カラフルボックスのBOX1+LiteSpeed Cache 公称値以上は余裕で耐えられる事が判明(当ブログの場合)

このブログは、カラフルボックスというレンタルサーバー上で動いている。

これ↓



カラフルボックスを選定した経緯(謎ラーメン理論)は過去記事を参照。

ロリポップからカラフルボックスにサーバーを変更&サイト移転手順のメモ

はたして、最安の528円/月のプラン(36ヶ月契約時)に、どのくらいのポテンシャルがあるのか?

まじでサッパリ解らなかったけど・・・ある日、アクセス爆増。何となく限界が見えた。

そして予想以上に限界は高かったようだ。

てことでその時、LiteSpeed Cache の設定がどうなっていたのか。メモっておいた。

もくじ

  • 動作環境等
  • 400PV/時間は超余裕で耐えられる 2000PV/時ならたぶん耐えられる
  • LiteSpeed Cache v3.6.4 設定
  • まとめ ぶっちゃけガチで何言ってるんだか解らん

colorfulbox-20210719

MAX時で負荷15%くらい

動作環境等

こんな感じ。

専門家でも何でも無いオッサンが、気合と根性でテキトーにイジって動いている

なので、間違いや勘違い等があると思われ、この情報を鵜呑みにしてはいけない。あくまで参考。

俺のブログだと、こんなんだったわー、的な話。



400PV/時間は超余裕で耐えられる 2000PV/時ならたぶん耐えられる

・・・とある日の夜、記事更新でもすっかー・・・と思って管理画面を表示したら、アクセス爆増してた。

マジで過去最強の伸び。

ぽつんと一軒家で超マイナー温泉が紹介された時以来か(瞬間100超えて数時間後にはゼロになったが)。

ピークは23時台の430PV/時。その時の負荷がさっきのグラフである。CPU負荷はMAX15%以下に収まっており超余裕だった模様(当然エラーはゼロ)。

まぁ、ネット上を探すと7万PV/時、超えた人とかフツーに居るので、それに比べたらザコクラスだが・・・

公式の負荷目安はBOX1で5000UU(ユーザー数)/日。それに近い数値は出たのではないかな。と(超単純計算で24掛けて10320PV/5160UU)。

でもまだメッチャ余裕あるじゃん。もっとイケるでしょ。最安プランなのにカラフルボックスすげぇな、というのが正直な感想。

この原因はたぶん、素人のオッサンなりにチューニングしてるつもりのLiteSpeed Cacheが効いてるおかげ。

そしてこの説が正しいとすれば、比例して負荷は上がらないはず。少なくとも2倍までは余裕。4倍(負荷60%)までなら、なんとか行けそうな予感がした(ロードバランサーやCDNかますともっとイケるらしいが、難易度が高くて良く解らぬ)。

てことで、誰かの参考になるかもしれないので、当時のLiteSpeed Cache の状態について、メモっておく。

概略は以下のとおり。

LiteSpeed Cache v3.6.4 設定

最初に一応書いておくけど、これは推奨値とかそういうものではない。あくまでカラフルボックスのBOX1の430PV/時で負荷15%だった当ブログでの話。

※特記無き場合はデフォルト設定のまま運用。

キャッシュ メニュー

更にタブで別れてる。しかし、「キャッシュ」タブ以外はいじっていない(てか基本 オフにしてる)。

lsc-cache

一番上は、超基本的な設定。しかしコレをオンオフするなら、プラグイン自体を停止すれば良いのでは? と思う。

ログイン関係はキャッシュしない。エディターが変な動きするから(特にテーマカスタマイザー)。てか、する意味無くね? なんであるの? テスト用か?

faviconは問答無用オンで良いはず。

あとはデフォ設定だったと思う・・・

ページの最適化 メニュー

さっきの項目より設定難易度が高い。以前のverでは「詳細」タブに入っていたはず。

なお、スクショ貼ってないが、「JS設定」は全てオフにしている(問題出まくる)。

「チューニング」は問題が出たプラグインを適宜個別に除外してる(セキュリティ的にスクショは貼れない)。その他項目は以下のとおり。

CSS設定 タブ

lsc-css

とにかく全部オンにしてみた。特に問題出てないのでコレでオッケーかなと。プラグインが一部動かないときは、除外設定すれば治る・・・事がある。

治らない時は、LiteSpeed Cache本体を再インストールすると治る時もある。

バグっぽいので、俺は定期的に本体ごと入れ替えることにしてる(Wordpress本体がUPした時など)。

最適化 タブ

lsc-saitekika

HTML圧縮化はオン。てかこれがメイン設定。

DNSプリフェッチは、とりあえずモバイル対策にやってみた。

googleフォント関連を止めるとgoogle PageSpeed Insights のスコアが上がるという謎仕様。

WordPressの絵文字も要らないと思ってる。

メディア タブ

lsc-mediasettei

画像の遅延読み込みは、Wordpress本体に搭載されたため不要(なはず)

てかこのタブ、Iframe 遅延読み込みがメインか。

まとめ ぶっちゃけガチで何言ってるんだか解らん

この、LiteSpeed Cacheの設定、マジで日本語ドキュメントが無い。てか詳しい人がいたら教えてほしい・・・

つーかコレが、カラフルボックス唯一かつ最大の弱点じゃないかなと、個人的には感じてる(公式にサポート外が明言されてる)。

他機能は文句無しでサイコーなんだけどね・・・LiteSpeed 採用によるメリットの一つが、公式キャッシュプラグインに有るのは間違いないしさ・・・

なお同じくLiteSpeed の、mixhost はサポート外としながらも、一応説明はしてる(ただし超軽め)。たぶんみんなソレ見て設定してるんじゃねーかな(JETBOYの人とかも)。グーグル先生もトップ付近に出すし。

このせいで、イマイチBOX2に行きにくいんだよなー。

格安かつ良好な環境で使い倒させていただいて、大変申し訳無いのだが・・・もうちょっとドキュメントが欲しいところ。

てか更にぶっちゃけると、1000円/月クラスだと、NGINXの ConoHa WING 行った方が良い気が・・・しないでもない・・・NGINXは同時アクセス爆増に強いと良く聞くので・・・

でもまぁ、そんなにアクセスが増えないのなら、価格と性能のバランス的に現状では、カラフルボックスがベストチョイスなのかな。

とは思う(過去記事も参照のこと ロリポップからカラフルボックスにサーバーを変更&サイト移転手順のメモ

24時間でアクセス元に戻ったしね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA