宿泊費ゼロで行く北海道バイクツーリング2017-11日目

2017年北海道バイクツーリングの記録
11日目 晴れ

上川郡下川町 気動車 2泊目

board for dqnトイレ宿泊禁止! 洗面所洗髪禁止!! 遊具での遊び禁止!!!(え?)

もくじ

  • ラーメンを食いに旭川へ
  • ラーメンふるきへ
  • トリトン旭神店へ
  • 鷹栖から剣淵へ
  • 下川町気動車へ

ラーメンを食いに旭川へ

士別つくも水郷公園キャンプ場を見に行ってみる

途中にある無料キャンプ場をチェックしながら旭川へ向かう・・・まずは、岩尾内湖白樺キャンプ場を見に行ってみよう。

・・・下川から道道101を岩尾内湖方面へ進むと・・・通行止めだった。いきなりルート変更を余儀なくされる。つくも水郷公園キャンプ場へ向かおう・・・

道道206を風連方面へ走り道道537へ。看板は無かったけど、フィーリングで左折。士別にある水郷公園に到着・・・表門から入ると、ガチ児童公園ぽい雰囲気。ここでオッサンがソロキャンプしてたら、もはや不審者。

管理棟を通り越し一度公園から出ると、土手沿いの道路からキャンプ場にアクセスできた。児童遊園と同じ敷地だけど、やや隔離されてる感アリ。何処までがサイトなのかは不明。

サイトは・・・中央部に水が溜まっている・・・水はけが悪いようだ。従って設営適地は少なめ。とても静かそうだけど、整備状況はイマイチ。現在リニューアル工事が行われていて、建築関係の車両で駐車場が占領されていたため入れず。

全体の雰囲気から、市街地が近く、平日は車中泊、土日はファミキャンが多そうな感じ。平日限定かも。ただ、岩尾内湖と下川気動車がある土地柄、バイクの旅人がここを使う理由は全くないのでは?というのが正直な感想。

和寒へ

士別から道道61を東へ。上士別から右折して道道205へ。フィーリングで左折して道道639へ。

道道639は走りやすい農道のような雰囲気。景色もそれなりに良い。しかし・・・和寒手前から突然ダートになった。しかも凶悪なダート。水の流れた跡や、大穴などが満載。オフ車以外通行不可能。4輪は車高が高い4駆系以外絶対に不可能、亀になる。荒れまくり。もう通ることはないだろう。

国道40塩狩峠へ

和寒から国道40を南へ走る。交通量が凄まじく多い。しかも大型だらけ。走行速度は遅く、黒煙を浴びまくる・・・そしてハミ禁1車線。最悪の道路だ・・・バイクでは絶対に通ってはいけない。帰りは一本西の道道99か更に西の道道251を通ろう・・・

比布市街地から当麻へ

クソ国道を比布北IC付近から右折し脱出。道道520を役場方面へ進むと・・・交通量皆無だった。比布・・・特に何もないな・・・スルー。

国道39へ・・・片側2車線の広い道路。旭川方面へ進む・・・左手にある道の駅とうまで休憩。

この道の駅、ゴミ箱が設置してある。素晴らしい。溜まったごみを全部捨てる。これだけで当麻町の好感度は超絶アップ。・・・のはずが、トイレにある警告文などからD〇N出没率激高の予感・・・。意味不明かつステキな文言が並ぶ・・・「遊具での遊び禁止」・・・って、なんだソレ・・・遊具なんて見当たらないんだけど・・・というか、ココトイレだよね・・・解読不可能。なお、売店や食堂からは「ザ★観光地」特有の地雷臭が漂っていたためスルー。

旭川市街地へ

旭川方面へ国道39を進む。交通量は多いけど広いから走りやすい。北側から来ると、かなり手前から市街地になっている。川を渡ったあたりから一気に交通量が増えた・・・中心部手前の環状線で左折する。

ひらすら進むと・・・ツルハ・・・ツルハ・・・ツルハ・・・ツルハ・・・オイオイ、ツルハドラッグ多すぎじゃねぇー? 2ブロックに1軒ペースであるぞ・・・そんなに需要あるの? 大丈夫なのかこの会社・・・。

ラーメンふるきへ

ツインハープ橋を渡ったところ、トリトンがある交差点を右折。奥に入って西松屋のところで左折。交番を右折・・・団地の一角に食堂ふるき発見。駐車場は一杯だけどバイクは関係ない。店の前に停めて中へ。待ち20分程度とのこと。名前と携帯番号を書いて、時間が来たら呼ばれるシステム。店の前で待つ・・・携帯が鳴り店内へ。

味噌ラーメン900円を注文。5分ほどできた。食う・・・激烈にウメェー。何だコレ・・・かつてない旨さだ。ラーメンの駅と一条流がんこの味噌悪魔を足して野菜スープで割ったような味がした。旨すぎて感動。この店は、接客やオペレーションも完璧。俺史上最高のラーメン店に認定。

ココを越えるラーメン店は果たして日本に存在するのか? と思わせるくらいの完璧さ。また必ず来ると思う・・・しかし、近所に無くて良かった。近所に有ったら週4で通ってしまう。そのくらい旨い。

トリトン旭神店へ

ラーメンの後は寿司。トリトンへ・・・めちゃめちゃ混んでる・・・しかも地元民ぽくないメンツが大量にいる・・・ヤな予感するなコレ・・・。1人だから待ちは10分くらい。カウンターに座り、北海道3貫にぎり、サンマなどを5皿ほど注文・・・うーん、なんかフツー(北海道的に)。稚内の花いちもんめのが良かった。なんだか去年より値段帯が2段階くらい上がってないか・・・。トリトンもはやオワコンなのか? スカイツリー店のせいでオカシくなってしまったのだろうか? イマイチすぎる・・・遠軽店と北見店へ行って最終判断したい。

鷹栖から剣淵へ

環状線を西回りして市街地北部へ。道道98、915、72、848、251を駆使し旭川を脱出。鷹栖の山間部にある維文峠へ向かう。この区間、道道251まではハミ禁区間が多く、交通量もそれなりにある。普通に道道72、99でいいかもしれない。

道道251号維文峠のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    2
道路設計良さ  3
交通量少なさ  5S
展望良さ    4
峠付近は1.5~2車線のセンターライン無し道路。北海道には珍しい本格派峠道。でもトリッキーなコーナーは少なめ、かつ峠区間は短い。路面状態も良く交通量は皆無。とても走りやすい。景色もまぁまぁ良し。

このまま251を北上しようかとも考えたけど、ガソリンが無い。剣淵方面へ。道道545の交通量は少なめ。この区間はバイクなら、国道40を通る必要は無いと思う。

剣淵市街地にあるホクレンで給油してからそのまま国道に出て士別方面へ左折。直後に右折。上川北部広域農道へ行ってみる。交通量は少なくて走りやすい。景色はちょっと宗谷っぽい。上川地方は塩狩峠を越えると一気に交通量が減るようだ。南から来ると、このあたりからやっと本格的な道北ツーリングが始まるのかな・・・という感じ。

下川町気動車へ

中士別郵便局のところの看板を無視し直進。ショートカットして道道537へ出られる。道道206方面に右折。下川へ・・・

士別-下川は40キロ弱、この区間は遠い。士別-比布間より遠い。この辺から距離感を道北モードに切り替えないとダメだ。ナメてるとガス欠になる。

気動車に戻ると、管理人さんがいた。今日は1人来るとのこと・・・昨日と同じく寝ていると誰か来た。カブに乗った関西人登場。情報交換していると・・・もう1人来た。GSXR750に乗った関西人登場。話しているうちに酒を飲み始め、適当に談話。この関西人、俺と話合うなぁ・・・

途中、風呂に行ってから戻り、談話再開。夜遅くまで談笑して就寝。やっぱりライダーハウスは楽しい(メンバーに当たれば)。

 

宿泊費 0円
ガソリン 600円
メシ 2500円
風呂 400円

合計 3500円
総合計 56000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA