2017九州バイクツーリング 10日目 大泊野営場~錦江町~桜島

2017九州バイクツーリングの記録
10日目 晴れ 土曜日
鹿児島県錦江町 神川キャンプ場泊

もくじ

  • 錦江町の神川キャンプ場へ
  • 錦江から垂水へ
  • 垂水のとんぼラーメン旨い
  • 桜島は・・・
  • 桜島白浜温泉へ
  • 桜島から錦江へ
  • 神川キャンプ場にテント設営

kinko神川キャンプ場

錦江町の神川キャンプ場へ

最南端アタックも無事終了した? から他スポットへ移動。

最南端キャンプ場撤収

大泊野営場を撤収・・・荷物を積んでロードパーク分岐付近まで戻る・・・右手にトイレを発見。水洗洋式なので利用しておこう・・・

ココは裏の方が広くなっていて、野営できそうな雰囲気だった。しかし、グーグルマップで見ると何かの建物跡地のようだ。私有地かもしれないからやめた方が良い。まぁ、する人はいないだろうが。

・・・と、ここでハーレー乗りのおっちゃん登場。適当に情報交換。

曰く・・・

  • このあたり道がよく解らん
  • 旭川からフェリー乗り継ぎで来た
  • さんふらわぁの舟遊プランは、縛りキツイ割に運賃たいして変わらないからやめた
  • 北海道は札幌より西なんて行かなくてイイ、観光地で高いだけ

一番の収穫は、舟遊プランは予定を決めずにプラプラするタイプのバイクツーリングには適してない。という件。

錦江町へ

ハーレーと別れ・・・もはや走り慣れた県道68を伊座敷方面へ進む・・・この道路は本当に何回でも走れる、コーナーの感じや、景色の移り変わりが走ってて爽快。

市街地から国道269を根占方面へ・・・初めて北行きを走ったけど、やっぱり海側車線の方が景色が良い。交通量はほとんど無いし、このあたりは本当にツーリング向きだと思う。

根占市街地を通過すると、すぐに大根占の市街地だった。こっちの市街の方がやや大きいかも(コスモスあり)。市街地を過ぎて川を渡ると、左に神川キャンプ場が現れた。

神川キャンプ場は景色サイコー

サイトは国道に隣接。開設期間外のため無料。土曜日だがキャンパーは誰もいない。サイトの配置は細長くなっていて駐車場は北端のみ。ただしバイクやチャリなら小学校側のトンネルを通る事により管理事務所~橋の下付近に数台停められそう(開設期間中は管理車両が停まるためNGかも)。徒歩圏内にローソンと道の駅(直売所)あり。目の前は綺麗な砂浜。左には開聞岳、右には桜島。景色はサイコー。

デメリットは国道の走行音くらいだろう。Webでは耳栓必要だの書かれている。確認のため、サイトに寝っ転がってみる・・・うーん、音はそうでもないな・・・海側に設営すれば問題ないレベル。制限50かつ前後に集落があるから、ぶっ飛ばす輩が少ないのと、砂浜の消音効果が高いような感じ。

・・・まぁ、この程度で寝れないと、網走の呼人浦なんて100%寝れない。そもそも、そういう人は野宿に向いてないと思うんだよね・・・

テントを張るにはまだ早すぎるため、とりあえず保留。道の駅で休憩してから桜島方面へ向かう。

錦江から垂水へ

国道269を北上。鹿屋まで交通量は少ない。県道68の分岐を左折。海沿いへ。とても空いている、景色もイイ。なかなかのツーリングルート・・・だけど民家が多め。

国道220の旧道と合流。しばらく進むと垂水南部の市街地に入る。市街地の割には交通量は少ない、しかし右左折が多くてスムーズさに欠ける。

北上するほど交通量は増加・・・まぁ、垂水までは景色を見つつ走れる程度の混雑。



垂水のとんぼラーメン旨い

垂水でガソリンを入れてメシ屋を検索・・・国道沿いにあるとんぼラーメンという店に決定。駐車場はナナメ区画で、隙間が多め。混雑していてもバイクなら止められる。店に入ると某運送屋の人や如何にも地元っぽい人が大量にいた・・・これは期待できる。

あぶり焼チャーシューメンを注文。865円だったと思う。

・・・数分できた。食う・・・これはウメェー。ガッツンダシ+塩+油+固めの麺。スバラシイ。素晴らしすぎる。感動した。絶対また来るよこの店。

あぶりチャーシュー(の脂身)が旨かった。過去一番好きかもしれない(俺の中であぶりと言えば群馬の吉井の陽気軒)。群馬より豚肉が旨かったのは始めてだ。さすが鹿児島。

桜島は・・・

ラーメンに満足し、バイクにまたがる。更に北上して桜島へ・・・

垂水を超えるとクルマが激増。特にレンタカー激増。当たり前のように運転が酷い。レンタカーを先頭に団子走行へ・・・40で走ってたと思ったら急に70まで加速したり・・・メーターどころか前すら見ているのかアヤシイだろアイツ・・・

酷すぎる・・・ああいう輩を教習所に戻す方法は無いのだろうか・・・

国道220から国道224へ左折。桜島南側の道路を走る・・・展望はイイが・・・手前の垂水付近が一番良かったかもしれない。近づいてしまうと山肌しか見えないし・・・あとレンタカーが・・・

道の駅桜島へ寄ってみるも・・・中国人しかいねぇ

・・・おまけに、少々高い気が・・・さっき、道の駅錦江で売ってた100円イチゴとか100円ミニトマトなどの規格外農産物投げ売りセールなどは一切ない。

・・・なんかさぁー、道の駅の方向性・・・おかしくなってない?

これが「おもてなし」なのか?

それ以前の話として、単なる観光ドライブインを税金で作ってどうするんだろうか?

桜島の観光振興策は謎すぎた・・・ということで、道の駅脱出。せっかく来たのだから湯の平に上る道路を走ってみた。

桜島の湯の平展望所に至る道路のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    5
道路設計良さ  4
交通量少なさ  2
展望良さ    5

素晴らしい道路だけど、交通量が多すぎる。観光バスやタクシーが普通に30以下で走っているから(制限60)、バイクで走って楽しい道路ではない。ココは観光バスに乗って車窓から景色を見る道路だ。

・・・てことで、ここも脱出。桜島・・・思ってたのとだいぶ違うなぁ・・・微妙すぎる・・・

桜島白浜温泉へ

県道26を時計回りに走る・・・白浜温泉までは海べりを走行できる。とても海が近くて、景色がイイ。対岸には霧島市街地が見える。

ただし、思ったより交通量が多い。延々市街地を進む感じ・・・景色を見ていると危ない・・・またしてもバイクだと微妙。

山を下りてから10分くらい走ると白浜温泉に到着。ココはシステムも雰囲気も全て銭湯風。

入浴料は390円。アメニティ一切無し。ロッカーは板を差すタイプの鍵。浴室設備はサウナ、ジェット、電気など豊富。露天もあるけど景色はあまり良くない。

湯は、傷にしみるしょっぱい系で色は濃く、やや油っぽい肌ざわり。堆積物が多くて、露天の源泉投入口などは鍾乳石のようになっている。

利用者は少なく快適。やっぱり温泉は空いていてナンボだと思う。湯もいいし、ココは安くていいところだった。

桜島から錦江へ

県道26を更に半周・・・桜島の東側は、集落の中を通る道路が多く、バイクで走っていても危ないだけで、全然楽しくない。やっぱり桜島ビミョー・・・

なお、ここもツーリングマップルでは「オススメルート」になっている。てか、何でこれがオススメなのか? ここが「オススメ」で、佐多岬ロードパークが「オススメ」になっていないのが俺には全く理解できない・・・

先日の薩摩半島の件といい、鹿児島市周辺エリアのツーリングマップルは何か変だなー・・・と思いつつ、来た道をひたすら戻ると・・・超混んでいる・・・キツイ。

鹿屋手前の旧道分岐まで延々と渋滞ぎみ。やはりメジャー観光地へ土日にバイクで行ってはイカン。レンタカーの酷い運転に付き合わされると3倍疲労する。平日にトラックの後ろを延々ついて行った方がだいぶマシ(黒煙吐くトラックを除く)。

このあたり、バイクで楽しめるスポットは、大隅半島先端から鹿屋周辺までだと思う。行っても垂水まで。桜島周辺は行っちゃダメ。観光バスツアーに参加した方が楽しめる。

神川キャンプ場にテント設営

夕方、キャンプ場に到着。このサイトは、草地の割にペグの差さリがイマイチ良くない。ガンガンぶっこんで設営完了。マッタリ過ごす・・・

国道の交通量は夜11時くらいになると少なくなった。深夜になってもメチャぶっ飛ばす輩は少なく、走行音は低め。一番砂浜側の草地へ設営すれば、全く問題なく寝れる。それでも気になるなら、防潮堤沿いの砂浜に張ってしまってもいいかもしれない(営業期間外であれば)。

そのまま寝ようかと思ったけど、腹が減ったためローソンに行ってみた・・・

品ぞろえは・・・いつものローソン・・・ペペロンチーノを買ってみる・・・食べると・・・酷いなコレ・・・こんなの鹿児島で売れるの・・・

ガソリン 500円
メシ 1610円
風呂 390円

合計2500円

総合計 約58000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA