2019関西&九州バイクツーリング 10日目 薩摩川内市~枕崎市

群馬から関西経由、佐多岬までバイクツーリングした記録

10日目 晴れ

走行ルート
薩摩川内市祁答院町~日置市~南さつま市~野間岬~枕崎市

鹿児島県枕崎市 火の神キャンプ場 泊

もくじ

  • 薩摩半島縦断ルートの検討
  • 薩摩半島付け根をツーリング
  • ドライブイン大浦 安くて旨い
  • 野間半島 超バイクツーリング向き
  • 火の神キャンプ場 景色サイコー
  • なぎさ温泉 景色サイコー
  • 夜の景色もサイコーすぎた

美しい国、薩摩

薩摩半島縦断ルートの検討

朝、藺牟田池を撤収。ここ、マジで静か。寝るキャンにはナイスな立地(平日)。

アクアイムのとこから山を下り、藺牟田温泉近くに出る。これが北方向以外は最短ぽい。西へ出る林道も有るけど、未知数なのでやめといた。次回来た時に攻略したい。

とりあえず県道42を西へ・・・市比野の市街地に到着。けっこう栄えてる。実はココが一番近い市街地のようだ。昨日、山崎まで行く意味無かったな・・・

ルート確認のため、角のセブンイレブンで休憩。今日は、日本国無料キャンプ場ランキング1位(俺基準)である、枕崎の火の神公園へ向かう(なお、2位は来止臥、3位はわかさぎ公園浜台)。

前回来た時、ルート選定を大失敗した区間だ。

慎重に検討・・・

県道36→県道304→日置広域農道で伊集院市街地回避→日置南部広域農道→国道226→野間半島→枕崎

このルートが良さげ。前回、国道270はマジでキツすぎたから・・・裏道は必須。

市街地で給油・・・スタンドのオッチャン、群馬に住んでたらしい。適当な群馬トークで少し話し込んでしまった。まぁヨシ。旅はそういうのが楽しいんだよな。弾丸ツーとか割とクソだから、やっちゃダメ

薩摩半島付け根をツーリング

県道36を南へ・・・走りやすいけど、そこそこ対向車が来る。

国道の裏道の県道の更に裏道のようなルートをチョイスしてるのにコレだよ・・・改めて思う、薩摩半島はあまりバイクツーリング向きじゃない。ただ・・・枕崎がサイコーなんだよな・・・枕崎が無かったらソッコーで大隅半島へ向かってるところだ・・・

県道304を右折しようとしたら、藤本滝というのが目に入る。プラッと寄ってみた・・・狭い道路を1キロほど走ると到着。

最近整備したような雰囲気。広場には土俵のようなものが設置されていた。何らかの村のイベント会場っぽい。てか、その辺で寝る夜間休憩できそうな感じ(藺牟田池あるから何の意味もないが)。

滝はそこから徒歩3分程度にあった・・・規模は小さめだけど、途中で折れ曲がる流れが、なかなか良い。見る位置も近いし。

やっぱ、滝の魅力は滝つぼにどこまで近づけるか、だな。少なくともしぶきがかかるとこまでは行きたい。駐車場から見るタイプは最悪(GIN GA NO TAKI とか)。

県道304を南へ・・・広くなったり狭くなったり、集落の中を通ったり、峠っぽくなったり・・・茨城の山奥のような雰囲気。ガチでド田舎の県道。見通しも悪く、あんま面白くない。交通量が少なめなのが唯一の救い。

九州新幹線の高架下を右折。直後の信号左折。広域農道へ。

この農道、完全にトラック街道と化してる。走行してるクルマの種類が、北関東にありがちな抜け道的農道と酷似。超大型車が多くてイマイチ・・・まぁ、この伊集院の市街地をパスする環状線的なルート、抜け道化は不可避か。

市街地南側の茶畑地帯を右折。山から下って更に右折。更に山を降り・・・沿岸部に出る前を左折。

吹上浜手前まで走ってやっと、俺的ツーリング向けの道路になった。

日置南部広域農道の吹上町永吉あたりから金峰町宮崎南までのツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    4
道路設計良さ  4
交通量少なさ  3
展望良さ    5
農村地帯を走り抜ける。交通量がやや多いものの展望は良好。直線が多くて走りやすい。ただし、伊作川付近だけ、右左折が必要。なお看板は無し。GPS無いと難易度は高め。



ドライブイン大浦 安くて旨い

農村地帯を快走・・・南さつま市街地に到着。そろそろメシを食いたい・・・検索すると・・・大浦の直売所周辺に何件かありそう。

看板に従って国道226を大浦方面へ・・・片側1車線で特に広くも無く、走りにくくも無く、交通量多くも無く、少なくも無く・・・地方にありがちな国道。要するにフツー。

市街地から15分くらい走ると直売所に到着。直売所の前の店を見ると・・・駐車場満タン。しかも、NTTや九電やらの作業車が停まってる。キタコレ、ナイスな店舗の予感。

さっそく入る・・・客は多い。海鮮丼定食を注文・・・けっこうかかる。10分くらいできた。食う・・・けっこう旨い。鮮度はまぁまぁ・・・むしろ丼よりサイドのタイっぽい揚げ物と海苔の味噌汁が旨い。

これにミニサラダとコーヒーが付いて790円というのは破格。こりゃ作業員来るよな・・・普段使い系だとベストだよこの店。俺も近所で仕事してたら週3くらいココに来ると思う。

店を出た後、目の前の直売所にも寄ってみた。ロケーション的に海鮮が主体と思いきや、野菜中心というフェイント

特に爆安というわけでもない。九州は、日向-人吉-日南の「く」の字型ラインが一番物価が安いのではないだろうか。あのあたりで、このサイズのミニトマトを180円で買う人は居ないと思う(80~120円くらい)。

といいつつも、水分補給にミニトマトを購入。外の水道で洗い、食う・・・イマイチ。食いつつ徒歩で隣にある、くじらの眠る丘へ・・・マッコウクジラの骨格標本が展示されており、地味に楽しめる。

こういう施設が無料で楽しめるのが、鹿児島の良いとこだ。鹿児島県民の懐はデカイ。ケチ臭いクソ施設を作らないのが、西郷どんのDNA(なのかは不明)

野間半島 超バイクツーリング向き

大浦を超えると交通量激減。

国道226の抜川より先端側の区間のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    3~5
道路設計良さ  3~5
交通量少なさ  5S
展望良さ    5S
素晴らしい景色。見渡す限りの東シナ海。北側未改良区間と野間崎手前の漁港から南側はやや狭いものの、ほとんど2車線は確保されている。岸壁に張り付くタイプの割には線形も良い。交通量皆無だが絶賛改良工事中のため、数年以内にはサイコーのツーリングスポットが完成する予感。

一点反省。反時計回りで走ったのは失敗。時計回りの方が絶対に景色が良い。次にいつ来るか解らないけど、その時は時計回りで走りたい。

なお、ルートの途中から、野間崎の先端方面へ行ってみたけど・・・ウインドファームの途中から先には道路が無かった。ウインドパーク(展望台)でぼー・・・と休憩してから枕崎に出発。

国道226の笠沙美術館付近から丸木浜付近のツーリングルートとしてのオレ的評価は
道幅広さ    3
道路設計良さ  2
交通量少なさ  5
展望良さ    5

メチャナイスなツーリングルート。景色サイコー。それほど道は狭くない。バイクなら何の問題もなし。4~50でマッタリ景色見ながら風を感じて走るのに最適。でもたまに対向車が来るので注意。しかも超ぶっ飛ばしてる・・・

この先は、枕崎市街地に近いためか、大幅に改良されていて交通量もそこそこあった。

火の神キャンプ場 景色サイコー

市街地手前、枕崎境界付近から右折。てか、枕崎市の領域は意外に狭い事が発覚。さっきのとこ、半島の全てが南さつま市だった模様。

少し走ると、火の神公園に到着。キャンパー2組居た。適当にアイサツ。セーフティっぽい人。まぁ、この時期にこんなとこまで来る輩が居るとは思えないが・・・

前回来た時より整備されてるような・・・乗り入れが厳格化されていて、禁止と明示。トイレ横にバイク止めて設営場所を探す・・・

本日、風が超強くて波が高い。海側は不可能。内陸側林間がベストだが、それではココに来た魅力が半減するし・・・北側防風林のギリ脇に強引に設営。これが、小型テントの強み。

てかそもそも、このキャンプ場は、背の高くデカイテントを張るのが非常に困難だと思う。

なぎさ温泉 景色サイコー

テント放置して風呂へ。枕崎なぎさ温泉へ向かう。ここは、日本国最強の展望露天風呂を持つ温泉である(俺基準)

市街地反対側にあるため、とりあえず港へ・・・突き当りを左折して国道に出ると速い。

10分くらいで温泉到着。建屋がキレイになっていた。バイク停めて中へ。

入浴料330円。券売機制。銭湯スタイル。アメニティ一切無。ロッカーは金属板差すタイプで大きめ。

早速露天風呂へ・・・イイ・・・やはりココの展望はサイコーだ・・・

市街地がしっかり見える露天風呂自体が激レアな上に、東シナ海の海辺の高台、山で回る風車、岬先端の海上に突き刺さるような巨大岩。この構図、ガチでパーフェクトに近い。反則級の景色。

ココより景色が良い露天風呂を、俺は知らない・・・

なお、湯はフツー。ただし九州的には。関東基準だと良泉質の部類。九州の温泉レベルは高すぎる。

夜の景色もサイコーすぎた

温泉出たとこの休憩所でマッタリした後・・・市街地のダイレックスへ。

ダイレックスの割にはそんなに安くもなく、刺身とかガシガシ買ったら2000円くらいに。枕崎はビミョーに物価高い。まー、しかしメジマグロのサク一本、400円で買えるのはヨシ。

キャンプ場に帰還して食う・・・景色が良いとこで食うメシは5倍旨い・・・

夜、トイレに行こうとテントから出たら、海面に月の光が反射して淡い光を放ちキラキラ光っていた。ぜ、絶景すぎる・・・10分くらい見入ってしまったぞ・・・美しすぎだろ・・・アベサンが言っていた、美しい国とは同盟国薩摩の事だったのだ、間違いない(テキトー)。

枕崎はサイコーすぎてヤバイ。これで利用料タダなんだから・・・価値観が崩壊するわー・・・関東のキャンプ場とか行く気ゼロになるわー・・・

メシ 3000円
ガソリン 670円
風呂 330円

合計 4000円

総合計 49000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA