど・・・運転も荒く、この街は今のところ魅力ゼロ。たぶんもう来ない。

国道37を左折して伊達方面へ・・・クッソ混んでる。予想を遥かに上回る交通量。ハミ禁ではないけど、追い越すのは無理。間違いなく片側2車線必要・・・道南の道路酷いな・・・

歴代の北海道民ライダー達の言う事は正しかった。こんなところ、札幌以北在住のライダーは間違いなく来ない。バイクに乗っていても全く楽しくない。

函館まで延々こんな感じなのだろうか? これは耐えられない・・・金払ってでも高速に乗るよ俺は・・・。

などと、考えながら伊達に到着。オカシイ・・・人口3万でしょ・・・この都市・・・名寄とか紋別より少し大きいくらいのハズ。この交通量・・・あり得ない。ほとんどが観光客と通過交通なんだろうな・・・ダメだこの辺。

伊達市街地をノロノロ走っていると・・・ゲリラ豪雨開始。脇にあったホーマックに避難。しかし雨はなかなか止まず・・・ホームセンターでは時間を潰すのが困難だ・・・雨の中、隣のイオンへ移動。

イオンのスーパーへ・・・うーむ、高い・・・これはかなり高い。最低でも鮮魚が釧路の2倍以上、旭川の1.5倍はする。回転寿司がマズイのは当たり前だ・・・。諦めてケンタッキーを食ってみた・・・不味っ。なんだこの店・・・これは本当にあの全国チェーンのケンタッキーなのか? 観光地周辺って怖いな・・・。

壮瞥町蟠渓ふれあいセンターへ

雨が止んだのを見計らってキャンプ場へ帰還。道道519を使いショートカット。交通量は少ない・・・あくまでこの辺りでは。今までの道央-道北-道東のツーリングに比べたら、激混みの部類。

具体的に言うと、道北や道東の郊外は、通常見える範囲に他車は居ない、これが普通。このあたりだと、見える範囲に他車が常に居る。もはや、平日の群馬や栃木の方が空いているのではないか・・・。

壮瞥の市街地を越えて山間部に入ると雨が降って来た。弱くなるのを待ってから再出発。寒い・・・もう一発風呂に入ろう・・・。蟠渓ふれあいセンターへ到着。

駐車場が狭い。中も狭い。入浴料は420円。アメニティ一切なし。風呂は極めて狭く、内風呂1のみ。これで420円は非常に高い気が・・・。湯は源泉じゃぶじゃぶだけど、濃度はイマイチ。温まったのでヨシとしよう。

セイコーマート大滝店に寄ってからキャンプ場に帰還。キャンパーは同じく2人。広くて風呂も近く、セイコーマートもあってけっこう良い。

・・・だけど、寒いし周辺市街地の道路が混んでるから、たぶんもう来ないだろうな・・・。

 

宿泊費 0円
ガソリン 660円
メシ 3000円
風呂 840円

 

合計 4500円
総合計 107000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA