東武本線の時刻表 (平日下り) には群馬県民用が必要だと思う・・・てことで作ってみた

東武本線に乗ると、東京方面からの下り乗り継ぎ時刻表が欲しいといつも感じる。
しかし、こんなニッチなモノ、東武さんは作ってくれない。

ということで、各種問題を攻略し俺が作ってみた。
ただし・・・2017年4月21日にダイヤ改正するから、それまでの覚書&それ以降は過去の記録として・・・

※ダイヤ改正後に修正した記事あり↓

東武伊勢崎線北千住駅下り時刻表(群馬県民用)

はじめに

伊勢崎線末端の全線通し運行は朝夜の特急りょうもう各1本だけ。ほとんどの時間帯は普通列車に乗るしか選択肢がない。
しかし、東武本線(伊勢崎線)は運行がぶつ切りになっている。だから複数回乗換が必須。おまけに乗る列車によって乗換駅が変わる。上り(東京方面)は本数が増加していくから良いが、減っていく下りはキツイ。
そういった事情があるにもかかわらず、最適な列車を検索しようとすると、なぜだか全て、特急りょうもうに誘導され、末端まで接続する普通列車に乗車しにくい。

まぁ、特急乗ってメリットあるなら特急に乗るけど・・・アレに乗っても30分くらいしか変わらない(伊勢崎直通ですら40分、昼間時間帯の赤城行きだと27分)。1時間に一本しかない路線で2時間越えの旅程を30分程度短縮するために、1000円以上も特急料金を支払うのは実にアホくさい。
特に、地下鉄から群馬に向かうときは重大。りょうもうに乗る意味がほとんど無いのに、りょうもうに誘導される(半蔵門線直通-北千住特急乗り換えだと昼間時間帯は10分しか短縮できない)。

・・・てことで下りの普通列車にスムーズに乗るため、攻略してみた。という話。
なお、あくまで俺個人用なので、参考程度に・・・。(間違い等お気づきの点があればコメントにでもどうぞ)



北千住の下り列車種別を攻略する

北千住では以下の路線系統の列車が発車する(2017年4月20日まで)

スカイツリーライン、伊勢崎線、桐生線、佐野線、日光線、宇都宮線、鬼怒川線、会津鉄道線
の8系統。

これが全て1階下りホームから発車する。上りはスカイツリーライン、半蔵門線東急田園都市線直通、日比谷線直通(3階)の3種あるが、今回は下りなので気にしなくてOK。

列車種別は

普通、急行、特急、区間急行、区間準急、準急、快速、区間快速
の8種。

行き先表示は

南栗橋、東武動物公園、北越谷、久喜、竹ノ塚、太田、館林、北春日部、赤城、東武日光、鬼怒川温泉、会津田島、春日部、新栃木、鬼怒川公園、伊勢崎、東武宇都宮、新藤原、葛生
の19駅。

多すぎるでしょ・・・こんなの普通の人に解るワケねーよ・・・。
東武を使いまくっている俺でさえ、南栗橋行きに間違って乗りそうになるんだから、普通は無理な話。
・・・で、ざっくりと整理してみると・・・

群馬方面へ向かうのは
久喜
太田
館林

この3つの行き先だけ。

列車種別は見なくて問題ない(早朝の普通館林行きを除きほぼ固定)。これ以外に乗っても最短で群馬に行くことはできない。全てスルーすべし。
しかし、伊勢崎線のくせに伊勢崎行きが基本的にナシというのは極めてヒドイと俺は思う(だから「スカイツリーライン」を導入したのかもしれないが・・・)。

乗換パターンを攻略する

北千住から伊勢崎(赤城駅)方面へ向かうための乗換(接続)パターンは6つもある(末端側本数が少ないため乗車後の変更はオススメしない)。

太田までの乗換パターンは次のとおり。なお、後述の時刻表注記と合わせるため 便宜上0番から番号を振っておく。

パターン0
浅草発-太田行き(区間急行)

パターン1
半蔵門線直通-久喜行き(急行) → 久喜発-館林行き(普通) → 館林発-伊勢崎行き(普通)

パターン2
浅草発-館林行き(区間急行) → 館林発-伊勢崎行き(普通)

パターン3
半蔵門線直通-久喜行き(急行) → 久喜発-太田行き(普通)

パターン4
浅草発-館林行き(区間急行) → 館林発-太田行き(普通)

パターン5
半蔵門線直通-久喜行き(急行) → 久喜発-館林行き(普通) → 館林発-太田行き(普通)

久喜は対面に停車しているから乗換5秒、館林は階段移動のパターン有、太田は変則的ホーム(京急蒲田系のヤツ)
パターン0,3,4,5の伊勢崎方面、赤城方面は太田で乗換が必要になる。

運行本数は館林まで毎時3本以上、太田まで毎時2本以上、末端の伊勢崎と赤城まで毎時1本以上となっている。
従って館林までなら時刻表を気にする必要はほとんど無い。来た列車(久喜太田館林のどれか)に乗ってしまえばOK。

太田も、朝と夜は直通が設定されているし、昼間も2本/毎時にほぼ収束するダイヤになっているから、問題は少ない。

問題は太田-伊勢崎(赤城)。特に注意すべきは昼間のパターン5。この時間帯に伊勢崎まで運行している列車は、パターン1のみ。パターン5に乗車すると、太田で20分以上待つことになってしまう(赤城方面は、全て20分以上待ち、接続はあまり考慮されていない)。だから伊勢崎に行きたい人はダイヤ確認が必須・・・しかしスカイツリーライン内では一切アナウンスしてくれないんだよね、東武さんは・・・利用者なめとんのか・・・。

乗車開始駅と所要時間の関係を攻略する

東武の始発は浅草駅。ここから乗ると最も解りやすい。浅草、上野、秋葉原、銀座、新橋、浜松町あたりから平日夕方に群馬に帰るときは、必ず座れる浅草から乗る。これは必須だ(品川以遠はJRで久喜へ)。隅田川橋梁のカーブと、特急優先のせいもあってやや遅いのがネックだが・・・北千住から乗ったら最悪羽生まで座れないからね・・・。

また、都心から帰るときは東武直通の半蔵門線を利用することも多い。半蔵門線下りは神保町から混雑するため、一つ前の九段下を基準として考えてみよう。それ以西からだと高速バス新宿-伊勢崎経由や、副都心線-東上線森林公園経由+自家用車の方が良いから、東武本線を利用するメリットは少ない。

各主要駅間の所要時間は以下のとおり

九段下→北千住 約30分(スカイツリーラインの半蔵門線直通急行 朝は+5分)
浅草→北千住 約18分(伊勢崎線の区間急行又は区間準急 北千住の停車が長い場合あり)

北千住→久喜 約45分(急行)
北千住→館林 約75分(区間急行)
北千住→太田 約115分(区間急行)
北千住→伊勢崎 約112分(特急りょうもう)参考

時間帯により±5分程度のブレあり

これらを踏まえてできたのがコレ↓

北千住駅 平日下り時刻表(群馬県民専用)

2017/4/20まで

太田駅までの乗換パターン
無印:直通太田 ※1久喜-館林-伊勢崎 ※2館林-伊勢崎
※3久喜-太田 ※4館林-太田 ※5久喜-館林-太田

太田から伊勢崎方面へ接続する列車は伊、同じく赤城方面は赤
おおむね15分以内に接続しない列車は取り消し線(乗ってはいけない

 

5 35 ※2 伊 赤
6
3 ※4 伊 赤
23 伊
38 ※2 伊 赤
56 ※4 伊
7
29 伊
53
8
36 ※1 伊
45 ※4
9 19 ※2 伊
10
5 ※5
35 ※1 伊
11
5 ※5
35 ※1 伊
12
5 ※5
35 ※1 伊
13
5 ※5
35 ※1 伊 赤
14
5 ※1 伊 赤
35 ※3 伊
15
5 ※1 伊
25 ※3 赤
45 ※2 伊
16
5 ※3 赤
25 ※1 伊
45 ※3 伊 赤
17
10 伊
30 ※3 特殊(館林行き) 伊 赤
50 伊
18
10 ※2 伊 赤
50 伊 赤
19
10 伊
30 ※4 伊
20
10 伊
30 伊
50 伊 赤
21
30 伊勢崎/赤城 終電23:41伊勢崎着)
50
22
10 (太田終電23:53着)

 

まとめ

伊勢崎までスムーズに行けるのは一日29本のみ。これは北千住駅19時台の総本数より少ない。特に7時から13時までは1時間に一本のみ。
赤城なんて一日13本しかない。昼間時間帯は太田で20分以上必ず待つことになる。
終電がとても早く、北千住は21時30分。九段下は20時54分。浅草は21時12分。新橋から(銀座線)だとナント20時30分台。従って、一杯引っかけてから帰るのはほとんど不可能(駅からクルマだからどうせ無理だけど)。

なお、土休日はぶつ切り時間帯が更に拡大する。おまけに沿線に観光地が多いから、混雑が読めない。運悪く集団に巻き込まれた場合、上りは一本スルーすれば良いけど、下りはスルーしたら1時間来ない。・・・だから俺は土休日に東武本線には基本乗らない・・・東上線へ行ってしまう。あっちは休日でもダイヤは変わらないし(TJが少ないくらい)、ガラガラの10両編成急行がバンバン来るし、TJ310円だし(それすらも、ふじみ野から乗る技使えばタダだし)・・・何であんなに違うんだろう・・・。
なんだか、TJっぽいシステムのヤツを今回のダイヤ改正で野田線直通化して投入するらしいが、そっちじゃねーんだよ・・・。
しかし、今回のダイヤ改正、末端路線が更に特急依存になりそうなイヤな予感がするんだよなぁ・・・。久喜にりょうもう全停車とか意味解らないんだが・・・JRのグリーン車乗るでしょフツー・・・。これ以上普通列車の速達性下がったら、本線はもう使わなくなるかもしれないなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA